読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

新月の日「わたし」と「わたし」が一つになれる:魚座・新月:海王星:タロットカード「愚者」

ブログ

2月24日 午前0時33分

 

「太陽」と「月」が一つになります。

「新月」です。

「月」は「太陽」に呑みこまれ

まるで「太陽」のような「月」となります。

 

 

「太陽」は行動の星

外の世界で、目標を決めて、それに向かって行きたいと願います。

 

「月」は感情の星

自分の内なる世界で、「わたし」と向き合い、「わたし」になりたいと願います。

 

 

天体の影響を読み解く時には、公転周期が遅い天体が、速い天体に対して影響を与えます。

 

 

なので、

 

明日は、「わたし」が外に向かって「わたしです!」と宣言できる日。

 

新月の日は、「願い事をすると良い」と言われるのは、こんな理由からです。

 

 

『新月の図』:「太陽かと思ったら月でした」の図

大きい子が「太陽」

小さい子が「月」

 

 

明日の新月は、ちょっと特別な日です。

占星術では、春分の日が一年の切り替わりです。つまり春分の日が「元旦」です。

 

明日の新月は、春分前の最後の「新月」

3月10日の最後の「満月」に向けて、今年最後の「締め」に向かいます。

 

明日は「魚座」の部屋で、新月となります。

「魚座」は、12星座の最後の「部屋」

「死と再生」を担当しています。

 

「魚座」は境界線がありません。

水に溶けてふわっとなくなっていく、後には「雰囲気」が残る

それは、東洋の「成長の気」のサイクルの最後が、「水・陰」で、霧となって散らばっていくのと同じイメージです。

 

 

物事が、最後を迎えたとき

そこには「形」はなく、何も残らず、溶けていく

 

西洋思想も東洋思想も

終わりの世界は「同じ」なのです。

 

 

 

そして、今、「魚座の部屋」は、最も「魚座」らしい。

それは、「魚座」の守護星である「海王星」が本拠地である「魚座」の部屋にいます。

 

「海王星」は、夢の星

曖昧で、ファンタジーの世界を見せてくれる。

なので、境界線や時さえも、軽々と超えていく。

 

そして、その隣では、コミュニケーションの星「水星」がギクシャクしていて、縺れてしまった「糸」を解こうとしてくれます。

 

明日、月は、そんな「魚座の部屋」で、本音と向き合い、決意をします。

 

「わたし」が終わり「わたし」が生まれる

 

 

それは、「新しいわたし」というよりは「蘇るわたし」

 

 

『タロットカード・大アルカナ・愚者』

 

愚者のカードにつけられた番号は「0」

「0」は始まりでもあり終わりでもあります。

 

カードの向かって左側は、「受容の世界」を表しています。

愚者は、胸をいっぱいに開いて、全てを「受容」しています。

 

「自由・起源・本質・旅立ち」などと解釈をされますが、漠然としたメッセージは、具体的な解釈が難しく、別名「ジョーカー」とも呼ばれます。

それは、「全てをひっくり返してしまう」ほどの、大きなエネルギーを秘めているから。

 

 

「全てを受け入れた」とき、全ての「境界線」を超えていくほどの、狂気ともとれる、大いなるエネルギーを獲得する。

 

「愚者」のカードは、そう教えてくれます。

「形」に拘らない、失うものは何もない

何かを大きく変える時は、そんな気持ちになっているのでしょう。

 

 

今年最後の新月は、きっと「愚者」のカードの「景色」の様

「本当の解放」を手に入れる願い事ができるかもしれませんね。

 

 

星に願いを

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。