読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

本当は何が好きなの?:占いを利用して結果を出すコツ

ブログ

鑑定では万年暦を使って行っています。

 

万年暦で読み解く森羅万象の気の流れは、誰がどうやって発見し、万年暦として暦にしたのかは、諸説ありますが、はっきりとはわかっていません。

一方、星占いでおなじみのホロスコープは、天体の星の動きから、世の中の流れを導き出したものです。こちらもまた、誰がどうやって具体的に形にしたのかは、曖昧です。

 

万年暦とホロスコープで読み解く景色は、若干の違いはあるものの、びっくりするほど似ているというか、同じ解釈をされている事柄が、あまりにも多くあり、やはり「全ては一つ」だと感じます。

 

ホロスコープでは、今年ダイナミックな星の移動があります。

 

革命や時代の変化を司る7年ごとに移行する天王星の7年サイクルの周期が、いよいよ3月6日に迎えます。天王星が、牡羊座から牡牛座へと移行するのです。

天王星は時代の流行を司る星で、古い時代を打ち破り、新しい世界に導いていきます。

 

今から8年前、天王星は牡羊座に移動しました。

牡羊座は、まるで産まれたばかりの赤ちゃんのようなイメージ。

生まれた赤ちゃんは、一人では生きてはいけません。

周りの人に支えられながら、絆を大切にして、成長をします。

赤ちゃんは、一人で立ちたいと思いました。

頑張ってみたら、一人で立てるようになりました。

一人で立って、一人で歩くと、みんなが喜んでくれました。

そうやって、赤ちゃんは、成長をしていきました。

 

天王星が、牡牛座に移動します。

 

赤ちゃんは、成長して、幼児になりました。

 

幼児期の子供は「わがまま」です。

自分のお気に入りのものを欲しがります。

お気に入りのものは、自分で手にとって、肌で感じて、匂いを嗅いで、舐めてみたり、噛んでみたり、自分の感覚で決めます。

 

たとえ大人達が「この方が良いよ」と差し出したとしても、自分の気持ちが、「心地いいい」と感じないものは要りません。

「どうして好きなの?」

と聞かれても、はっきりとした答えを言葉にできないかもしれないけど

 五感で感じる感覚が「欲しい」と教えてくれます。

 

心が動くものに価値を見出す

心が動かないものは要らない

 

そうやって、幼児は成長をしていきます。

 

牡牛座のキーワードは

現実的  堅実  価値  豊かさ 五感 美意識 お金

 

「自分が納得をする、しっかりとした根拠のあるものに、人は価値を感じ、価値があると思うものにしかお金を使わない」

そんな流れが来るのだろうと思います。

 

香り豊かなハーブティー。

香りを感じて、五感を磨きたい。

 

自分が必要としていることを感じる力が試されます。

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。