読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「陰」極まると「陽」になる(陰陽相互転化):陰陽理論:「ソード4」で1日を締めてみる:タロットカード・小アルカナ

ブログ

 

当たりではありますが、数字の「3」の次は「4」

「3」は奇数で「4」は偶数

 

奇数は「陽」で偶数は「陰」です。

 

 

「陽」は突破する気

「陰」は平す気

 

物事は、「突破」→「平す」→「突破」→・・・・

と順番に巡っていきます。

例えば、大きくなりすぎたら、小さくなっていき

膨らみすぎたら、萎んでいきます。

 

 

タロットカードの「数字」も、同じように

「突破」の次は「平す」がきて、その繰り返しになっています。

 

 

<ソード4>

ソードは、冷静に、知性的に、物事を進めていく過程です。

 

「4」は安定を意味します。

 

「4」の次の「5」の数字は、社会的に「一歩踏み出す」

「3」と「5」の違いは

「3」は個人的な「一歩」

「5」は社会的な「一歩」

「3」と」「5」の間にある「4」は、これから社会に出ていく前の、仕切り直しの段階です。「3」までは、個人的な範囲で片付いていた事が、「5」からは社会的に責任を負うことになります。

なので、これからは、対外的なプレッシャーがかかってくるのです。

 

 

「ソード4」は、これから自分一人で決めていくことが、他人を巻き込む結果になることを感じながら、でも、一人で決断しなくてはいけない状態。

 

横たわった体に添うように、一本の「剣」が横たわっています。

これは自分のブレない「軸」

 

一方では、3本の「剣」が真っ直ぐ体に向かって刃を向けています。

これは外から求められる「役割」または「攻撃」

 

自分の「軸」を超えた規模の、外からの「気」がやってきています。

3対1の関係です。

 

 

まともの戦っていては、力の差は歴然としていて、勝てるはずがありません。

 

 

では、どうすれば勝てるのか

 

それは「風」向きが変わって、3本の剣の向きが変わる瞬間を待ち

勝てると思ったその瞬間に、一気に勝負に出るのです。

 

なので、横たわっている「戦士」は、目はつぶっているけど、眠っているのではなく、「目では見ていないけど、全身で見ている」状態です。

 

潮目が変わるその時まで、無駄な動きをせずに、その瞬間が来る時まで、エネルギーを「温存」しています。

 

「黄色」は土の気の色です。

土の気の心は「信じる」

 

自分を信じて、自分の「軸」を信じて

その時が来るまで、見えないものを見ている。

 

 

これが「ソード4」です。

 

    

 

見えないものを見るためには

視覚以外の五感が活躍しなくてはいけません。

 

「嗅覚」で

「触覚」で

「味覚」で

「聴覚」で

 

全身の気のベクトルは受け身で。内向きで。

来るもの、または、周囲にあるものを、感じます。

それには「陰」の気の出番です。

 

「陰」の気を、身体に巡らせるには、「緩める」こと。

 

温めたり、ストレッチをしたり、マッサージをしたり

また、笑ったり、泣いたり、歌ったり

おしゃべりしたり

 

そして、それに加えて「深呼吸」をすると、全身に、酸素たっぷりの血液が巡って、陰の気の勢いをましてくれます。

 

 

 

今日も一日お疲れさまでした。

 

 

明日3月22日は「甲子」の気がやってきます。

六十干支の一番バッターの出番です。

なので、明日は、思いっきり「陽」で一日をスタートさせたい。

 

今日も、頑張って「陽」がいっぱいに膨らんだから

一日の終わりは、「陰」をいっぱいにして、陰陽のバランスをとってみましょう。

 

 

「陰」が極まると、最高の「陽」がやってきます。(陰陽相互転化)

「ソード4」で。おやすみなさい。

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。