読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「日干支」から観るそれぞれの「春」の景色:「木」の気:「春」は「風」を起こせます

ブログ

「運気」は2種類あります。

 

 

まず一つは「自分自身の運気」

お誕生日から導き出す「命式」と、10 年毎に巡る「大運」が、これに当たります。

 

これは「変更不可能」な運気です。

なので、「双子」の場合は、もちろん同じ。

双子の兄弟は、ある意味「運命共同体」とも言えます。

 

 

もう一つは「自分以外から受ける運気」

これは、巡ってる「気」と環境から来る「気」

 

巡ってくる気は、皆んな同じように巡ります。

巡る運気に関しては、生まれた日の干支(日干支)と、巡る気の合わさり具合によって、パターンが決まっています。

「日干支」はざっと分けて「木・火・土・金・水」の五つがあります。なので、合わさり具合のパターンも「五つ」です。

巡る気は、選べないため、これも、ある意味「変更不可能」です。(厳密にいうと、受け止め方は意識することで変更できます。)

 

そして、「環境からくる気」

これは、変幻自在。

「環境」は取り巻く「全て」の気です。

例えば、どこに住んでいるのか、誰と一緒に過ごすか、何を食べたか、何を身に付けているか、どんな行動をとっているか、などなど。

あげるとキリがないくらいたくさんあります。

 

運気を観るのは

「自分自身の運気」vs「自分以外から受ける運気」

この二つの「バランス」を観ていきます。

 

このバランスが取れている時は「良い状態」

そうでない時には「残念な状態」

 

 

俗に言う「運がいい人」とは、「自分以外から受ける運気」の受け止め方と扱い方が上手な人です。

 

 

 

ポカポカ陽気が気持ちいい「春」

 

「春」の気は「木」です。

「木」は五つの気の中で、唯一「命」が宿った気です。

成長を司り、上に上に伸びる様です。

 

<春の気の景色>

 

「春」の盛りは「木」がとっても元気(木旺)

それにつられて「火」も少しずつ勢いを増していきます。(火相)

 

「土」はちょっと元気がなくなる・・・・(土死)

それは、木々に土の栄養を吸い取られているから。

 

「金」に関しては、自由が効かなくなっていく・・・(金囚)

それは、伸びすぎる木を金が切らなくてはいけなくて忙しいから。

 

「水」はお休み中(水休)

木が芽吹くためにたくさん「水」を提供したから少なくなったから。

 

 

<日干支別・春の気の受けかた>

 

・日干支「甲・乙」(木)の場合

エネルギーが降り注ぎ、まるで「満月」

やる気が満ちて動きたくなりそう。

 

せっかち短気に気をつけて

 

・日干支「丙・丁」(火)

どんどんパワーが加速しそう

少し高めの目標を目指したい

 

気持ちが先走りすぎないように

 

・日干支「戊・己」(土)

こだわりが強くなりそう

だからこそ、限界を越えて行けるかも

 

頑固もほどほどに

 

・日干支「庚・辛」(金)

動きたくて動きたくて、ウズウズ

とにかく「外」に出たくなるかも

 

短気は損気を忘れずに

 

 

・日干支「壬・癸」(水)

のんびりまったり過ごしたくなる

頑張っている自分を褒めてあげて

 

まあ良いかと許してあげて

 

 

「春の気」は、こんな感じでアプローチして来ます。

参考にしてみてくださいね。

 

 

「春の気」は「風」を連れて来てくれます。

 

木々の緑が、爽やかに風に揺れ、軽やかに肌を刺激してくれると、気持ちもウキウキしてきます。

 

風が、木々を揺らして、心を動かしてくれているのかもしれませんが

もしかしたら、心が動くから、木々が揺れ、心地良い風が吹いているのかもしれません。

 

 

 

「風」は、枠を飛び越えて、どんどん遠くに広がっていきます。

「不安」な心ではなく、「希望」の心で、「風」を起こしたい。

そんな風に思っています。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。