読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「3つの関所(丹田)」のお手入れをすると気の巡りが「上」に向かいます:「気」を意識すると見える「景色」が変わってくる:「温める」となぜ気持ちが軽くなるのか

ブログ

出口が見えなくなると、人は「恐怖」を感じます。

 

「恐怖」は「水」の気

 

水は、上から下へ、より低い低地に向かい流れます。

恐怖からくる不安感や焦燥感も、上から下に向かって流れます。

なので、どんどん気持ちが落ち込んできて、どんどん気持ちが重たくなって・・・

やがて上を向く気がなくなってしまうのです。

 

上を向くと

広い世界が広がっているのに

遠い未来が待っているのに

可能性の道がつながっているのに

それを見る事ができなくなってしまう。

 

だからこそ、「水」をなんとか上に向かって流れる様に、「気」を上手に調整していきたいことろです。

 

心が沈んでいる時に、とにかく元気を出して!と言っても、無理な話。それが出来ないから、沈んでしまったのに。

 

心と身体は実は「一つ」です。

なので、切り離して考えることはできません。

この理論は「東洋医学」の基本です。

この理論の事を「心身一如(しんしんいちにょ)」と言います。

 

 

 

心が冷たく沈んでしまった時

身体も冷たく沈んでいます。

 

 

これを逆手に取ると

身体をほっこり温めてあげると

心もほっこり温まり

重たさから解放されて、上を向く「気」が元気になってくれます。

 

 

全身の気を効果的に巡らせるのは「丹田(たんでん)」が鍵を握っています。

 

「丹田」は、気の巡りの要となる、いわゆる「ツボ」です。

丹田は3つありそれぞれ役割が違います。

 

 

・下丹田(げたんでん)

一般的に「丹田」といえば、この下丹田の事を言います。

おへそのから、指3本下あたりにあります。

この部分は、上半身と下半身をつなぐ連結部分で、つまり「中心」

肉体的・精神的な核となる部分です。

どっしりと安定していると意識も安定して、物事に集中でき、結果として決断力も冴え渡ります。

何かを理解する時に「腹に落とし込む」場所。

 

・中丹田(ちゅうたんでん)

胸の中央あたりです。

感情・愛情など、感性の要となる部分です。

ここが詰まりなくスムーズであると、人の気持ちを素直に感じコミュニケーションがスムーズとなります。

中丹田が滞ると、上にばかり気が上がり、いわゆる「地に足のつかない」感情だけの行動につながってしまいます。

 

・上丹田

眉間の間、または脳の前頭前野あたりです。

直感力、ひらめきの要となる部分です。

この部分がクリアであると、見えないものを感じてピンとくる感覚が冴えてきます。

また、そうではない時は、「思考」のみで物事をとらえるため、「前例」の枠から飛び出す勇気が出ないのです。

 

 

 

「ツボ」とは「経穴」とも言われます。

つまり、「穴」

気が通る「穴」なのです。

 

「ツボ」の良い状態とは

適量の気が貯まっていること

通り道としての「空洞」があること

 

 

貯める部分が弱くなってしまうと、堰き止め力が減るので、勢いがまし過ぎる。または、足りない所に供給する「余力」がない。

「空洞」が詰まっていると、流れそのものが止まり、巡りも止まります。

 

体にはたくさんの「ツボ・経穴」がありますが、まずは、「3つの丹田」を意識してみましょう。

 

 

3つの丹田の関係性は

下丹田がしっかりと、豊かに気を貯め

それを中丹田に向かって供給し

ここぞの時に中丹田から上丹田に向かって気を一気に放出する

 

なので、一番重要なのは「下丹田」です。

まずは、お腹にグッと力を入れて。

 

気は意識をすると集中するので、これだけでも巡りが変わってきますよ。

 

ポイントは、下から上に。

 

 

 

心細くて不安が募る時

それは、冷たい「水」の気が、溢れてしまっている時。

 

そんな時の、「私のナイト」は、電子レンジで繰り返し使える「ウォーミー」

 

特に、下丹田にすっぽりおさまる手の平サイズの「事始玉(ことだま)」がお気に入りです。

 

綺麗なグリーンは「木の気」の色です。

「木」は溢れかえる「水」を、優しく吸い上げてくれます。

 

下丹田を温めると、身体の「中心」が元気になって

何があっても、きっと大丈夫

そんな気持ちになれるのです。

 

 

「温活」で、とても大切なポイントは

温めすぎない事。

 

温めるのは「火の気」を補う事。

あまりに温めすぎると、「火」が過剰となり「のぼせ」の原因となってしまいます。

 

温める時には、「徐々に温度が下がっていく」グッズを使用してくださいね。

所要時間は20分程度に。

温活グッズの温度が下がるのに比例して、身体が温まっていきます。

 

 

何事も「ほどほど」に。

ほっこりと、心地良い温かさは、「水の気」の流れを少しずつ上に向けてくれます。

 

 

一日の締めは「上」を向いて。

 

 

ここでちょっと宣伝を

電子レンジで温めて、繰り返し使える「ウォーミー」は、やなぎだ化粧品店で購入できます。

ご興味がある方は、ぜひお店までお問い合わせくださいね。

商品の詳細も、お店のホームページでご覧になれます。

 

やなぎだ化粧品店ホームページはこちらからどうぞ。☆☆☆

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。