読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

お日様の光を浴びると元気になるのは「火の気(丙)」をいっぱい浴びるからです:痛いほどの「ストレス」との戦い方

ブログ

久しぶりのお日様の日差しがいっぱいの一日になりました。

日差しが明るいと、やはり気持ちも明るくなります。

 

 

お日様の気は「火」

もっと詳しく言うと「火・陽」(丙)

 

「陽」の気は、外に向かって、上に向かって、押し出す力を持っています。なので、お日様の日差しを浴びると、身体の中の「情熱の火の気」と感応して、それを押し出してくれます。

だから、明るく元気に前向きに。

行動したくなるのです。

 

「火の気」は「血脈」を司っています。

「火の気・陽・火の絵」は、熱い血潮を刺激し、全身に巡って、いきます。

 

なので、「火の気」が、しっかりと確保されていて、それが滞りなく巡っている人は、少しくらいの困難にぶち当たっても

「こんなの平気だよ」

と、情熱の炎を燃やして、進み続けます。

 

 

 

外からの「気」が、自分の「気」と出会う場所は、身体と「外」が触れている全ての「場所」です。

 

皮膚、目、鼻、口、それだけではありません。

皮膚から毛穴へ

鼻から鼻腔から肺から肺胞から肺胞の粘膜細胞へ

口から咽頭から喉頭から食道から胃から腸から肛門へ

 

なので、触っても、呼吸をしても、食べても、それは、全て「外の気」を取り込んで、自分の気と触れ合っています。

 

 

自分を取り巻く「全て」の影響を受けて

自分の気と感応し共鳴し共有し

そして、そこから「運気」が誕生します。

 

だから、「同じ日」に生まれたからといっても、同じ「運気」ではなく、「運気」は自分で選んで作る事ができるのです。

 

「選択」が「人」を育てます。

 

 

皮膚表面には、感覚点と言って、感覚を感じる点が点在しています。

感覚点は、4つです。

痛みを感じる「痛点」

冷たさを感じる「冷点」

圧力を感じる「圧点」

温かさを感じる「温点」

 

1㎠あたりの数は

「痛点」・・・・約100〜200

「圧点」・・・・約20〜25

「冷点」・・・・約6〜23

「温点」・・・・約0〜3

 

数の違いは、生命を維持するために、命の危険を伴う感覚の感覚点が多くなっています。つまり「危険度」が高いほど「感度」が高いという事です。

 

 

「痛み」は「危険度大」

それは実際の「痛み」だけでなく「心の痛み」も同じ。

なので、「痛みを伴う改革」は、「危険度大」

だらだらと長く感じていては、非常なストレスとなるために、なるべくなら「短期集中」で。

しかも「出口」が見えていないと、不安感が伴うため、「厄介な痛み」となります。

逆にいうと、「期限つきの痛み」だったら、なんとか頑張ろうと、気力を持っていく事ができます。

 

 

「痛み」を感じた身体は、「戦闘態勢モード」になります。

 

交感神経が緊張し、血管が収縮し、硬くなります。

運動神経は興奮し、筋肉が緊張し、固くなります。

その結果、血流が悪くなり、それが続くと血行不良による、体調の変化が出てしまいます。

 

また、「血脈」も滞るため、「血(けつ)」の気が滞り、情熱が滞り、やる気スイッチが切れて、テンションが下がる・・・・

 

 

この先が全く想像できず、怖いくらいの不安感が、胸を締め付けるように、チクチクと、ずっと心に向かってしまうと

「火の気」が青色吐息になってしまいます。

 

 

それは大変。

なんとかせねば!

 

 

そんな時には「温点」の出番です。

 

温かいお日様の陽を浴びる

温かい言葉をかける、またはかけてもらう

温かい飲み物を飲む

など

 

「温点」が反応する「刺激」を感じると

萎んでしまった火の気が刺激を受けて、熱い血潮が巡り始めます。

 

 

ただし、ここで忘れてはいけないポイントが。

そもそも「温点」は数が少なく、意識をしないと「痛点」がすぐに「痛み」を感じて「温点」の邪魔をします。

「痛み」は感じやすい見つけやすい。

「温かさ」は「痛み」をすり抜けて、探って行かなくてはいけません。「余白」がなくてはいけないのです。

 

 

「痛み」の向こう側の「温かさ」を感じる

 

 

今、外の世界は「痛み」であふれかえってしまっています。

「これから」はどうなるかわからないけど

「これから」の、その先の次の「これから」は未知の世界。

全ての事象には、五つの気が宿っています。

今はまだ、「火」が疲れてしまっていても、そのうち「敵」も疲れてくる時がくるから、その時のために、大切な情熱の気を、無駄に使わずに温存する。

 

 

時は巡り、季節は巡り、事象は巡り、暦は巡り、気は巡ります。

それはずっと止まる事はありません。なので、今の状況は常に変化をし、「現状維持」はありません。

 

外の景色も変わるけど、自分も変わっていけます。

 

 

動きすぎず、頑張りすぎずに。

頑張るのは「期限付き」「短時間」で。

そして、大切な「炎」を守りましょう。

 

 

「温点」を意識すると「炎」にエネルギーを投入してくれます。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。