読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「可能性」を信じ切るために必要なこと:「これから」の話ができる人は自分にとっての「適所の人」

ブログ

ZOOM

あたふたしながらも

なんだかんだで楽しかった

 

こちらは

「三脚があると便利! 三脚とはこれ!!!!」

と、私に力説して、熱く語ってくれてる図

 

いろいろどうもありがと^ ^

 

 

自分の顔が画面に映るのが恥ずかしく・・・・・

お面被って話したい・・・かも

 

でも

顔を見ながら話ができるので

話がどんどん膨らんで

「これから」の話が

たくさんできました。

 

 

今、必要なのは、可能性を信じる気持ち。

 

可能性は、もちろん自分のこと、大切な人のことだけでなく

世の中全部、皆んなの可能性を、ポジティブに、信じ切る強い「心」が求められてると感じています。

 

可能性の「可」の字は

内側は「口」

外側は「口の奥」の象形からできたそうです。

イメージは

「口の奥から、自分の口が飛び出すくらい、大きい声をお腹の底から出して、はい!できます!と叫ぶ」

 

「能」の字は

尾を振り上げ、大口を開けた熊の象形だそう。

「熊」の字の、下に並んでいる4つの点は「れっか・れんが(烈火)」

火をイメージしています。

「熊」が燃え盛る情熱さえも飲み込んで、情熱が体の一部となったのかもしれません。

「能」には、「できる」という意味もありますが、「耐える」「辛さや苦しさを我慢する」という意味もあります。

なのでイメージは

「こんなことくらいには、絶対負けるもんか!負ける気がしない!」と、尾を力の限り、めいいっぱい振り上げ、まるで「炎」でも吐き出しそうなくらい真っ赤な口を開けている」

 

 

「可能性」とは

どんなに辛く険しい時でも、このままでは終わらないと、「おお!」と雄叫びをあげているイメージなのかもしれません。

 

 

 

可能性を信じ切るためには、どうすれば良いのか。

 

それは「雄叫び」をあげる

 

思いを込めて、自分に宿った気持ちを、言葉にして、話す。

人は「比較対象」からの「反応」を受けて、始めて自分自身を知る、または、確認することができます。

 

なので、たった一人でぶつぶつ呟いたとしても、本当にこれで良いのかと、ちょっと不安になるのです。

 

 

ZOOMで話をしていくうちに

どんどん「これからどうする?」「これからはきっと、こんな感じになると思うよ」「じゃあ、こんな感じで準備すると良いかもね」

などなど。

 

「これから」の話で盛り上がり

でも、それは可能性の話でしかないので

何一つ、確証はないものの

それでも、何だか、本当にそれが出来てしまうんじゃないかと

そんな気持ちになってきました。

濃い暗い、深い霧に包み込まれてしまっている「現状」は

何一つ変わってはいないけど。

 

 

「可能性」は

しっかりと言葉にして

自分の言葉で語りたい

 

 

ここで一つ、大切なポイントがあります。

 

「比較対象」は、誰でも言い訳ではありません。

なぜなら、自分で選んだ「比較対象」から来る「反応」によって、自分を確認することができるということは

自分にとって「メリット」のある「反応」を返してくれる「比較対象」でなくては、残念な気持ちになるどころか、もしかしたら、反応の「熱すぎる炎」に黒こげにされてしまうかも・・・・

 

「メリット」があるかどうか、見分けるポイントは

・「メリット」の交換ができるかどうか

・行動に移るため背中を押してくれているか

 

「メリット」の交換は、背中を押してあげられるかどうか

背中を押してもらうには、どんな感じで押してもらいたいのかが、相手に伝わっているかどうか

この2点にかかっています。

 

人は「社会的動物」なので

人の中でしか「存在」を感じることができません。

 

どの「社会」が自分にとって「適所」なのか

それは、自分で自由に決められます。

 

 

何を話せば良いのか、自分でわからなくなってしまったら

それは、「文字」にして書き出してみると良いですよ。

 

書き出す時に使った自分の「思考」と

それを読む時に使う自分の「思考」と

 

この二つの「思考」を比べてみる。

違和感を感じるのか、悲しさを感じるのか、それとも悔しさなのか。

ネガティブな気持ちになった時、それは、「進化」のために必要な「気持ち」です。

ネガティブをポジティブにするにために

「できないこと」や「できること」を

「思考の可能性」として「言葉」にしてみる。

 

 

それから、次に、「適所の人」に聞いてもらう。

 

きっと、大きな「可能性」の存在に気が付くはずです。

 

 

くれぐれも、「比較対象」は、お間違い無いように。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。