読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

身体は食べたものでできている。心は食べたいものを選んでいる:「スープ」の勧め:「土用」の過ごし方

ブログ

家で作る「ご飯」と、お店で提供される「ご飯」は違います。

 

おうちご飯は、家族のために作ったご飯で

ありあわせの食材を使ったり、家族の健康を考えて味付けを変えたり

臨機応変に変わるご飯です。

 

 

お店で提供される「ご飯」は、プロの作るご飯です。

食材や、味に関して、どんな状況でも「プロ基準」があり

なので、臨機応変ではありません。

それは「作品」としての完成したもので

例えば、食材の「質」が変わったとしても、食する人が変わったとしても、季節が変わったとしても、常に一定の「基準」が全く変わることがありません。

 

いつも同じ味であることは、とても難しいこと

 

 

久しぶりに食べる「ご飯」が「いつもの味」であり続けるのは、知識と経験と、失敗と成功と、技と努力と・・・他にも必要なことがたくさんあって

だから職人さんとして、仕事をしている人は、常に「修行中」

 

 

「美味しいお店」はいつまでも「美味しいお店」として存在してもらえるのは、とてもありがたいことだと思っています。

 

 

宇部市内にある隠れ家的バー『bar ran-tan』は、東京でバーテンダーの修行をされた女性が、一人で切り盛りされているお店です。

 

 

この度、「テイクアウト」を始められました。

 

 

身体は、食べたものでできている

これは、巷で良く言われていること

そして、実は

もっと大切なことがあるんです。

 

『心は食べたいと思うものを選ぶ』

 

心がトゲトゲして毛羽立っている時には

トゲトゲを取り除いてくれる、パンチのあるものを(瀉)

心がシュンとしぼんでいる時には

しぼんだ心に熱を補ってくれる、染み込むものを(補)

 

心が選んで、陰陽のバランスを取ろうとします。

 

 

特に、ストレスが大きく心を圧迫して、しょんぼりしてしまった時には、「思」が胃腸を圧迫し、動きが悪くなり、そして、消化する「気」が消耗し・・・・食べたものの消化吸収率が下がります。

 

 

そんな時のレスキューご飯は「スープ」です。

 

時間をかけて

心を込めて

ことこと火にかけて

じっくりと煮込んだスープは、しぼんだ心には「適材ご飯」です。

 

 

で、嬉しいこと『bar ran-tan』さんでは、薬膳スープのテイクアウトもあります。

 

 

 

じっくりと火を入れて煮込んだ薬膳スープに

さらに

熱々で提供したいと

私の顔を見て、再び火を入れて

いただいたスープは

優しい灯火のような

火の気が溢れていて

 

心も体もほっこり温かくなれるスープでした。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

心の「余力」がある時には、「瀉」なのか「補」なのか

冷静に判断することができます。

 

でも、あまりにも密度の濃い「不安」に飲み込まれてしまい

心の「余力」が力尽きそうになったら・・・

生きるために必要な、とりあえず、すぐに「カロリー」として投入できる「ご飯」を、いつ食べられなくなるかもしれないから、食べられるうちに、とにかくお腹に入りだけ詰め込もうと、心が焦り始めます。

 

そうなると、やたらジャンクフードに手が伸びて、食べても食べても、まだ食べたい・・・「手当たり次第ため込むサイクル」が発動します。

 

過度に食べないダイエットをして、ある時突然食べ始め、止まらなくなって、リバウンドどころか、もっと体重が増えてしまうのは、恐怖のサイクルが発動したためです。

 

そんな時は、心が空っぽになってしまったので

「補」の出番です。

 

温かいスープをお腹に入れると、きっと心が安心して落ち着きますよ。

「おこもり食事」に、具沢山スープは、おすすめです。

 

 

今日から18日間、暦は「土用」に入りました。

2020年5月5日には「立夏」

 

まだ少し、肌寒い日もありますが、暦は「春」から「夏」に移動を開始したのです。

 

この時期は、「行きつ戻りつ」の気が巡ります。

春から夏に向かって

のんびりと、ゆらゆらと、ゆっくりと、揺らぎます。

 

なので、人も

のんびりと、ゆらゆらと、ゆっくりと、揺らぎます。

というか、揺らいだ方が、「お得」です。

それは、全ての「気」を味方につける「行動」だからです。

 

自分のエネルギーの「器」も、いっぱいになって溢れたしまったり

空っぽになって疲れが出やすくなってしまったり。

 

感情が溢れ出る時には、水に流してしまう。

感情が動かせなくなった時には、温かいスープを。

 

「土用」のおすすめの過ごし方です。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。