読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

鶏が先か、卵が先か:タロットカードの私の解釈「死神」

ブログ

「鶏が先か、卵が先か」

因果性のジレンマです。

 

「始まり」と「終わり」はどちらが先なのか。

「始まり」があるから「終わり」があるけど、「終わる」から「始まり」がやってくる。

 

どちらにしても、「始まり」も「終わり」も、現状を変えたくない思いが強いと、これからどうすべきか悩むという点では同じです。

 

一日の終わりの海

太陽が沈んだ後、ほんのわずかな間、空がとても美しく輝きます。

 

トンネルの先が見えていたら、暗くても怖くない。

暗くても、進むべき目標が決まっていると、周りが暗くても、気にならないのかもしれない。

周りが暗くて見えないだけに、余計なことを考えなくて、結構その方が集中していけるかも。

 

死神のカード

「終わり」「精算」「死」「破滅」「再生」を示しています。

 

タロットカードが怖いと言われるのは、こんな不気味な絵とメッセージを示すカードがあるからかもしれません。

 

白紙に戻す色「白」の馬にまたがった死神が、進んでいます。

手には生命の象徴である薔薇が描かれた大きな旗を持っています。

旗は力強くたなびいています。

 

横たわっている人、うなだれている人、無邪気に遊ぶ人、拝む人、全ての人に平等に、終わりが来たことが告げられます。

死神は、冷淡に、振り返ることなく、ゆっくりと進んで行きます。

 

前方には、黄色い太陽が、昇り始めています。人々は太陽の方に目をやる余裕もなく、死神に意識を向けているので、気がついていません。

死神は、太陽の昇る方向に向かって、ゆっくりと歩みを進めています。

 

勢いよく流れている川は、太陽が昇る海に向かって、淡々と流れています。

 

死神と川だけが、次に向かって進んでいるのです。

 

 

 

「鶏が先か、卵が先か」問題は、学問や考え方によって、実は答えが違うそうです。

 

数学的には、「卵が先」。時系列の数の予測から判断できるらしいですが、聞いても、何の事だか。。。残念ながら私には、全く理解できませんでした。。。

神学では、神が鶏を創造したと解釈されるため「鶏が先」。

仏教に関しては、「時間は永遠に繰り返される」ため、「創造」の概念やそもそも「最初」という概念がないそうです。なので、この問題に関しては「問題外」。

 

どの答えを採用するかは、自分次第です。

 

小さな始まりであろうが、大きな終わりであろうが、川が淡々と次に向かって流れていきます。

 

「始まり」も「終わり」も経過の一つにすぎない。

 

どんなに悲しもうとも、涙を流そうと、時間はただ過ぎていくだけのこと。

過ぎてしまえば過去になって、またいずれ終わりがきます。

 

時の経過の中に、「鶏」と「卵」が永遠に繰り返していく。

 

カードリーディングで、死神のカードが出たときには

「とりあえず、今できることに集中してやりましょうね。来年の今頃には、きっと、こんなこともあったなと、胸がキュンとなる出来事に変わっているはずです。」と伝えています。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。