読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「慣れること」と「適応する」ことの間で闘いが始まった:本物の「マスク美人」は「マスク」を外しても「美人」です

ブログ

iPhoneの「顔認証」が、急に私を受け付けてくれなくなった。。。。

 

もしかして、老けた!?・・・・汗

 

 

外出姿の図

 

マスクにサングラスに帽子に

今までだったらまるで「変装」

でも、今はこれが世の定番です。

 

 

花粉や黄砂が飛散する時期だけ、お世話になっていたマスクも

今は、マスクをしないと、すごく不安になってしまって、

マスクなしでは、思いっきり呼吸ができない。

 

 

すっかりマスクが装いの一部になった感があります。

 

 

身体はとても素直で、環境にすぐに馴染みます。

つまり慣れてしまう。

その「才能」があるからこそ、「ヒト」は生き延びてこられました。

 

マスクをすると、顔の下半分を覆うので、守られて、顔の下半分が安心して、「環境」に馴染むと、ゆる〜くなってしまうのです。

 

それはつまり

たるんでしまう!!!!と言うこと。

 

しかも、カシー化粧品美容部員さんによると

マスクをするとマスク内部の湿度が上がるので、毛穴も開き気味となって、肌の大事な水分も、開いた毛穴からどんどん外に出て行ってしまうそう。。。

 

なので、乾燥対策は、今まで以上に気をつかってくださいねと、アドバイスをいただきました。

 

 

甘え切った私の「フェイスライン」が、iPhoneには「別人」として見えてしまったのかも・・・・。涙

 

 

さらに、もう一つ

これからの季節に、うっかり慣れてしまうと恐ろしいことが・・・

 

紫外線が強くなると、紫外線対策が欠かせません。

紫外線は、一年中ありますが、特に春から夏にかけて、とても強くなるために、「ちょっとそこまで」の間にも、日に焼けてしまいます。

 

マスクをしていると、スッピンでも大丈夫かなあと、何も塗らずに外に出てしまいたくなりますが。

マスクの部分は、日除けになるけど、隙間にはしっかりとお日様の光線が攻撃をします。

と言うことは、水着の後が残るように、お顔にマスクの後が!

なんて事にもなりかねない。

 

 

なので、紫外線対策がしっかりできるファンデーションに変更しました。

 

 

ファンデーションを買うと、夏用バックのおまけも付いてきた。

せっかくなので、クリスタルのバックチャームも着けてみました。

 

 

 

ハリウッド化粧品創始者の、メイ牛山さんは、山口県のご出身です。

 

女性がまだ社会で活躍するのは、「御法度」だった頃

単身で、山口県から東京に行き、「女性を美しく輝かせたい」その思いだけで、亡くなるその日まで、「美容家」として生き抜いた方です。

 

 

おしゃれは礼儀

自分の美点を発見して、自分で磨きをかける。

 

戦時中の、おしゃれすることが許されない時代を生き、だから、戦後、日本中の女性をきれいにしなくては、と、心の底から思ったそうです。それが、彼女の仕事に対する「原動力」となり、それをずっと貫いて、どんな時にも負けずに闘って生き抜いた。

 

どんな時でも、「おしゃれ」は必要。

マスクになんか、負けている場合ではない、ですね。

 

人は「慣れる」ことで、苦難を乗り越える術を身につけることができます。

ただし、「慣れる」のは「ルーズ」になるのではなく「適応」すること。

だから、譲れないことは、闘って、貫いて、努力して、継続して、人を当てにせず、自分でマイルールを作り上げる。

 

そして、それを楽しみながらできて、それを皆んなが、それ良いねとか面白いねと言ってくれて、ますます楽しくて、やめるわけには行かなくなります。

 

 

まず、そのためにできることは

顔を上にグッとあげること。

 

思いっきり首を伸ばすと、顎まで伸びて、怠けていた顎が頑張ります。

 

ついでに首もゆっくり回すと、効果が倍増しますよ。

 

 

 

それが出来たら胸をグッと張ること。

背筋を伸ばし胸を広げて、ちょっと偉そうにします。

 

心と身体は繋がっていています。

偉そうな体勢をとると、心も偉そうになって

「わたし、絶対負けませんから。だって負ける気しないので。」

と言えるかもしれませんね。

 

 

 

それから、上級者編として

太ももから足をあげること。

 

座ってばかりだと、どうしても下半身の筋力が落ちてしまいます。

 

高齢者が、転んで怪我をする場所で、もっとも多いのが

「自宅」です。

そして、何もないことろでつまずいてしまいます。

 

それはなぜかと言うと、太ももから足をあげないから、足先までしっかりと上がらずに、引っかかってしまうのです。

 

 

顔をグッとあげ

胸をグッと広げ

太ももをグッと上げる

 

この3つを意識すると、「マスク慣れ」と闘えます。

 

 

余談ですが

 

「女が美しい国は戦争をしない 美容家メイ牛山の生涯」の著書の中で、「占い師」が登場するんですよ。

 

メイ牛山さんが、東京に出て、最初にした仕事は、「家事のお手伝い」です。

 

前向きな彼女らしく、与えられた環境の中、精一杯仕事をして、とても感謝されていたそうですが、なぜがしっくり来ない。

そんな時、当たると評判の六本木の易者さんのもとを訪れます。

 

そこで、易者は彼女に言いました。

「あなたは世を変える人になる。自ら切り拓いた道を陸蒸気のごとき勢いで邁進し、やがて大勢の人々に見送られ、天寿をまっとうすることになりましょう」

彼女は、半信半疑で、質問をします。

「何の仕事をしたら?」

そこで、易者がきっぱりと

「髪結か料理人でしょうな」

 

お友達の髪を綺麗に整えてあげるのが、小さい頃から大好きだった彼女は思います。

 

もし、髪結になれたら、どんなに素敵だろう・・・・。

 

そして、決意をしたのです。

行くあても、頼れる人もいない。でも、自立の時がきた。

ともかく、住みこみで働けることろを探そう、と。

 

それが「美容家メイ牛山」としての、スイッチが入った瞬間です。

 

 

「占い」を生業としている私にとって、この「瞬間」は、鳥肌が立つくらい、心に響くくだりです。

 

きっと彼女の手の中には、キラキラとした、活き活きとした、まだ「線」としては表に出ていないけど、今から出てきそうな「予感」がする「運命線」があったんじゃないかな、と思うのです。

 

「予感」を発掘できる占い師になりたいな。

その前に、ダレてしまった「フェイスライン」を発掘すべく、「マスク慣れ」と闘いたいと思っています。笑。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。