読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

本当の「明堂」を探し続ける旅の道が「明堂」なのかも知れない:「風水師・王の運命を決めた男」:「運気」を感じるおすすめの映画

ブログ

人の「欲望」にはキリがなく

それは塩水を飲む様に

飲めば飲むほどに、欲しくなり

やがて、「欲望」に支配されていく。

 

それが、「人間ドラマ」であって、その「物語」を題材とした、小説や、映画、ドラマに魅了されるのは、心の奥底に潜んだ「ブラックなわたし」と共鳴するから。

その「欲望」をなんとか果たそうと、昔の権力者は「占い」を使っていたと言われています。

 

韓国映画でも、王室絡みの物語には、「易」や「風水」がよく登場し、「運気」に振り回される様に、ヤキモキしたり、モヤモヤしたり、ハラハラドキドキして、目が離せなくなります。

 

 

『風水師 王の運命を決めた男』は2019年に公開された映画です。

 

土地や水脈の形状を見るだけで、人々に「良い運」を与える影響を持つ土地を見分けることができる天才風水師パク・ジェサンの物語です。

 

「風水」は「環境学」です。

 

元々は、「土地」を整え、そこに暮らす「国」「一族」の発展を目指したものです。

 

特に大切にされたのが、家長の墓を建立する「土地」です。

「明堂」と言われる場所に、墓を立てると、その子孫は「天子」となり、天下をとることができるとされていました。

なので、少しでも力がある「明堂」を探すことができるかが、その一族にとっては「死活問題」であり、「王権」をとるか、継続できるか、それは「明堂」にかかっていると考えられていました。

 

 

この映画は、その「墓の土地」を巡っての、騙し合いや陰謀や、策略や陰謀・・・・そこまでしなくても・・・と思うほどの「争い」の物語です。

 

 

「明堂」にもランクがあって、地上にある最も格上の「明堂」は「2代天子の地」と呼ばれ、「2代は安泰」。で、3代目からは、また「明堂」を探して、次々に一族の「墓」の土地の奪い合いが続くのです。

 

それはもう、親であろうが、兄弟であろうが、幼なじみであろうが、愛する人であろうが、お構いなしに、「明堂」を奪うためには、容赦なく切り捨てたり、殺害していきます。

 

何もそこまでしなくても・・・・

と思いながらも、人の「運」に対する「強欲さ」は、どこか人事には思えずに、物語に引き込まれていくのです。

 

 

その「強欲」の渦に飲まれて、パク・ジェサンの運命も大きく狂わされていき、それでも、「風水師」として、人々の「開運」のために、職を全うしていきます。

 

 

どうして、職を全うすることが出来たのかと言うと、彼には「信念」がありました。

 

「(良い土地とは)人を埋める地ではなく、人を生かす地である。世の救いとなる素晴らしい地、そういう地を探したい」

 

これが、彼の「信念」です。

そして、これが彼の「風水師」としてのプライドです。

 

 

暦を用いた東洋易学のベースは、「勝つ」ためであり、それは、他の一族を滅ぼすことでもあり、一族存続のために、永遠に、家系を変わらずに続けて維持することが「目標」とされてきました。

なので、女性があまり強い「運」を持っていると、夫を踏みつけてダメにしてしまうからと、忌み嫌われていたり、男性が弱い「運」の命式の場合は、何をやっても大成しない「残念な人」とされてしまいました。

 

 

「時代」がそういう「時代」だったのです。

 

 

大きくすること

発展すること

一番になること

そして、それを「永遠」に保ち続けること

 

それを皆んなが求めていた

そんな「時代」です。

 

それは、心の奥底に、「全てのものは、力さえあればコントロールできるに違いない」と、「陽」の景色だけを追い求め、「陽だけ」の景色を望んで夢見ていたのかもしれません。

 

 

頑張ったら頑張っただけの「ご褒美」が必ずもらえるし

頑張らない人が、うっかりちゃっかり「ご褒美」をもらうなんて、そんなことは許されない。

こんなにも頑張っているのに、これっぽちの「ご褒美」しかないのに、頑張っていないあなたが、そんなにたくさんの「ご褒美」をもらうなんて、おかしい。

 

それが「陽だけ」の景色です。

 

 

「陽」は「対外的」な景色です。

なので、評価基準が「外」との比較。

 

 

 

占いの「解釈」が、今までの「当たり前」が通用しなくなってきたと感じています。

 

「今月のあなた、外に出て、たくさんの人との縁を広げましょう」

とか言っても、外に出れない・・・。

「今年のあなたは上昇気流にのっていける運気ですよ」

とか言っても、家の中で上昇してもたかが知れている・・・。

 

 

世の中の「気」の流れが

気の巡りのベクトルが、「陽」から「陰」にくるっと変わってしまったのかも。

そんな気がしています。

 

なので、暦の解釈も、「逆」に観る解釈が求められているのかも知れません。

 

でも、目指すゴールは同じです。

最終的に、「まん丸笑顔」になれたら、それが「運が良い」ということ。

明日はどうなるなんて、誰にも全くわからないけど

それでも、「明日は良い事あるかも知れないな」と。

だから、「明日の準備を今日のうちにしておこう」と。

「暦」を知ることで、そんな風に感じていただきたいと思っています。

 

 

パク・ジェサンのセリフが、ずしんと重く感じています。

 

 

「占いジャンル」の韓国映画では

「観相師」 

「ときめきプリンセス婚活記」

も、おすすめです。

 

「運気」だけに振り回される様がどういうことなのか、面白く、深く、興味深く、感じていただけると思います。

 

 

まん丸笑顔が可愛いパンは、

近所のパン屋さんの新作です。

これは、アンパンマンではなく

チョコパンマン。

甘いチョコクリームが、たっぷり詰まっていましたよ。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。