読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

真っ直ぐで明るい「向日葵」にだって、いろいろあるんです:「均衡」を保つには必ずとも「すべて完全」である必要はない

ブログ

とても小さくて、可愛らしい向日葵が売られていたので、つい嬉しくなって買った。

 

今年の「春」は、ざわざわ、そわそわ。

なので、「早過ぎる向日葵」は、春を飛び越え、私をグイッと「夏」に引っ張っていってくれるよう。

 

 

思い通りにいかないと、「逃避行」したくなる。

「視覚だけ逃避行」を楽しみました。

 

 

向日葵の花言葉は

「憧れ」「わたしは、あなただけを見つめる」

 

いかにも、真っ直ぐ太陽に向かって花を開く、向日葵っぽい「言葉」ですね。なるほど納得。

ですが

「偽りの富」「にせ金貨」というのもあります。

 

 

向日葵は、太陽に向かって、花を向けるのは、若い時だけで、花が開ききってしまうと、太陽は追わず、東の方角を向いたままになるそうで、成長が必要な時には、太陽からパワーをもらい、成長してしまって、これ以上頑張らなくていいと、好きな方に向きっぱなし。

なので、正確に言うと

「わたしは、あなたが必要としている時だけ、あなただけを見つめる」・・・・

なんとも、したたか。

でも、分かりやすくて潔いかも。笑。

 

「偽りの富」「にせ金貨」は、西洋の花言葉です。

昔、太陽信仰である南米ペルーの人々は、黄金で向日葵の冠を作り、拝んでいたそうです。それをスペインによる侵略に遭い、「黄金の向日葵」もろとも、盗まれてしまいました。

そこから、ネガティブな「花言葉」がついたと言われているそうです。

 

 

「明るさ」しか感じさせてない向日葵にも、「辛く悲しい歴史」があったんですね。

 

 

 

「上から見た図」

アレンジの法則は無視して、何も気にせず、バサっと投げ入れていますが

 

 

 

表から見てみると

いい感じにまとまってるっぽい。

 

上からが「まずく」ても、横からしか見なければ、これはこれでいい感じ。

 

 

ある意味これも「偽り」ですね。

 

 

 

さっそく、出窓に飾ってみました。

 

出窓スペース・大御所の、クルクル回る「ラウンド・サクセス・サンキャッチャー」と、先週の「お花の定期便」の中で今でも頑張って花を開いている「上品なシャクナゲ」も、ちょっとくらい、「早すぎる夏」だとしても、快く迎え入れてくれたので、一気に「スペース」が華やいだ。

 

 

お互いあれこれ「詮索せず」に、なんとなくいい感じに、一つにまとまりました。

 

 

誰にでも、「言いたくないこと」「触れられたくないこと」「内緒に秘めておきたいこと」は必ずあります。

それを敢えて、触れずに、そっとしてくれる「環境・人」は、とても居心地の良さを感じます。

なぜならば、

もう十分、傷ついているから。

 

敢えて触れないのは、「傷」がまだ癒えていないことを、わかっていて、「傷」が治るのを、心配しながら、そっと見守ってくれていくから。

その場所は、「静かな夜のような場所」

 

「時」が巡り、「傷」が癒えてきて、「傷」が過去のことになり始めた時がきたら、勇気を出して、「傷」と向き合います。

それは、目覚めの時。

もう二度と、「傷」を負ってしまわないように、「傾向と対策」を練る必要があるから、目を醒さなくては、次に進めない。

 

「おはよう」と言うと

「おはよう」と返してくれる

 

そんな「環境・人」は、ずっと大切に守りましょう。

一緒に、朝日を眺めてくれるのは、一緒に長い夜を過ごしてくれたからです。

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。