読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

<今週のアロマブレンド>:ラベンダー・オレンジ・ゼラニウム :「出会った頃」を振り返りつつ「ご縁」の繋がりをありがたく思う

ブログ

<今週のアロマブレンド>

・ラベンダー :3

・オレンジ  :2

・ゼラニウム  :1

 

 

ラベンダーの語源については諸説ありますが、ラテン語で”洗う”と言う意味の「ravare」が有力視されています。

中世ヨーロッパ最大の賢女でドイツ薬草学の祖・ビンゲンのヒルデガルトは、「純粋さを保つ」ために使ったと言われています。

(「スピリチュアルアロマテラピー事典・中医と占星学から読み解く精油のメッセージ」 柏原茜・登石麻恭子監修 河出書房新社 より)

 

ラベンダーは、アロマテラピーに馴染みのない方でも、一度はその名前を聞いたことがあるほど、有名な精油だと思います。

様々な「香り」の商品に使用されていて、香りも万人向けで、クセがなく、効能も穏やかで、とても使いやすい精油です。

 

リラックス効果が高いと言われていますが、人によっては、「やる気が出る」場合もあります。

 

それは、この香りが、気持ちをスッキリとしてくれるために、まるで重たい荷物を手放す時のように、気持ちが軽くなるからだと感じています。

 

私も、どちらかと言うと、「やる気が出る派」。

アロマテラピーを勉強し始めた頃に、最初に出会った香りで、香りの「原点」でもあります。

 

オレンジは、ご存知の柑橘系のオレンジの香りです。

これも、万人向けの香りで、この香りが苦手な人は、あまりいらっしゃらないでしょうね。

 

ゼラニウム も、女性に人気の高い香りです。

「バランスを整える」と言われていて、特に女性ホルモンが揺らぎやすい世代には、おすすめしたい精油です。

 

 

今日のブレンドは、「定番中の定番」を集めた香りです。

 

最初に、オレンジの甘酸っぱい香りがして、その後から、ラベンダーのハーバル系の香りがやってきて、最後にゼラニウム の甘いフロラールの香りが残ります。

 

 

「アロマといえば、まずはこれでしょ!」

そんな「いつもの」香りのブレンドです。

 

 

 

自然の恵がギュッと詰まった精油は、どれも特徴のある香りで、個性的です。

でも、不思議なことに、どれを一緒に混ぜようとも、何をたくさんブレンドしようとも、失敗がありません。

どの精油も、上手く一つになって、「素敵な香り」に出来上がります。

 

 

ただし、これもまた、不思議なのですが、その時によって、「好きな香り」があり、「苦手な香り」があります。

 

それは、季節によっても変わりますが、体調や気分にも影響を受けます。また、すごく苦手だった香りが、なぜか大好きになったり、その逆もあるのです。

 

「好きな香り」は、今の自分にとって居心地の良い香り

そうではない時には、居心地がよくない

だから、逆手にとって、なりたい自分になれるような「効能」を持っているとされる香りを使うこともできるのです。

 

 

「定番中の定番」は、自分にとって「ホーム」の香り

 

 

アロマテラピーの素晴らしさに触れ、その奥深さを知りたいと、探究心が溢れていた時に触れた香りたちを集めたブレンドは、「学ぶ」ことへの大切さと楽しさを、思い起こしてくれます。

 

 

数々の「習い事」を経験しましたが、本格的に資格を取ろうと決意した「習い事」が、アロマテラピーでした。

 

アロマテラピーそのものも、私にとって、なくてはならないものですが、アロマテラピーを習うことによって得た、たくさんの「出会い」もまた、私にとって、なくてはならないもの、と言うか、それがあるから今に繋がっていると言うものばかりです。

 

 

運気の流れを感じられない時、または流れに乗り損ねている時

自分は何に向いているのか

自分は何をしたら良いのか

何から始めたら良いのか分からない。。。。。

たいていは、そんな「言葉」が出てきます。

 

 

始めるのを躊躇する原因としては

「それをやったとしても、メリットがあるかどうか分からない」

「そんな事に、お金をかけて、無駄になってしまうのではないか」

その「思い」が、踏み出したい気持ちを止めてしまいます。

 

 

もちろん、「お金」は大切なので、あまりにも「高額」の場合は、慎重に検討した方が良いとは思います。

 

ただ、やってみないと、何も始まらない。

動かないと「風」が吹かない。

 

 

だから、例えば、自宅近くに楽しそうなレッスンが受けられるものがあれば、とりあえず「見学」してみる。

ワンデイのワークショプに参加してみる。

そんな小さなアクションからでも、「風」は起こりますよ。

 

 

 

「運」とは、「人」が運んできてくれます。

 

 

楽しそうな場所には、楽しそうなことが好きな人が集まってきます。

だから、なんでも良いから、「笑顔」になれそうな場所に行ってみるのは、「開運」の最初の一歩です。

 

 

私自身も、アロマテラピーを通じて知り合った方から、「運気」の勉強をするきっかけをもらいました。

まさか、それが「本業」になるなんて、あの頃の私は、思ってもいなかったし、想像すらできなかった。でも、気がついたら、今の自分があります。

 

面白いもので、探す時には見つかりません。

探すのは、道が決まらず、見えていないから。

だから、探している間は、あっちの道を覗いてみたり、こっちの道に戻ってみたり、右往左往している状態です。

 

やりたい事は、気がついたら、その事ばかり頭にあって、その事しか見えなくなっている状態なので、探す必要がありません。

やりたい事しか見えていないのです。

だから、見るもの全て「やりたい事」だらけ。

 

 

なんとなく、煮詰まって、なんとなくつまらないな・・・と感じているのなら、皆んな楽しそうに「笑顔」で集まっている「場所」のドアを、あれこれ考えずに、とりあえず、思い切って開けてみましょう。

 

 

そして、「今日も楽しかったな」と思えたら

それは、開運の一歩を踏み出した証ですよ。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。