読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「陽」が溢れる日に「陽」をいっぱい楽しもう:「夏至」「日食」「新月」:陰陽論

ブログ

全てのものは「陰」と「陽」の相反する二つの「気」で構成されていて、どちらか一方のみで存在することはありません。

 

その二つの「陰」と「陽」は、お互いに交わることはなく

その二つの「陰」と「陽」は、対立しながら根っこの部分はひとつで

その二つの「陰」と「陽」は、動きながら揺らぎながら一緒にあり

その二つの「陰」と「陽」は、常に両者のバランスを取ろうとしている

 

なので、例えば、どちらかが、一時的にとても大きくなりすぎてしまった時、それを一瞬で解消しようとする、大きな反対の力が働いて、反対の力に飲み込まれてしまう。

 

あまりにも、物事が行き過ぎて、「限界」さえ超えようとした時、それは、突然「崩壊」するスイッチを入れてしまうことにもなってしまう。

なので、揺らぎながら、バランスをとって、「限界」を超えないようにと、「陰」と「陽」が、両者牽制し合いながら、見張りながら、励まし合いながら、ひとつの「景色」として存在しています。

 

 

具体的にあげると

自然界では、

「天」が陽・「地」が陰

「太陽」が陽・「月」が陰

「昼」が陽・「夜」が陰

「上」が陽・「下」が陰

「明」が陽・「暗」が陰

 

これだけでも、「陰」と「陽」のイメージが湧いてくると思います。

「陰」はなんとなく暗くて、つまらなくて、運気も下がって悪そうで、逆に「陽」は前向きで、楽しそうで、運気がどんどん上がっていきそう。

 

「陽」は「勝ち組」

「陰」は「負け組」

 

そんな、感じで捉える方が、実はとても多いです。

 

なので、生まれた日の一番重要視されるその人の「日柱干支」が「陰」の場合、「陰だから悪いです・・・・」と受け取られ、「陽」の場合は、「私はいつも運が上向き」だと解釈されることがあります。

 

それは全くナンセンスな解釈で、そもそも「陰」と「陽」には「良し悪し」の解釈を超えた、「気」の存在の世界観です。

 

 

人体での陰陽はと言うと

「男性」が陽・「女性」が陰

「体の上部」が陽・「体の下部」が陰

「背部」が陽・「腹部」が陰

「皮膚」が陽・「筋骨」が陰

 

「背部」がどうして陽になって、「腹部」が陰なのかというと、四つん這いになった時、背中に太陽の陽射しを浴び、腹部は陰になるからです。

 

 

これらはほんの一例ですが、どちらも大事で、どちらも存在してくれないと、ひとつの「形」が成り立たないことがお分かりいただけると思います。

 

「陰」と「陽」は持ちつ持たれつの、仲良しパートナーなのです。

 

 

「陽」は外向きに動く「気」で

「陰」は内向きに動く「気」です。

 

なので、日柱干支が「陽」の人は、どちらかと言うと、せっかちで、待つのが苦手で、気がついたら行動を起こしたり、言葉として発していたり。「まずは動いてから決める」方が得意です。

 

「陰」の人は、前もって準備をしたり、人の意見も参考にして取り入れたり、周囲の応援を味方につける。「時を待って動く」方が得意です。

 

「陽」の人は、大失敗しても、再び立ち上がって行けるタフさがあり

「陰」の人は、大失敗をしてしまうと、次の一歩が慎重になりすぎて進めなくなり

「陽」の人は、失敗を失敗として振り返るのがもどかしく、ひとつの方法にこだわり過ぎて進めなくなり

「陰」の人は、同じ失敗を繰り返さないように、違う方法も取り入れながら進みます。

 

なので、「陰」の人も、「陽」の人も、諦めずに進めば、最終的には「ゴール」に手が届くのです。

 

「陰」と「陽」は良し悪しではありません。

 

 

明日21日は、1日の中で最も日照時間が長い日。「夏至」です。

 

つまり、「陽」が極まる日。

 

明るい、熱い、「陽」の気が、最も長く大きく、降り注ぎます。

そして、これからは、少しづつ、「陰」が大きく長くなっていきます。

「下り坂」であり「収束」であり、中心に向かい、小さくなっていきます。外側よりも内側に、「気」のベクトルが方向転換をしていくのです。

 

でも、これからが「夏本番」として、体感する季節がやってきます。

 

つまり、物事とは、「体感できるようになった時、すでにピークを過ぎていて、下っている」のです。

 

「運」の良い人は、引き際が鮮やかで、潔いのは、体感する前にすでに下り坂になっている「気」の流れを肌で感じることができているのです。

「直感」が大事だと言われのも、そういった理由もあります。

 

 

21日は、特別感満載の日なんですよ。

 

まずは、「夏至」

これは、先ほど説明ずみ。

 

それから「新月」

新月は「願い事」をすると良いと言われている「決意表明」の日

蟹座の部屋で起こります。

 

それから、「日食」

日食とは、太陽が手前にある月に遮られて、遮られた部分が欠けて見えることです。

日本では、一部分が欠ける「部分日食」ですが、アフリカやアジアの一部では、月の周囲から太陽がはみ出している様に見える「金環日食」が起こります。

 

国立天文台のデーターによると、日本で日食が見られるのは2〜3年に一度程度あるそうです。

しかし!!!21日は、特別!!!

「夏至」と重なる「日食」は、1648年以降、一度もないそうで、次に夏至と重なる日食は、なんと2802年頃になるそうですよ!

 

国立天文台ホームページでは、15時45分から、日食のライブ配信をするそうです。

これは、天文にあまり興味がなかったとしても、ちょっと見てみたいことろですね。

 

太陽はとても日差しが強いので、観察には、十分に注意をして目を痛めない様にしなくてはいけません。

国立天文台ホームページには、いろいろ詳しく紹介されているので、参考にされてくださいね。

 

 

「陽」をいっぱい感じましょう!

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。