読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

この「三密」だったら大歓迎:花のある暮らしを楽しむ:風水:観葉植物や生花との向き合い方

ブログ

月に2回、「花の定期便」をお願いしているお花屋さんが

6月20日に移転をされ、「新天地」での新たな旅路のスタートをされました。

 

 

入り口には、華やかな「お祝い」のお花たちが、所狭しと並んでいて

「三密」状態。

 

 

皆んなで上を向いていて、見ているとこっちまで上を向きたくなる。

 

お店の中は、溢れるほどの「花」「花」「花」!!!

お花屋さんなので、当然ですが。

 

活き活きした「花」に囲まれると、元気いっぱいになれる。

 

 

柔らかいサーモンピンクは、可愛らしさを感じさせてくれる。

 

 

キリッとした「デキる女」になりたい時は、こちらがお勧め。

 

 

猫ちゃんのお腹のお掃除に良いらしい。

 

 

「白」と「グリーン」の組み合わせは、スッキリしていて気持ちも爽やかになれる。

 

 

まるで芸術品の様な「花弁」が痛まない様に大切に丁寧に扱う。

 

ひとつひとつの花が、計算し尽くされた美しさ。

本当に綺麗ですね。

 

 

オレンジの粒々が元気いっぱい。

 

 

華やかな色も良いけど

ニュアンスカラーも落ち着く。

 

まるでサテンシルクの様な花びらは、品がありますね。

 

 

紫陽花(梅雨)から向日葵(夏)に向かう

 

 

ギザギザの花びらの紫陽花

色合いが微秒にグラデーションしています。

 

 

 

鉢物は、「来年」の花を咲かせる楽しみもある。

時間をかけて、ゆっくりと向き合うほどに、美しくなる。

 

 

一輪でも「絵になる」芍薬。

これだけ揃うと、「絵になりすぎ」

見惚れてしまいますね。

 

 

トルコキキョウにも、ニュアンスカラーがあるんですね。

 

 

 

ツンと伸びた花

アレンジに入れると、全体を引き締めてくれる存在に。

 

 

 

葉っぱの様な花

 

 

お店の入り口の両側に、綺麗なお水に気持ち良さそうに浮かんだ花たち。

見た目からも涼しくなれますね。

 

こちらが「右側」

 

 

で、こちらが「左側」

左右対象に物を置くと、「安定」します。

西洋では、特に「対称的」の美しさを重視していて、ヨーロッパでは重要な建造物なども左右対称に造られていることが多いです。

 

おうちでも、「ひとつ」だけで飾るより「二つ」もしくは「三つ」並べると、「安定」するのでおすすめです。

 

 

「右」は陽

「左」は陰

 

「右」は自ら外に向けてアピールする、「ようこそ、いらっしゃい」の気

「左」お客様が思わず入ってみたくなる、「どうぞ、いらっしゃいませ」の気

 

どんどん外に向けてアピールしたい時には「右」を充実させ

たくさんの「縁」を繋げていきたい時には「左」を充実させるのがおすすめです。

で、今回は「左・充実」

 

たくさんのご縁がやってきそうな予感がします!

 

 

オーナーさんは、昨年から、「移転計画」を考えていて、常に「どこか良い場所はないか」と、キョロキョロしながら配達をされていました。

そして、たまたま見つけた「空き店舗」を、思い切って交渉されて、今の場所に移ることになったのです。

 

それからが、本当に速かった!!!!!

やはり決まる時には、道がシュッと繋がって、あとは進むだけだなあと、移転までの期間を、そんな気持ちで見ていました。

 

 

今後は、ご予約を中心とした提案型のお花をセレクトショップを目指されるそう。

その計画のひとつとして、少し前から「定期便」を始められています。

 

私は、どの花も大好きなんですが、残念ながらアレルギーがあり、飾れない種類の花があります。「お抱え花屋さん」は、その辺りを熟知してくれていて、なので、定期便も安心してお願いできます。

 

 

サロンにいつもお花があると、居心地の良さが上がります。

それは、お越しいただく方も、きっと感じて下さっているはず。

 

 

「観葉植物」や「生花」があると運気が上がる

 

これは、風水にあまり興味関心がない人も、皆んな知っている「知識」です。

風水は、環境学とも言われていて、運気を上げる方法ではなく、環境を整えることを目指しているのです。

環境と、そこにいる「人」との相性を良くしていくために、環境を整えるのです。

 

「観葉植物」や「生花」は生きていて、成長をします。

なので、とても勢いがあって、「陽」をたっぷりその場所に振りまいてくれるのです。

 

だから、「観葉植物」や「生花」を置いたからそれだけで良し、ではなく、「陽」が目標に向かって、外向きに流れていく様に、成長のお手伝いをしてあげなくては、「陽」が暴走してしまいます。

 

もしも、お手入れが苦手だったら、それらは置かない方が良いかもしれせんね。また、あまりにも多すぎるのも、「陽」が増えすぎて、持て余してしまうかもしれません。

 

部屋の隅っこに置き去りにされて、ポツンと観葉植物が放って置かれたお部屋は、「寂しい」お部屋です。

 

だから、時々、霧吹きでお水をかけてあげたり、葉っぱを触ってあげたり、話しかけてあげると、「陽気」が喜んで、たちまち運気の巡りが上向きになります。

 

大切にしてあげてくださいね。

 

 

本日より、サロンにこの子が仲間入りしました。

どうぞよろしくね♡

 

『超絶フラワーライフ』花ひろばEvergreenのFacebookページはこちらからどうぞ

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。