読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

そもそも「占い」とは何かを考えてみた:「占い」が今の私を支えてくれている

ブログ

「占い師」として仕事を始めてから、たくさんの方とお会いし、たくさんの方の「人生」を疑似体験させていただくせいか、何かあっても何とかなるかもと思えるようになった気がしています。

それは、皆さんがなんとかなっているから。

何があっても乗り越えて、前に進んでおられるから。

いつも、勇気と元気をいただいているのです。

 

 

時々、「何人鑑定されましたか?」と聞かれますが、数えていないので正直全くわかりませんが。。。

こんな事なら数えておけば良かったなと思ったりもしています。

だから、あえてお答えするならば「数えきれないくらい」ですね。笑

 

 

仕事を辞めたいと思ったことはないのですが、ふっと怖くなる事があります。

それは、占いを受けたいと思ってお越しいただく方は、皆様間違いなく「人生の転換期」を迎えておられて、私の鑑定を参考にして大きな決断をされた方もおられます。

 

鑑定では、出来るだけ背中を押したいと思っていて、それは、鑑定をしても何一つ変わらなければ、それは私が「結果」を出せていない事でもあるので、なんでも良いから「今日は、これ、いただきました!」と感じてもらえるように、駆け引きをしながら、押してみたり引いてみたりしながら、最後にストンと「落ちて」もらえれば、きっと鑑定を受けて良かったと感じていただけているのではないかと思うのです。

 

でも、そのせいで、「試練」を迎えてしまうこともあるわけで、それで、時々怖くなります。

 

 

ただし、誤解のないように。

全ての方の背中を押しているわけではなく、押さない方も。

「覚悟」が観えなかった時には、押さない、というよりも押せない。

 

でも、たいていは、「やっぱりね」「そうだと思ってた」と、自分の「覚悟」を確認するために鑑定を受けられます。

 

 

運の良い人は、運気の流れを肌で感じておられて

すでに「覚悟」ができていて

「占い」には答え合わせに来られるのです。

 

 

 

ふっと怖くなった時、支えになるのは鑑定を受けてくださった方からの「事後報告」です。ただし、それは、「思っても見なかったご褒美」です。

だから、私がいつも、ベストタイミングで、都合よくもらえるものではありません。

 

実は、もう一つ、いつでもどこでももらえる「ご褒美」があります。

それは、学生の時、友人となんとなく受けた「占い」で、占い師さんに言われた「言葉」です。

 

 

看護師試験を受ける前、こともあろうに勉強もせず、友人と新宿で占い師さんに「国家試験受かりますか?」と聞いたのです。

その時の細かい内容な覚えていないし、試験の合否に関しては、占いで観るものではないので、きっと「勉強しなさい」と言われたと思いますが、占い師さんに、「あなた、占い師に向いてるよ」と言われました。

前後のやりとりは全く覚えてはいなくて、なぜそんな話になったのかもわかりません。

多分、他力本願の私が、「国試に落ちたら、占い師さんになれますか?」とかなんとか、、、きっと聞いたのかも。

でも、時々その言葉を思い出し、「あの時の占いが当たった!」とそして、「やっぱり占いってすごい!」と、そんな風に思い起こしながら、占いで向いているって言われたから、この仕事を続けて行こうと、優しく背中を押してもらったような気持ちになれるのです。

 

 

 

「占い師」とは何か

それは、「時」の流れをお伝えすること。そして、最も良い「時」にその人らしく、「自分」と「自分以外」の全ての「流れ」を最大限に利用して、「最初の一歩」を踏み出せるように、「大丈夫ですよ」と言葉を伝える人のこと。

「時」は止まらないから、タイミングを逃すと、全て水に流れて行ってしまうけど、ただし、それは「最悪な運」も、同じように流れて行くから、諦めないでと伝える人のこと。

「時」の流れを感じてもらえるように、暦を使ったり、天体の運行に照らし合わせてみたり、手に現れる「気」の景色や、カードが教えてくれるメッセージなどを使って、流れを伝える人のこと。

 

そして、流れを感じる事ができなくなってしまった時、ふと思い出してもらえるような「言葉」をプレゼントする人のこと。

 

その「言葉」が、受けた人の中で、どんどん自分で「成長」させていってもらえたら良いなと思いながら伝えています。

 

なので、すごく前に鑑定を受けていただいた人から「あの時に受けた鑑定を思い出して、また連絡してみました」と言われると、本当に嬉しくなって、またまた「新宿の占い師さんの言った通りになった!」と、当時のことを懐かしく思い出します。

 

だから、私は、あの時、「あの占い師」さんに出会って、占いを受けて良かったと思っているし、占いが大好きです。

そして、いつも、「あの占い師」さんのようになれたら良いなと思いながら鑑定をしています。

 

 

 

ただし、「仕事」として続けていくためには、「学び」が必須です。

それは他のどんな仕事にも、言える事ではありますが、「占い」に関してもやはり例外ではありません。

 

「四柱推命」は、気が遠くなるほどの長い年月を経て、数えきれない人たちが、様々な「経験」の中から、ある「法則」を見つけ出し、それを後世に伝えている「学問」です。

 

「学ぶ」のは、独学でも、先生について学ぶのでも、どちらでも構わないと思います。

ただし、「独学」はあくまでも「自分の中の充実」であって、時には外からの刺激として先生について学んだり、他の鑑定士さんと語り合ってみたりも大事だと思います。

 

一番は、やはり、「内側」と「外側」から「学ぶ」のが効率的ではありますね。

 

 

四柱推命に関して、外から大きな刺激をガツンとくださったのは、浅野太志先生です。

一日中「暦」のことを考えていてもまだ足りないとおっしゃるほどに、マニアックな深い知識をお持ちの先生です。

浅野先生のホームページは、こちらからご覧いただけます。

 

常日頃から、「占いは未来のために、未来を良くするためにある」と言われていて、たくさんの方に「暦」の素晴らしさを伝えるとともに、気軽に使って欲しいとも言われていました。

 

今回、その先生の「夢」が一つ「形」になったんですよ。

7月24日に大阪で『陰陽五行から見た未来を良くするための四柱推命』と題して、セミナーを開催されることになったそうです。

 

お申し込みは、浅野先生のホームページからできます。

ご興味のある方は、ぜひ!

 

 

歴史が大好き(特に幕末だそうです)な先生が、「幕末の物語」を体験するために、昨年の秋、山口県にお越しくださいました。

 

先生のブログで、その「山口の旅」について、「連載」が始まりました。多分30話くらいの超大作になりそうとのことですよ。で、今は3話めです。

ブログを読まれたらお分かりかと思いますが、とにかく「詳しい」んです。

当の「山口県民」である私ですら、(私は歴史はあまり詳しくないんですが)全く知らなったこともたくさんです。

 

きっと、このブログを読んでいただくと、「山口県に行ってみたい」とワクワクしてくるはず!

 

 

浅野先生のブログに便乗して、ちゃっかり山口県の宣伝をさせていただきましたが、ぜひ、ご覧いただければ嬉しいです。

 

 

「占い」を受けて、あなたの「覚悟」の答え合わせをしてください。

埋もれたままの「景色」は存在しません。

「覚悟」は流れに「勢い」を与えてくれます。

だから、きっと大丈夫ですよ!

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。