読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

美しい人の特徴:「きれい」を味方にする方法

ブログ

素肌美づくりを提唱するカシー化粧品の、サロン・カウンセリング講習を受講しました。

 

朝から夕方まで、講義と実際のサロンワークを実習し、密度のとても濃い3日間でした。

 

白を基調に、シルバーのロゴがとても上品な商品棚。

容器もとてもシンプルで扱いやすい形になっています。

 

サロンワークの実習では、実際に化粧品を使ってのエステも体験します。

 

ピーリング、コラーゲンマスク、高濃度ビタミンC導入、ホットマスクに石膏パック、その他さまざまな「美肌」になるためのエステを体験しました。

 

松坂牛と銀座のお寿司と、大間のマグロと、宮崎のマンゴーなどなど、次々にお腹いっぱい食べた感じ。

 

実は、肌がとても敏感で、少しの刺激でも肌荒れを起こしてしまうタイプです。

「栄養たっぷり」のエステざんまいは、肌への負担も大きいため、3日間、耐えられるかと心配していましたが、トラブルを起こすどころか、肌の調子がとてもよくなって、お化粧のノリもバッチリ。全ての技術を体験することができました。

 

一緒に講習を受けた方々は、化粧品店経営、サロンオーナー、美容室経営、美容部員、これからサロンを立ち上げる方、など、仕事も年代もさまざまでしたが、「美」に対する意識がとても高く、また、経営についても意見をしっかりお持ちです。声も大きいし、良い意味で猪突猛進。

 

刺激たっぷりの3日間でした。

 

「美しい」と「幸せ」は比例しません。

 

女性は、愛されたいと思った時、一番最初に思うことは

もっと綺麗になりたい

ということ。

 

でも、時は残酷。

時間とともに、容姿の綺麗さは、衰えていってしまいます。

 

「綺麗」だから愛されるのであれば、「綺麗」でなくなってしまったら愛されなくなる。

そんな気持ちで恋をしたら、それは、本当に不安で、とても辛い恋。

 

綺麗よりも美しくありたい。

 

「明朗な心と、清新な感覚と、素直な清らかな情熱を持って老年まで保っている婦人は、たいてい若く見えるものだ。

これらすべてのものを保つことが、おばあさんになってからも、自分の美しさを失わないたった一つの方法である。」

「罪と罰」ドストエフスキー (新潮社)

 

 

私が考え、そして、目指していきたい「美しい人」は

明るく朗らかであり、自分に対してうそ偽りなく生きている人。

好奇心旺盛で、新しい事にも果敢に挑戦する人。

広く物事を捉え、純粋な気持ちで、成し遂げたいことに向かって一心に進む人。

 

そんな人のお肌は、きっと、

明るく朗らかであるからこそ、血液リンパともに滞りなく巡り、明るい透明感のあるお肌のはず。

新しい事に挑戦するからこそ、新陳代謝が活発で、皮膚呼吸やターンオーバーが十分にできているはず。

「美しい」自分であり続けるために、自分の肌の状態を冷静に判断し、情報に振り回されることなく、自分の肌が喜ぶお手入れを、心を込めて日々続けている。

自分の心を大切にしているからこそ、「美しい」を手に入れることができると思います。

 

美しいから幸せになれるわけではありませんが

幸せを感じる心は、美しさを与えてくれると思います。

 

心を込めて大切な自分のお肌のお手入れをすると、お肌はキラキラ輝いてくれます。

 

美しい人は、キラキラ輝いています。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。