読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「行動」ありきなのか、それとも「感情」ありきなのか、手相を観るとわかります:「金星丘」「月丘」:今日は「山羊座満月・前夜」

ブログ

手は、宇宙からの波動をキャッチし、受け取る「場所」であり、また、自分の内側からの気を、宇宙に向けて解き放つ「場所」です。

 

手のひらにある膨らんだ部分を「丘」

「丘」では、外側から受け取ったエネルギーを一時的に保管したり、また、内側から解き放つエネルギーを、圧縮してより強くする役目をしていると考えられています。

 

 

適度に弾力があり、発達している「丘」を、状態のが良く、十分に役割を果たしているとし、あまり発達していない「丘」は、さらっと気が通り過ぎていくために、「個性的」ではなく、「控えめ」で、なので、その部分が象徴しているエネルギーは、あまり強く発動しないとされています。

 

そして、その「丘」にある「線」は、「丘」を介して「外界」と「内界」を結ぶ「ルート」です。

 

真っ直ぐな「線」は、真っ直ぐに。曲がっている「場合」は周囲の状況に合わせながら、進路変更をすることができます。

 

 

 

なので、手相の線が、どれもこれも真っ直ぐな場合は、「我が道を行く」タイプ。そして、すんなり綺麗なカーブを描いている場合は、「人にも合わせ要領良く進む」タイプ。

あまりにも曲がっている場合は、「人に左右されてばかり」のタイプであると鑑定できるのです。

 

 

 

親指の付け根の部分の「丘」を「金星丘」と言います。

 

この部分は、生命力や体力の強さのバロメーターとなります。

「金星丘」をグルリと取り囲む様に出る線は「生命線」と呼ばれ、「生命線が長いと長生きですよ」と言われるのは、「金星丘」に滞りなくエネルギーが出し入れでき、貯蔵もできるからなのです。

 

この部分が発達している人は、一言でいうならば、「エネルギッシュ な男性タイプ」。

つまり、「陽」のエネルギーが盛んで、外に向かって行動できる人が多いのです。

 

 

一方で、反対側の小指の下の部分は、「月丘」と呼ばれています。

「月丘」は、見えない世界のエネルギーと繋がる部分で、感受性の強さを表しています。「女性的」なイメージです。

インスピレーションに恵まれたり、芸術的なセンスがあったり、直感的に物事を決める人は、この部分が発達しています。

また、固定的ではない「大衆」のエネルギーもこの部分が担当です。なので、なぜか人を惹きつける魅力を持っている人も「月丘」が非常に発達しています。

中指に向かう「運命線」の出発部分が「月丘」の場合は、某占い師さんは「アイドル線」と呼んでいるそうです。

「月丘」は、「陰」のエネルギーが盛んで、周囲から受け取る事で、結果につなげていく人が発達しています。

セラピストさんは、「月丘」が非常に発達している人が多いのは、クライアントさんの滞ったエネルギーを吸い取って、引き受けて、自分の体を使って外に放出しているからだと思います。

なので、セラピストさんは、自分の「気の調整」と「自己管理」も、仕事の一つとして心がけておられます。

 

 

手のひらは、その人のその人だけの「景色」です。

 

同じ生年月日に生まれた人でも、例え双子ちゃんであっても、手相はみんな違います。

 

手相をから読み解く解釈は、個人的な行動パターンを知るのに、とても役に立つ「ツール」だと思っています。

 

 

例えば、「自分らしく」頑張りたいと思っている場合

「金星丘」が発達している人は、「行動」ありきで考えます。

具体的な目標を、それを達成する期間など、タスクを次々に達成する事で、エネルギーの強さもどんどん上昇していき、結構大変なノルマであっても、「負けるもんか!」と走り続けて、見事達成できるのです。

 

また、「月丘」が発達している人は、「感情」ありきで考えます。

まずは、どんな時にワクワクするのか。ワクワクする事については、どんな困難でも、困難と認定しません。そして、挫けそうになったら、達成した時、誰と喜びを分かち合いたいのか、誰に「頑張ったね、凄いね」と褒めてもらいたいのか、それを忘れなければ、進み続けられます。

 

 

あなたは「行動派」?それとも「感情派」?

手のひらを観て、手が示してくれる「景色」を感じてみてくださいね。

 

 

 

7月5日お昼過ぎ、天空では、行動の天体「太陽」と感情の天体「月」が、真正面で向かい合います。「満月」を迎えます。

お互いに、しっかりと向かい合い、「太陽」は「月」に、「月」は「太陽」に向かって、言いたいことをはっきりと質問する様。

 

今までの自分の行動は、果たして心から動きたいからなのか。

今までの自分の気持ち通りに、果たして動けていたのか。

 

「月」の年齢域は、0歳から7歳くらい

好奇心旺盛で、自分に素直で、見るもの何でも興味を持つけど、嫌なことには、見向きもしない。「わたしのわたし」

 

「太陽」の年齢域は、25歳から35歳くらい

社会の中でどんどん自分の「立ち位置」を自分らしく、行動する事で掴み取っていく。「みんなの中のわたし」

 

 

今回の「満月」は「月」は、ルールをきちんと守ろうと頑張る「山羊座」のサインで

「太陽」は身近な人、小さな社会・家族を大切にしたい「蟹座」のサインで

それぞれ、向かい合って、サインの「課題」の答えを見つけます。

 

 

誰のために頑張ってきたのか

その人は本当に喜んでくれているのか

それを続ける事で、誰の役に立っていくのか

 

「満月」は「完成」

今までの自分を振り返りつつ、どんどん「無駄」を省いていく事で、「完成」の先の「完成」に向かって進みます。

不要な不安を削ぎ落としていくと、きっと、7月21日の「蟹座新月」に日には、「新しいわたし」に気づくかもしれませんね。

 

 

「金星丘」が発達している人は

誰かのための具体的な「事業計画」の見直しを

「月丘」が発達している人は

誰かがどんな時、最高の笑顔を見せてくれていたのか

 

そんな感じで振り返りをすると、きっとスムーズに進んでいけるはずです。

 

 

今回の「満月」は、きっぱりと向き合わなくてはいけないテーマについて感じてみるのがおすすめです。

 

「月」が滞在している山羊座のサインでは、木星と冥王星が仲良くタッグを組んでいます。

木星は、広げていく。より広く、大きく広げるためには「寛容」であることを伝えてきます。

冥王星は、その広がりには、制限を超え先に、本当の広い世界が広がっていると伝えてきます。

とにかく、広く、今までよりも大きく。広がることを恐れないで。

 

ただし、山羊座には、囲い込もうとする土星も一緒に滞在しています。超えてはいけない「ルール」を守る様に伝えてくるのです。

 

 

安易に距離だけを広げるのは、そろそろ限界にきているから

安易ではなく、見極めて。

広げるよりも深めていく。

明日の「満月」は、たった一人の誰かが、心からの笑顔で「ありがとう」と言ってくれるための「決意表明」が、実は、皆んなも、自分も、笑顔になれることだったんだと、思い知らされる。

 

批判ではなく、未来に繋がる「言葉」を大切に。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。