読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

思い通りに進むことで幸せを掴む人:「専旺干支」:簡単四柱推命講座

ブログ

お誕生日から導き出す「命式」は

生まれた年

生まれた月

生まれた日

生まれた時間

この、4つの「柱」を組み合わせて、一つの「景色」として紐解いていきます。

 

それぞれの「柱」には、十個の「干支」と十二個の「十二支」の二つの組み合わせがあり、全部で60個あります。(六十干支)

 

10個の「干支」の分類は、「木」「火」「土」「金」「水」の五つに分けられています。

「木」・・・・甲 乙

「火」・・・・丙 丁

「土」・・・・戊 己

「金」・・・・庚 辛

「水」・・・・壬 癸

以上のようになっています。

 

 

十二支については

子・・・「水」(壬・癸)

丑・・・「土」(癸・辛・己)

寅・・・「木」(戊・丙・甲)

卯・・・「木」(甲・乙)

辰・・・「土」(乙・癸・戊)

巳・・・「火」(戊・庚・丙)

午・・・「火」(丙・己・丁)

未・・・「土」(丁・乙・己)

申・・・「金」(壬・庚)

酉・・・「金」(庚・辛)

戌・・・「土」(辛・丁・戊)

亥・・・「水」(甲・壬)

以上のようになっています。

 

 

「干支」については、五つの「気」のどれに分類しているか、はっきりと分かれているために、分かりやすいですが、十二支については、一番表面に出やすい「気」に、とりあえず分類はしていますが、カッコの中の「気」も含まれているために、厳密には、はっきりとは分類できません。

 

では、十二支の「気」は、どのように解釈をするのかというと、十二支とセットになっている「干支」や、「命式」の他の「柱」の「気」も併せて、総合的に紐解いていきます。

 

この解釈は、非常に「流動的」であり、何が出やすいかはその人の「性別」「立場」「行動」「巡る運」など、全ての「運気」の影響を受けるため、深くもあり面白くもあり、紐解き甲斐があるのです。

 

解釈は、推命家によっても、流派によっても、もちろん「基本」はありますが、まちまちで、話始めると止まらなくなって議論に花が咲きます。

 

 

「生まれた日」の「干支・十二支」の「柱」は、その人の本質を表す部分です。(日柱干支)

四柱推命での鑑定は、この「日柱干支」を中心にして、読み解いていきます。

 

生まれた日の「干支」と「十二支」が同じ「気」である場合、それは、強弱やタイプは違ったとしても、「私らしく生きていきたい」とする人です。

 

それはなぜかと言うと、「干支」は、外に向かう「行動」として、「十二支」は、心の中の「思い」を示しているからです。

つまり、「干支」と「十二支」が同じ「気」である場合は、「行動」と「思い」が一致していると解釈することができます。

 

 

これを「専旺干支(せんおうかんし)」と呼びます。

思ったことがそのまま現れる「わかりやすい人」でもあるし、自分の思うままに受け止める「とても素直な人」とも言えるのです。

 

例えば

「丙午」の人は、行動も思いも、燃える情熱の「火」の人

頭に血がのぼったら、思いのままに、言葉にするし、炎が広がって人に影響を与える様に、その人の行動は、人の心にも「情熱の炎」を灯します。

 

 

対人関係の築き方も、日柱干支から読み解くことができます。

 

日柱干支が「専旺干支」の人は、非常に素直に、相手を大切にはしてくれますが、自分も同じ様に大切にしています。

なので、「わたし」も「あなた」も同じ様に。

そのスタイルが落ち着きます。

 

なので、「わたし」も楽しいし、「あなた」も楽しい。

「わたし」も頑張るし、「あなた」も頑張る。

恋人とも「お友達」感覚で接する人です。

 

なので、頼りにすると、「それは、あなたの問題だから、とりあえず自分でやってみたら」とちょっと冷たいかもしれません。

でも、問題を解決した時には、自分のことの様に喜んでくれます。

 

「木」の気の人は、向上心を大切にする人

「火」の気の人は、愛情たっぷりの人

「土」の気の人は、家族を大事に守る人

「金」の気の人は、感性にこだわる人

「水」の気の人は、自由を守ってくれる人

 

これがネガティブに出た時には

「木」の気の人は、ダラダラしていたらイライラされる、そして、お節介になる。

「火」の気の人は、愛情が感じられないと、ヤキモチをやく、そして、鬱陶しい。

「土」の気の人は、心配に拍車がかかり、あれやこれやとチェックしてくる。

「金」の気の人は、自分が嫌いなことを相手がすることが許せなくなって、自分の思い通りに動かそうをしてくる。

「水」の気の人は、気持ちがコロコロ変わるから、何を考えているのかわからなくなってしまう。

 

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

ただし、「例外」もあります。

 

「己丑」の人は、「行動」の気で、「思い」の気をコントロールしようとする関係性なので、独立独歩なマイペースな人。なので、必要以上には心配をしません。

 

「戊戌」の人は、反対に、「思い」の気で、「行動」の気をコントロールしようとする関係性なので、なんでも自分で解決しようと頑張ります。なので、甘えに対しては、ちょっと厳しめかもしれません。

 

 

日柱干支は、「個人的」なタイプを表します。

日柱干支が「専旺干支」の人は、ぜひ、プライベートでは「思いのままに」お過ごしくださいね。

そして、「思いのままに」過ごせる「場所」を大切に、守っていきましょう。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。