読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「占い」を受けるうスペシャリストになる方法:占い師は、どうしてあれこれ質問をするのか

ブログ

「占い」を受ける時、絶対にやって欲しい事があります。

それは「対話する」事です。

 

 

鑑定の時に、鑑定士は様々な「過去の出来事」を確認する質問をします。

それは、「過去」を探って、その「過去」の運気と照らし合わせていく事で

どのサイクルやどんな「気」が来ることにより、その人がどんな風に受け止めて

どんな「化学反応」が起こりやすいかを確認しています。

 

そのために、必要な情報をもらっているのです。

 

 

運気の流れはとても複雑で、生きている間に全く同じ運気にのる事はありません。

それこそ「一期一会」の出会いの連続ではあります。

ただし、似通った運気は、サイクルが巡るとやってきて、似通った運気と同じ様なサイクルが再び巡ってきた時の、「化学反応」を予想していきます。

 

 

鑑定士が知りたいのは、「どんな事が起きた」だけでなく、もう少し踏み込んで

「それでどう感じたのか」そして「それから、どんな行動を起こしたのか」

それを知る事で、同じサイクルや似通った運気に対しての、受け止め方を模索していきます。

 

 

なので、できれば、「正直」に。

ただし、言いたくない事までは、もちろん言わなくても大丈夫ですよ。

 

「対話」を通して、「過去」を共有して、それから「未来」の可能性を、一緒に探っていきましょう。

 

 

「個性」はその人の大切な「核」なので、変える必要はありません。

変えるのは、「個性」を否定するので、やはり、辛くなるし上手く進まなくなります。

 

例えば、「視野が狭くなる」タイプの人の場合

「視野が狭くなる」事で、一点集中できて、壁を突破できますが

「視野が狭くなる」事で、「死角」が膨らんでしまい、大切なものを見落としてしまいます。

上手く行く時、そうではない時、どちらも「視野が狭くなる」

なので、視野を無理やりこじ開けて広げてしまうと、一点集中できなくなって、壁を突破できなくなってしまうのです。

 

 

「過去」の出来事を、一緒に紐解いて行くと、上手くいった時の「状況」や、逆に、上手くいかなかった時の「状況」を運気と合わせて、どんな「景色」が広がっていたのか見えてきます。

 

 

一番確認したいのは、「思い」です。

 

 

「思い」の詰まっていない「行動」は、ただの「物質の移動」にしかすぎず

強い風が吹いたら、たちまち吹き飛ばされてしまう。

中身(思い)がぎっしり詰まっていたら、吹き飛ばされずに留まって

風が弱くなった隙を見て、動けます。

 

 

どんなサイクルが来た時に、どんな「思い」が湧いてきて

どんな運気が来た時に、どんな「思い」を形にしたいと願ったのか。

それが良い方向に進んだのであれば、似た様なサイクルや運気が来た時

再びチャンス到来で、前回と似た様なパターンで計画を立てて

そうではなかった場合には、そうではないパターンを考えていく。

 

 

 

向かい合って、言葉を交わして、巡りを共有し

なぜ、その波にのる事ができたのか

なぜ、その運気を引き寄せる事ができたのか

どうして上手くいったのか

一緒に考えていきましょう。

 

 

だから、あなたの「思い」を、真正面からぶつけて欲しいと願っています。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。