読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

<今週のアロマブレンド>ローズ・ジャスミン:愛される事でこそ強くなれる:「最強」の贅沢な香りを余す事なく感じる:オイル美容の勧め

ブログ

<今週のアロマブレンド>

・ローズ

・ジャスミン 

 

もしもあなたが、アロマが好きで、アロマの香りを楽しんでおられるならば

この二つの精油の名前を聞いた瞬間に

「そんな贅沢なブレンド!!! 凄すぎる♪」と感想を持たれるはずです。

 

ローズもジャスミンも、精油を集めるために、多くの手間と、そして、なんといってもたくさんの花が必要なので、とても「高価」になってしまうのです。

「本物にこだわる」商品を販売しているブランドでは、小瓶一本が、2万円以上の値段で販売されています。

本当に「高価」であり、それだけに、憧れの香りでもあります。

 

精油については、値段が高いから「良い」わけではありません。

自分が気に入って、心地よさを感じる香りが、最も自分に「必要な」香りなので、値段にはあまりこだわらなくても良いです。

 

 

が、しかし、歴史上「美」を欲しいままに手に入れた「美女」たちの逸話には、たいてい「薔薇の香り」が登場し、また、高級ブランドの「名香」には、ローズとジャスミンのどちらか、または両方が贅沢に使用されています。

 

「美」を最大限に引き出して、輝かせてくれる香り。

 

今週は、「贅沢」にそして「自分だけのために、ひっそりと使いたい」

そんなブレンドです。

 

 

 

日常的にマスクをつけて過ごし、紫外線を浴び、暑さでふやけそうになる・・・

そんな日々は、体も疲れてしまいますが、肌も疲れて元気がなくなりしぼんでしまう。

 

 

肌も「戦闘体制」となるために、表面が厚くなりゴワゴワしてしまいます。

ゴワゴワすると、化粧水の染み込みが悪くなり、どんなに高価な化粧水を浴びるほどはたいても、吸い込んでくれなくなっていきます。

 

そこで、最近の「マイブーム」は、洗顔後に「アルガンオイル」を一滴ほど、疲れた肌に伸ばして、それから化粧水をパッティングする方法です。

 

精油(アロマオイル)は、油分に溶ける性質があります。

なので、「アルガンオイル」に精油をポトンと垂らすと、香成分が入った「お手製アルガンオイル」が完成します。

 

せっかくのローズとジャスミンなので、毎日楽しむために、アルガンオイルに溶かしてみました。

 

 

贅沢ブレンドは、芳香浴で使うよりも、ぜひ、余す事なく全て吸収したいですね。

 

 

まずは「アルガンオイル」を専用ボトルに詰めて

それから、精油を垂らします。

 

ローズもジャスミンも、使用するのは一滴づつ。

特にジャスミンは、とてもパワフルな香りなので、控えめに使いましょう。

 

 

 

顔だけでなく、もちろん全身使えますよ。

シャンプー後のヘアケアにもおすすめです。

 

 

こちらの「香りのアルガンオイル」は、やなぎだ化粧品店で、お作りいただけます。

その他、「オイル美容」についても、ご興味がおありでしたら、お店にお問い合わせくださいね。

 

「香りのアルガンオイル・体験レッスン」(アロマオイル2滴使用)は、3300円で受けていただけます。

(会員特別割引あり)

 

 

ちなみに、「ローズ」の場合、一滴は600円くらいだそうですよ!

 

 

長く愛されている「ローズ」と「ジャスミン」には、共通の「効能」があります。

 

それは、「陶酔する」こと。

 

芳しい香りに包まれると、日常のモヤモヤがふんわりと消えていき、固く閉ざされた心が解き放たれ、優しい「夢」の世界に溶け込んで、大きく両手を広げて、全てを受け止められるほどの「器」を手に入れたよう。

心が柔らかくなれば、柔軟さが増し、外からの攻撃を、「吸収しつつ跳ね返す」ように、「弾力」で戦えるようになります。

しなやかであり、張りがあり、それは、決して折れる事なく、揺らいでいられる。

 

 

今、求められている強さとは、頑なでなく、弾力のある強さのような気がしています。

 

 

一日の終わりに、ぜひ、大切な「お顔」を両手で包み込んで、肌と肌の「対話」を感じてみましょう。

弾力は、内側からのエネルギーが、外に向かって放たれた時のみ生まれます。

肌は肌に触れる事で、触れられる事でのみ、癒され愛を感じます。

そして愛される事で、外に向かう強さを生み出していけるのです。

 

強く勇ましく戦っていくために、「陶酔」に浸りましょうね。

 

心地良い香りは、そのお手伝いをしてくれます。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。