読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「秋分」から「陰」が勢力を増していきます:「陰陽理論」と「占い」との関係性

ブログ

今日は「秋分」の日

 

「秋分」とは、二十四節気のひとつです。

二十四節気は、太陽の動きを24等分したもので、約15日間ごとに分け、その時の季節のシンボルを示しています。

 

その中で「秋分」は、昼間と夜の長さが同じになります。

そして、この日を境にして、これからは、夜が長くなっていきます。

 

 

全てのものは、「陰」と「陽」の要素があり、太陽が出ている昼は「陽」で、太陽が沈んでいる夜は「陰」です。

 

 

つまり、「秋分」の日は、「陰」と「陽」の長さが同じ。

ちょうどバランスが取れている状態の日となります。

 

 

「陰陽」は、相対的なものであって、どちらか一方だけでは、全体として構成できません。そして、気が常に動いているように、「陰陽」のバランスも、常に動いています。

ある一定の「全体」を保ちつつ、量的にまたは質的に、大きさを変えることで、両者はバランスをとっています。

 

この理論は、東洋思想の根本となる、とても大切な理論です。

 

四柱推命においても、まずは、この陰陽について学びます。

暦を解釈する時には、必ずこの「陰陽」のバランスを紐解いた上で、暦の解釈をしていきます。

 

 

右肩上がりに発展していくことが「吉」とされる昨今では、「陽」の方が人気があって、「陰」は残念な気だと感じておられる方がとても多いです。

 

「命式」の「日干支」が、「陰」の場合、「それって、良くないの?」とか「陽のほうが成功しそう」と言われてしまうことがあります。でも、全然そんなことはなくて、「陰」は「陰」なりの良い面とそうではない面があり、「陽」もまた同じです。

 

ここにも、「陰陽」の両方が存在しているのです。

 

 

「良い面」とは、ポジティブな化学反応が起こる時で、「悪い面」はネガティブな化学反応が起こる時なのですが、実は、ポジティブもネガティブも、化学反応を起こす「シンボル」は同じなのです。

ただし、「良い感じ」に、そのシンボルが発動した場合には、ポジティブに、逆に、強過ぎたり、偏り過ぎたり、良い感じに発動できないとネガティブとなります。

 

 

つまり、「長所」と「短所」は同じで、発動の方法が適切であるかどうかで、良し悪しが決まります。

 

 

なので、「短所」を封印しようと押さえ込むことは、せっかくの「長所」を否定していることです。

できれば、「長所」をのびのびと活かしていく方法を考えた方が、建設的なのです。

 

 

 

「陰」と「陽」の具体例を挙げてみますね。

 

<陽>     <陰>

 天       地

 太陽      月

 昼       夜

 上       下

 熱       寒

 動       静

 明       暗

 春・夏    秋・冬

 男       女

 背部      腹部

 皮膚      筋骨

 表       裏

 六腑      五臓

 

 

まだまだありますが、きりがないのでこの辺りで。

並べて比べると、イメージが捉えやすいかと思います。

 

 

 

もう少し、深く陰陽をイメージしやすいように、「五臓」と「六腑」について説明をしますね。

 

「五臓」とは

「肝・心・脾・肺・腎」のことで、西洋医学で言うところの「臓器」とは、ちょっとニュアンスが異なんですけど、まあ、似たようなものだと思ってくださいね。

五臓は、「陰」です。

五臓は、気を貯蔵してくれるので、気が詰まっていると考えられています。しっかりと中身が詰まっている状態が良い状態で、五臓が弱った時には、「虚」の状態。つまり、スカスカになってしまうと「病気」であるとなります。

 

 

「六腑」とは

「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」

(「三焦」は、東洋医学独特のもので、実際には、臓器としてはありません)

六腑は、「陽」です。

六腑は、中空です。そして、飲食物を受け入れて、六腑を通過することで消化し、栄養を吸収、排泄をします。つまり、「空」の状態が良い状態で、「実(じつ)」(中身が詰まった状態)を「病気」であるとなります。

 

 

「五臓」と「六腑」の関係性から、「陰陽」の関係性を紐解いてみると

「五臓」の中に詰まった「気」を、「六腑」が動かしていく。

つまり、「陰・物質」を「陽・機能」で、エネルギーへと変えていく、となります。

 

 

例えば、「陰」がなかったら、いくら「陽」が頑張ってみたことろで、そもそも動かす「気」がないために、空っぽのガソリンタンクのまま、車を走らせようとするようなものです。それは、無理。できません。

また、「陰」はあっても、「陽」が詰まっていた場合は、堰き止められた川に水が流れようとしてるようなものです。これも無理。川が氾濫してしまいます。

 

 

「陰」も「陽」も、どちらもなくてはならない。

そのどちらを、前面に押し出すのかは、その時によって「良い感じ」で操作していくために、暦を紐解いたり、流れる運気を観ていくのが「占い」です。

 

 

 

「秋分」からは、「陰」が充実していきます。

なので、ぜひ、「陰」を意識してみてくださいね。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。