読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

同業者がいっぱい増えることは:「占い」を仕事にする

ブログ

「自分のことを自分で鑑定できる人を増やしたい」

その思いで、スクールを立ち上げました。

 

人は、自分で決断したことに対して、自分で責任を取ろうとします。

 

他人から言われて決めたことは、「その場のノリ」で決めてしまうので、しばらくすると忘れてしまったり、困難に遭遇した時には、「その場のノリ」で諦めてしまいます。

 

 

自分で鑑定ができる様になると、大切な人の運気の流れも鑑定してみたくなります。

 

自分で鑑定し、自分で決めて流れに乗ると、物事がスムーズに運ぶことを体感できるので、それを伝えたくなるのです。

 

そして、また、伝えられた人も、流れを体感し、伝えたくなります。

 

 

「同業者を増やすことは、ライバルを作ることになる。」

 

そんな御意見もいただきました。

 

それも一理あるかもしれません。

 

 

私が大切にしているのは、「お客様」です。

 

お客様にとって、最も良い「結果」を提供することができるか、そのことをいつも考えて鑑定をしています。

 

私が目指している「結果」とは、「鑑定を受けていただくことで、自分で決断するきっかけになる」ことです。

 

そのために、暦の流れを深く伝えた方が良いのか、タロットカードで「ストーリー」をお話しした方が良いのか、オラクルカードやカラーカードで視覚から理解してもらう方が良いのか。

お客様に合わせて、提供するものを選び、説明の仕方や、話し方も変えています。

 

「ライバル」が増えると、お客様の選択肢が広がります。

人間関係には相性があるので、私ではなく「ライバル」の方が、「良い結果」を出せるのであれば、お客様にとっては良いことだと思うのです。

 

「ライバル」が気になる時には、ベクトルが「ライバル」に向いています。

「ライバル」にベクトルが向いていると、私が目指している「結果」を出すことができなくなってしまいます。

 

なので、同業者が増えることは、私にとっては「お客様の選択肢」を増やすことになり、私が目指す「最も良い結果」を出すことにつながると思っています。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。