読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「欲張りな籠」を持って遊びにいきますね:國吉磨寿美 個展 『墨を磨る』

ブログ

パソコンを使い始めてから、字を書く機会がぐんと減ってしまっているなと思います。

ただ、あまり字を書くのは、得意ではなく、できれば、キーボードをたたいていた方が性に合う。

しかも、「漢字」が思い浮かばなくなってきて・・・・

ますます字を書くのが遠のいてしまう。

 

 

でも、「漢字」には、ちゃんとした「意味」があって、その「意味」を知ると、改めて「言葉」を大切に扱いたいなと思えてきます。

 

 

例えば、「知る」

「矢」と「口」を合わせてできたこの「漢字」は、ちゃんと自分の口から、まるで「矢」を放つかのように、バシッと説明できないと、「知る」なんて言うのはおこがましいよ、と言われている気がしてきますね。

だから、伝わらない「知識」は、「知る」とは言えない。

 

 

「暦」もすべて「漢字」で表現されています。

「命式」を記入する時には、しっかりと、一つ一つの「字」と向き合いながら、八つの「字」を書き記し、「命式」を完成させなくては。

それが、「命式」に対して、誠意ある態度で向き合うことでもあり、「命式」もきっとそれに応えてくれるのではないかなと思います。

 

 

 

「一日一回、自分の名前を丁寧に書くと良いよ」と、書家である友人の國吉磨寿美さんが、以前私に教えてくれました。

 

磨寿美さんは、書道教室で指導される時、字が上手く書けるかどうかより、「自分らしく」書けるかを、大切に指導されています。

 

なんでも、書いた「字」から、その人となりがわかるそうです。

それで、早速、私の書いた字も見てもらったんですが

「もったいない・・・もっと丁寧に!」と言われてしまいました(汗)

その時に、「名前を丁寧に」と言われたのです。

 

 

名前は、最初にもらう「ギフト」です。

それは、誕生を喜んでくれ、成長を願って授けられた「ギフト」です。

だから、名前を丁寧に書くと、「ギフト」を大切にすること。そうすると、名前が優しく「応援しているよ」と応えてくれる気持ちになれて、「運気」が上がっていくそうですよ。

「運気」が上がるというか、スムーズにその人らしく、流れるそうです。

 

 

「杏香」と名前を入れてもらった一閑張りの籠は、磨寿美さんに作ってもらったものです。(私物です)

この籠が、私のもとにやってきた時のことを、以前ブログに書いています。

もし良かったら、こちらも読んでみてくださいね。☆☆☆

 

 

 

 

明日から4日間

磨寿美さんの個展が開催されます。

 

 

真っ黒な墨で、真っ白な紙に、文字を書く。

それは、決して修正することができない、たった一回限りの作業です。

その、一回限りの「一期一会」の作業の繰り返しで、一つの「文字」が完成します。

 

磨寿美さんが、紙に向かい書いている「姿」は、周囲を寄せ付けない「気迫」を感じます。それは、普段の彼女とは、全く違う「姿」です。

とても静かで、穏やかで、でも厳しくて、近づけない。

まるで、時間がそこだけ止まっているかのよう。

 

 

 

何かを生み出す時の「元型」とは「気迫」なのかもしれませんね。

 

 

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。