読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

11月のおすすめ「吉日」:「天赦日」「一粒万倍日」「寅の日」と「甲子」

ブログ

とりあえず良い日を選ぼうと思った時

まず第一候補として上がるのは、「天赦日」です。

 

この日は、「百神が天に昇り天が万物の罪を赦す」と言われていて、「何をしてもオッケー」ではあるんですが、実は、神様がパワーを与えてくれるのではなく、「赦してくれる」だけなので、頑張るのはやはり「自分」と言うことではあります。

 

その次に、候補として上がるのは、「一粒万倍日」です。

 

この日は、「一粒のモミが万倍にも増える」日として、何かを始めるのも良いんですが、これから「発展」させたい時には、おすすめの日になります。

 

 

ただし、これも、勝手に自動的に「発展」するとは、どこにも記されてはいないし、実は、全て「発展」がキーワードとなるので、この日にお金を借りると、借金が「発展する・・・・」とも解釈できます。

それは、ちょっと、勘弁して欲しい・・・。

また、人にものを貸すのも、同様の意味で、避けた方が良いとされています。

 

この日が、他の「吉日」と重なっている場合は、その「吉日」の効果も万倍パワーとなるんですが、逆に「凶日」の場合には、これまた同様に万倍パワーが発動してしまいます。

 

 

なので、本当に「全てがオールオッケー」とはなかなかいきません。

あまりにも「良い日」にこだわりすぎると、スケジュールを組む時、キリがなくて大変になって、かえって流れを堰き止めてしまうことにもなりかねない。

 

 

何事もほどほどに。

良いも半分、悪いも半分

この感じが一番かなと思っています。

 

でも、やっぱり、「一粒万倍日」だと、ちょっとワクワクしてきますね。

 

 

今日は「一粒万倍日」です。

残念なことに、「三隣亡」と一緒に巡ってきました。

 

「三隣亡」とは、この日に、棟上げや建築をすると、向こう三軒両隣まで焼き滅ぼす・・・・と言われている日。

焼き滅ぼすなんて・・・もう少し違う言い方もあるんじゃないの、と言いたくなってしまうほど、「不吉」な気分にさせられますね。

 

でも、江戸時代の一部の書物には、「三輪宝」と記載されてあり、「建物や蔵建てには良い」と記されているそうです。

これは、全く「逆」の言い分で、結局どう言うこと?と、昔の人に詰問したくなりますよね。

 

 

 

「金運の良い日」として知られているのは、「寅の日」です。

 

「寅」はとても勢いがある気を宿していて、「これからどんどん増えていくぞ」と大きく発展していく様のシンボルです。

それから、「寅」は「千里行って千里戻る動物」だと言われていて、旅立ちにも吉とされます。

 

この日に新しいお財布を使い始めると、お財布の中身が膨らんでいくとも言われ、「金運アップ」にはおすすめの日なんですよ。

「寅」が、たくさんの「お金」を持って遠くから戻ってきてくれる、そんなイメージが湧いてきますよね。

 

 

「天赦日」・「一粒万倍日」・「寅の日」が三つ揃えば、「最強の発展」が望めそう。

 

そんな「最強の日」は、なかなかないんですが

来月11月はどうなのか、調べてみました。

 

 

11月1日(日) 「天赦日」 出だしからいい感じですね
11月2日(月) 「一粒万倍日」 でも「不成就日」も一緒なので残念・・・
11月7日(土) 「寅の日」

11月14日(土)「一粒万倍日」
11月15日(日)「一粒万倍日」 しかも新月(蠍座)へそくりが貯まりそう!
11月17日(火)「天赦日」 スタートにオススメの「甲子」も重なります
11月19日(木)「寅の日」
11月26日(木)「一粒万倍日」またまた残念なことに「不成就日」も一緒に・・
11月27日(金)「一粒万倍日」

 


 

私が一番好きな日は、「甲子」です。

 

60個の「干支」が(六十干支)の一番最初のトップバッターは、「甲子」です。

「甲子」から、始まって、60タイプに「気」が巡っていきます。

始まりの第一歩が、この「甲子」と言うわけなんです。

 

何かをこれから始めたい時、小さな「芽」が出る。とても小さな「芽」なので、これから「60」個の気に乗せていき、育てていきます。その最初の日。

「甲」は「木・陽」で、真っ直ぐ上にパキッと顔を出す。それから「子」は清らかな「水」が枯れることなく湧き出て流れていく。「水」をたくさんもらって、「木」が育っていく様子が「甲子」です。

 

 

なので、11月は、17日が個人的にはオススメです。

ただし、神様が助けてくれるわけではなく、「木」が大きく育つには、「太陽の光」(火の気)が必要なので、「情熱を持って自分で頑張る」人にとっての「吉日」です。

 

 

良かったら参考にしてくださいね!

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。