読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

心に温かい「灯」をともしましょう:11月の「テーマ」は「刀鍛冶」です:「火」と「金」

ブログ

今月の「花の定期便」は、「明るく元気に」をイメージしてアレンジをしてもらいました。

 

燃える赤に限りなく近いオレンジ系のガーベラと、ふんわりとしたピンクとオレンジのグラデーションが綺麗な薔薇がメインのアレンジです。

 

 

オレンジ系のガーベラは「太陽」

ピンク系の薔薇は「灯」

 

 

「太陽」と「灯」は、ともに「火」の気を宿しています。

「火」の気は、熱量を運んできて、その場を明るく熱くしてくれます。

頑張りたい時や、挑戦したい時、熱い想いがないと、上手くいかない。

それは、「火」が広く熱を広げていくように、光が四方八方に広がっていくように、大きくして広がる様は、「熱い」ことが必須条件となるからです。

 

 

「太陽」は、「火」の陽

「灯」は「火」の陰

 

 

今回のアレンジは、「さあ、やるぞ!」と、ガツンと熱くなれますね。

頑張らねば!

 

 

 

2020年の気は「庚子」

「庚」は「金・陽」 「子」は「水・陽」

どちらも、とても「冷たい」気なので、まったく「熱い」要素がありません。

 

運気は、節分で変わるので、「庚子」は今後3ヶ月ほどあります。

なので、まだまだ冷たく凍えるような気が、巡っています。

そんな寒々しい気は、きっと悪いんじゃないかと感じてしまうかもしれませんね。

ネガティブに解釈をすると、そうなります。

 

ただし、「金」は、境界線をはっきりと切り分けてくれて、「水」はスッキリと流してくれる。

つまり、無駄なことは、崩れて流れて、軽くなる。そして、本来の「姿」に戻れる。

そんな風にも捉えることができるのです。

 

 

清らかな水が、金属を洗い清め、その金属は、まるで「刀」のように鋭く光っていて、その「刀」でパシッと竹を斬る。

 

とても美しくもあり、とても怖い。

でも、「洗練された本来の完成の姿」こそ、「庚子」の景色です。

封印していた「不都合」や、中身のない「形」も全て、流れる「水」に露にされます。

 

 

月の気は、11月は「丁亥」 

11月の気は、7日で切り替わるので、もうそろそろ、次の気への準備を始めましょう。

 

「丁」は「火」の陰  「亥」は「水」の陰

 

月の「気」は、一年の「気」よりも、身近に感じる「気」なので、具体的な行動計画用に使い勝手が良いと思います。

 

「年運」と「月運」とは、単体では巡らずに、常に一緒です。

「庚」と「丁」は「表面上の景色」として

「子」と「亥」は「内側の見えない景色」として

「チーム」としてやってきます。

 

 

「庚」と「丁」が一緒になると、「丁」が「庚」を攻撃します。

金属が火に炙られて、強い火の場合には、真っ赤になって、溶かされて、硬い金属が柔らかくなってしまいます。

名刀と言われる刀は、熟練の技の刀鍛冶により、火に炙られながら、打たれながら、唯一無二の名刀になっていきます。

 

熱くなりすぎた時、「子」と「亥」が、ジュっと冷ましてくれます。

 

 

11月の景色は、「必殺・刀鍛冶」です。

 

 

 

もしも、今、「形」に不満がある、「形」を変えたい、変わりたい。

そんな気持ちがあれば、やっと、「形」を溶かして打ち付けて、変えていく「気」が巡ってきますよ。

 

大切なのは、「熱い想い」と「繰り返し打つ」こと。

 

だから、諦めないで。

心の中の「灯」を守っていきましょうね。

 

 

今月は、自分にとってはどんな運気が巡るのかを、簡単に紐解くには、生まれた日に巡っていた干支(日柱干支)と、巡ってくる干支との関係性から読んでいきます。

 

それでは、11月の「日柱干支」別の運気を読んでいきますね。

 

「日柱干支」が「木」の人

「火」は「木」が多いと勢いを増して燃え広がります。

自分の気持ちを、素直にそのまま出せる、または、出したくなる。

楽しい事を楽しむ。

感情的になってしまうと、「余計な一言」が出やすいので要注意。

 

「日柱干支」が「火」の人

「火」と「火」で「火」がたくさん。

新しい事を始めるのには、とっても良い時期です。

手をあげて、「私はここにいます」と主張しましょう。

 

「日柱干支」が「土」の人

「火」が燃えると「土」になっていきます。つまり、「土」を育ててくれる。

「吸収する」「充実する」がキーワードです。視線は内向きに。中身重視です。

気分がざわざわするものには、触れないように。そのまま吸い込んでしまうから。

 

「日柱干支」が「金」の人

まさに、「刀鍛冶」状態。

試練をチャンスに変えられる時。だからこそ、白か黒かなんて言わないように。

変えたい形にこだわって、「結果」ではなく「結果」の先を見据えて。

一喜一憂している暇はありません。

 

「日柱干支」が「水」の人

「水」は「火」を攻撃して消すことができます。

しかも、今年の「水」は強いんです。なんと言っても「子」の心が支えてくれているから。

目標は具体的なほど、掴めます。自らの手で掴みましょう。

間違っても、心の「灯」は消さないように、バランスを意識しましょうね。

 

 

心に「灯」を。

素敵な11月をお過ごしくださいね。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。