読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

今日は「満月前夜」明日は「双子座・満月・半影月食」:「満月」と「水星」と「木星・土星・冥王星」

ブログ

明日11月30日は「満月」です。

夕方頃に半影月食になるそうですが、「食」の「満月」はパワーが強いとも言われています。

 

「柔軟宮・風」の双子座で、「食」の「満月」となります。

 

 

地球を中心とした惑星の「立ち位置」を示したものを、「ホロスコープ」と言います。

「満月」の「立ち位置」は、「太陽」と「月」が、地球を挟んで180度に交わること、つまり、真正面に向かい合います。

 

「太陽」は「月」を真正面から照らし、「月」は「太陽」の光を最大限に浴びます。

 

 

「太陽」は「陽」

「月」は「陰」

 

 

「満月」とは、「陽」は「陰」の中身を露わに照らし出し、「陰」は「陽」に向かって、受け取った光をそのまま反射して返そうとします。

 

「太陽」は行動を促し、「月」は感情に波を起こします。

明日は、「行動」と「感情」が、お互いに刺激し合いながら、「行動」は「感情」に動かされ、「感情」は「行動」を動かそうとします。

 

「双子座」は、好奇心旺盛で、面白いことやおしゃべりが大好きな「星座」です。

つい、うっかり、口が滑ってしまった・・・・となってしまわないように

「お口」には注意が要るかも。

 

でも、楽しそうなことを見つけたら、「余計なこと」をその場に置いて、手を伸ばしてみるには、良いタイミングかもしれませんね!

 

 

 

2020年の「ホロスコープ」は、ざわついています。

 

それは、社会的なシンボルをもつ「土星」と「木星」が、とても近くにいるのです。

そして、これから限りなく近づいていきます。「0度」で交わる、コンジャンクションと言われる状態になっていきます。これは20年に一度起こる現象です。

発展のシンボルである「木星」は、大いなる「陽」

固めるシンボルである「土星」は、大いなる「陰」

大いなる「陽」と、大いなる「陰」が結びついていて、良くも悪くも「強調」します。

 

例えるならば、「ダンスアンドハンマー」の状態となっています。

 

その「土星・木星」の塊は、コミュニケーションの天体である「水星」を押し上げるように応援しています。

 

 

「思い」を「言葉」にして伝えると、そこから何かが始まるかもしれない。

だから、自分の「感情」だけではなくて、伝えたい相手を思いやる気持ちを添えて、「思い」を「言葉」にしてみましょうね。

 

 

「光」も「闇」も、明るみになるからこそ

伝わる「言葉」があると思います。

 

 

「双子座」のキーワードは、「身近な場所」です。

だから、「大きなこと」よりも、「小さなこと」を大切にしてみると良いと思います。

 

 

実は、「土星・木星」の塊には、もう一つのとても大きな惑星も、くっ付いています。

 

占星術で取り扱う惑星の中で、一番ゆっくりと地球の周りを回る「冥王星」も、塊に参加しています。「冥王星」は、なんと、約250年もの年月をかけて、地球の周りを一周します。

 

占星術では、公転周期の長い天体が、周期の短い天体に影響を与えると解釈をします。

 

「冥王星」のシンボルは、抜本的な「再生」です。

ただ、「冥王星」は、あまりにも長い周期なので、個人的にはあまりピンとこないことが多いです。

「何となく、時代が変わった・・・・」といった感じに、じんわりと感じる天体です。

 

この塊は「山羊座」に位置しているのですが、来月から相次いで、次に待っている「水瓶座」に移動していきます。

 

 

目の前の状況が、全く変わらないと感じて、煮詰まっていたとしても

星空は、こんなドラマティックな動きを、粛々としています。

 

大きな流れが変わる時、個人的には感じにくいのですが

それでも、少しでも、流れを意識してみると、今までと違った「景色」が広がっていく「過程」を感じ取れるはずです。

 

 

きっと、これから、変わっていきます。

 

 

 

明日は、「満月」を眺めながら、目の前の「壁」のその先を、「想像」してみませんか?

「双子座・満月」の日だから、きっと、面白そうな「想像」ができますね。

 

 

そして、何でも良いから、とりあえず「面白そう」ができる方法を、一つ試しにやってみると良いですね。

出来なくても、調べてみるだけでも、大丈夫。

調べるもの、立派な「一歩」

 

 

明日は、ちょっと手をとめて、「満月」を眺めましょう。

風が冷たく寒くなったので、暖かくして、眺めてくださいね。

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。