読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「土」と「水」を想像して流れに乗る「ヒント」を見つけてみましょう:12月「戊子」の解釈

ブログ

今日から12月。

7日から、「月の干支」が「戊子」に変わります。

「戊」は「土」の気で、「子」は「水」の気です。

 

 

十干支である「戊」は「陽」です。

十干支は、「見える景色」としての象徴で、「戊」は「山」の景色です。

 

「陽」は、外向きに広がっていくイメージなので、「土」の「陽」とは

「土」が盛り上がっているために「山」となります。

 

下を支える十二支は、「見えない雰囲気」としての象徴で、「季節」も表します。

「子」の季節は「冬」

 

 

「戊子」とは、「冬の山」となります。

 

 

全ての「占い」の解釈に、当てはまることだと思いますが、「象徴」を掛け合わせて、組み合わせて、そこから、きっと、「こうなって行くのだろう」と、「言葉」として表現をしていくために、「干支」の具体的な「単語」としての「意味」は、もちろん理解しておく必要があるんですが、そればかりに拘ってしまうと、「どうなって行くのだろう」と想像できなくなってしまいます。

 

つまり、解釈においては、「ピンポイント」の理解と、「ほわほわした」イメージ力の両方が求められます。

 

 

「ピンポイント」については、「共通認識」できるので、わかりやすいです。

そして、「ピンポイント」だけで解釈をしてしまうと、「ピンポイント」以外が、当てはまらなくなってしまい、結局、占いもハズレてしまいます。

それよりも、なんと言っても、占うことがつまらなくなります。

なぜならば、「いつも同じ答え」しか出せなくなってしまうからです。

 

 

 

 

「ほわほわ」は、「共通認識」はできません。

それは、皆んな、考えることが違うからです。

「ほわほわ」は、その人の「個性」が出るところで、無限大に広がっていけます。

だから、楽しい。

でも、「ほわほわ」だけで解釈をしてしまうと、占いの信頼度が下がってしまいます。

なぜならば、「共通認識」できないものは、「理解」してもらえない場合もあるからです。

しかも、「ほわほわ」は、いつも言うことが違うので、「この間は右って言ったのに、なんで今回は左なんだろう・・・」と思われてしまう危険性もあります。

 

「ほわほわ」からすると、「右」であろうが「左」であろうが、全くどうでも良い問題で、大事なのは「どうなって行きたいのか」「何がワクワクするのか」のように、とても「抽象的」な「ゴール」を目指しています。

だからこそ、「形」に落とし込む必要が出てきます。

 

 

全ての解釈は、「具体的」であり、かつ、「抽象的」であることが大切です。

 

 

 

12月の「月」はどんな「景色」になりそうなのか、「戊子」について解釈してみますね。

 

 

「戊」は「土」です。

「土」のキーワードは、「育成」「安定」「土台」

植物は、「土」に根を張って、「土」の養分をもらい成長します。

動かない「土」は、どんな「種」も受け入れて、取り敢えず根を張ることを受け入れます。無事に育つかどうかは、助けることはできませんが、それでも、根を拒絶することはありません。

 

「戊」は、「土」の「陽」です。

「陽」は盛り上がる力を持っている気なので、「戊」は「山」の様だと解釈できます。

「山」は、いつもそこにそびえ立っていて、同じ形で、ずっと長い年月、同じ場所に存在します。

「山」は遠くからでも、その姿を臨む事が、できるし、もしかしたら、「山」も、いつも遠くや、ふもとに広がる街を見ているのかもしれません。

「山」には、たくさんの「命」が住んでいます。「命」が生まれ、「命」が失われていく場所でもあります。その過程を、「山」はいつも受け入れています。

 

 

 

例えば、人となりの「景色」である「日柱干支」が「戊」の人だったら

「山」が全てを受け入れるように、とても懐が深い人かもしれません。

何があっても動じずに、いつも、コツコツと、一歩づつ、マイペースに進んでいる人かもしれません。

だから、時々、「気が利かない」とか「優柔不断」と言われてしまう事があって、落ち込んでしまうけど、それでも「愚痴」も飲み込んで、愚直なまでに誠実な人かもしれません。

「戊」の人は、「大器晩成型」と言われています。

それは、長い時間をかけて、コツコツと積み上げることができる人なので、みんなから信頼の目で見られているからです。いつも見守ってくれるし、逃げないし、存在感がすごいから、人に上に立つ立場になる人も多いです。

 

頑固さは、最大の「武器」でもあり、最大の「急所」となります。

それさえ注意をしていれば、着実に、成果をあげて、目標を達成できる人です。

 

 

 

それから「子」は、「冬」です。

冷たい「水」が流れていて、その「水」に触れると手が悴んでしまうかも。

「水」は常に流れていて、その清らかさを保つことができます。

でも、「水」そのものが、自ら動けません。高いことろから、より低いことろを探し当てて、その方向に向かって、流れることで移動できます。

最後には、きっと、大海原に出るはず。そんな希望を胸に秘めて、「水」は、より低く、低く、流れて行きます。

 

「低く」とは、「陰」に向かっているのです。

「陰」は、内側に、中心に向かって、進んでいくイメージです。

 

「水」は「海」を目指して行きます。

人は「海」から生まれた、とも考えられているように、「海」の水の成分と、人の血液の成分とは、非常に近いものがあるらしいですね。なので、「水」は「自分」に向かって流れている。誕生して、外に向かって、様々なことを成し遂げて、最後に「自分」に返ってくるために、「水」が留まることなく流れている。そんな風にもイメージできます。

 

「水」が清らかであるのは、「自分」が清らかであること。

なので、「自分」らしくとは、いつも止まらずに、溜まらずに、動いていること、それは、心にも身体にも言えること。心と体は「ひとつ」だから。

 

そのためには、無鉄砲に流れていては、あまりにも危険です。

「水」は「叡智」の気と言われています。

 

「叡智」とは、ただ単に知識を得るのではなくて、「次につなげる」ための「知恵」をも受け取り、それを、次へと「繫げる」ものです。

 

 

「命式」に「水」が多い人は、じっとできない人が多いです。

それから、冷静だったり、諦めない、ガツガツではないけれど、黙々と進む感じです。

ただし、誰にも止められたくないために、人の言うことは聞かないし、聞いてもすっかり忘れてしまうことも。

方向転換も得意なので、ある時急に、気が変わってしまって、周りが驚いてしまうこともあるかもしれませんね。

 

「十二支」は、行動のタイプより、思考のタイプをより深く観ることができますよ。

 

 

それでは、「戊子」とは

寒い寒い冬の山です。

 

華やかな紅葉の時期、あれだけ賑わっていた山は、ひっそりと静かになりました。

静かな時間が流れます。

木の葉は、すっかり落ちてしまっても、木が休んでいるのではありません。

次の春に向かって、水面下で粛々と、力を蓄え、芽が出る日がくるのをじっと待っています。

 

動物たちも、冬眠しています。

暖かい洞窟の中にこもって、静かに心と体を休めています。

秋には、たくさんの実を収穫したり、食べたりして、忙しかったことを懐かしく振り返りながら、春の陽射しを楽しみにして、静かに休みます。

休みことで、傷ついた部分は修復します。使いすぎた体力も、温存して、春まではゆっくりと過ごします。

 

 

例えば「戊子」の人の場合は

滅多な事では怒らずに、いつも穏やかで、太っ腹な感じの人かもしれませんね。

 

でも、一度「水」が溢れ出してしまったら、「土」を「水」が押し流し、その「水」は濁った濁流となってしまいす。

 

 

 

12月は、「濁流」にならないように、気を付けて過ごしたいですね。

「水」の感情は「恐」です。

あまりにも「不安」に感じるものとは、距離をおいた方が良いですね。

「水」が溢れてしまうかもしれないからです。

動じないで、コツコツと、出来ることに真正面から向き合って、誠実に行う。

触れる「情報」は、「次に繋がる」可能性を持っている、「未来」に向かうものを、選び取っていきましょう。

「叡智」のもとでの「情報」は、とても頼りになるはずです。

 

 

 

外から眺める「冬山」は、厳しそうに見えるかもしれませんが

「冬山」の一員になれば、一緒に春を待ち侘びるものでいっぱいです。

 

 

「戊」と「子」の解釈は、まだまだ「無限大」に広がります。

ぜひ、想像して、妄想して、「戊子」を感じてみてくださいね。

 

 

きっと、あなたがあなたの流れに乗る「ヒント」が見つかります。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。