読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「試練」と「苦労」:「運が良い人」はきっとこんな人

ブログ

仕事を始める前に、時間があるとピアノを弾きます。

 

しっかり練習をしていた子供の頃のようには指は動かないけど、好きな曲を好きな様に弾くのは、とても楽しく、気分が上がります。

 

 

 

コンクールは嫌いでした。

 

コンクールでは、「型」を求められます。

好きな曲ではなく、課題曲を。

好きな様にではなく、審査の基準を満たす様に。

 

先生のレッスンも、「嫌々させられている」と思いながら指導を受けるので、結果は散々なものでした。

 

 

散々な結果も、自分の練習不足は棚にあげ、「認めてもらえない」と人のせいにしていました。

 

発表会は好きでした。

 

先生は、私が弾きたい曲を弾かせてくれました。

弾きたいように弾かせてくれました。

 

「こんな風に弾きたい」「もっとこんな感じにしたい」

レッスンの時、自分から先生にお願いして、指導を受けていました。

 

 

上手に弾けたかどうかは別として、それでも、自分では一生懸命弾いて、弾き終わった後は満足感でいっぱいでした。

 

 

 

何かを成し遂げたい時に、避けて通ることができないのが「下積み」です。

 

上手にピアノが弾けるようになるための、地味な指の練習だったり

きちんと形にするまでの、情報集めや勉強だったり

試行錯誤の繰り返しの連続が続きます。

 

それは、辛い時期ではありますが、成し遂げた時には、「素晴らしい思い出」として、「結果」に花を添えてくれます。

 

 

 

 

「出来事」は、「気の循環」から生まれます。

 

「自分」を中心として、「人」「環境」「社会」に「気」のサイクルを巡らせます。巡らせる方向で、「出来事」が自分にとってどう影響を及ぼすかが違ってきます。

 

同じイメージ(波動とも言います)の気が、「自分」と「自分以外」との間をグルグルと巡っているのです。

 

「下積み」を、乗り切ろうとした時に、それを「試練」と捉えるのか「苦労」と捉えるのかで、「結果」が全く違ってきます。

 

 

「試練」とは、「自分」から「自分以外」に向かって、行動をすることです。

 

「人を笑顔にしたい」

「環境を良くしたい」

「社会の役に立ちたい」

 

 

そんな思いでいっぱいの「気」を外に向かって放ちます。

そうすると、同じ「気」が、外から「自分」向かって注ぎ込みます。

 

自分が笑顔になった

自分が良くなった

自分にとって良いことが起きた

 

「試練」は勇気を与えてくれます。

「試練」はチャンスを与えてくれます。

「試練」は良い結果を与えてくれます。

 

 

「苦労」は、逆の循環です。

 

「自分」に向かって、

「なんで自分ばかりさせられるのか」

「やりたくないのにしなくてはいけない」

「辞めたいのに、辞めさせてもらえない」

そんな「気」を、まず、外から引き入れます。

 

そして、同じ波動の「気」を、「自分」から外に向かって出しているのです。

そんな「気」を周囲に放っていたら、誰も応援したくないし、自分自身もマイナスの「気」を選んで、自分に取り込んでいるので、ますます悪循環になってしまいます。

 

 

「苦労」からは何も生まれません。

 

 

自分の「思い」を精一杯、外に向かって出す。

出し続けていると、外(人 環境 社会)の「思い」が、自分に優しく注ぎ込んでくれます。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。