読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

4つの「完成形」:タロットカード・小アルカナ「10」:ソード・ワンド・ペンタクル・カップ

ブログ

どんな時でも、いつも頑張っていたいし、頑張っていないと落ち着かない。

頑張っている人を見ると、頑張っていない自分が情けなくなってしまう。

 

ただ、何を頑張るのかによって、目指す「ゴール」は違うので

最終的にたどり着いた先のイメージをしておくと良いかもしれませんね。

 

 

タロットカード・小アルカナは、4つの「種類」の、それぞれの進化の過程を示してます。

「1」から始まり「10」で終わります。

つまり、「10」がゴールです。

 

 

これが4つの「ゴール」です。

 

上から見て向かって左側は「剣(ソード)」

その横は「棒(ワンド)」

下の向かって左側が「金貨(ペンタクル)」

その横は「「杯(カップ)」です。

 

 

「剣(ソード)」は「知性」のカード

「棒(ワンド)」は「情熱」のカード

「金貨(ペンタクル)」は「財産」のカード

「杯(カップ)」は「愛情(気持ち)」のカード

です。

 

 

「10」はそれぞれの「ゴール」の形です。

つまり、それぞれの「完成形」です。

 

 

「知性」の行き着いた景色は、ちょっと痛そう・・・・

これでもか、と、10本もの「剣」が、真っ直ぐに突き立っています。

 

「知性」の極みは、「オリジナル」の極みでもあり、それは、誰にも真似のできない、誰も思いもつかないものです。

だから、「周囲」を全く見ていません。

 

これは、「限りなく自分の考えを出し尽くした」場合の「図」です。

全く身動きが取れなくなって、そこで「止まって」しまいます。

 

でも、右手は「Vサイン」をしています。表情は見て取れませんが、もしかしたら「ドヤ顔」かもしれませんね。

 

 

もしも、「ゴール」のもっと先を目指すとするならば、一度「剣」を全て抜かなければいけません。「知性」を一旦「リセット」して、仕切り直しです。

つまり、「常識」が「非常識」となり、「ゴール」が「スタート」に変わります。

 

 

 

「情熱」の行き着いた先は、ちょっと重たそう・・・・

 

全ての「棒」からは、活き活きとした「芽」が出ています。

「情熱」が「形」になって成長しています。だから、全部持っていたい。どれも持っていたい。捨てられない。だから、「芽」が大きくなって、もっと重たくなっても・・・・

一人で抱えて進みますが、重圧がのし掛かり、「機敏」な行動はできなくなります。

 

これは「情熱」が熱くなりすぎた場合の「図」です。

 

でも、筋肉や基礎体力があったなら、軽々と持っていけるかもしれませんね。

 

 

もしも、「ゴール」のその先を目指すなら、運び方を変えてみると良いかもしれません。例えば、「車」に載せて運ぶとか、誰かに手伝ってもらうとか。

 

つまり、「方法」を変えてみると、もっと大きな「荷物」が運べるかもしれないですね。

 

 

先程の2枚は、「厳しめ」な「図」でしたね。

「財」の行き着く先は、なんだかとても幸せそうに見えます。

 

「老人」や「恋人たち」や「子供」や「犬」が、同じ「場所」で過ごしています。

みんなで「財」を共有して、「財」の恵を堪能しています。

 

でも、「財」は、その「場所」にいる全ての人たちのものなので、「自分勝手」は許されません。

もしも、「自分勝手」が、その「場所」にとって、「不適切」だとみなされた場合には、その「場所」の誰か、または、全員から、厳しく注意されることでしょう。

 

なぜならば、「皆んなで仲良く平等」であることが、この「場所」では求められるからです。だから、「迷惑」をかけないように、普段から気をつけなくてはいけません。

そして、その「場所」から、離れることも、一人で勝手には決められません。

 

 

もしも、「ゴール」のその先を目指すなら、「自立」しなくてはいけません。全ての「責任」は自分で負わなくてはいけません。

「皆んな」で背負っていた「ポジティブな財」も「ネガティブな財」も、全て捨てると

「自由」が手に入ります。

 

 

 

 

「感情・愛情」の行き着く先は、なんだか楽しそう。

 

「同じ方向」を向いて、堂々と振る舞う「二人」の横には、嬉しそうな子供たちがダンスを踊っています。

表情は見えませんんが、でも、きっと、満面の笑顔に違いありません。

 

「感情・愛情」は、「分かち合う」ものなので、決して「一人」では成立しません。

 

気持ちが一つの方向に向かい、一緒に進んで行くと、一人では決して成し遂げることができなかったことも、できるかもしれません。

だから、「パートナー」の存在は、掛け替えない存在で、感謝の気持ちと、大切に守りたい気持ちが芽生えてきます。

そして、それは、「相手」も同じ様に感じていることなのです。

「相手」も、きっと、同じだと、心から信じているのです。

 

 

もしも、「ゴール」のその先を目指すなら、「パートナー」と同じ方向を目指せなくなってしまいます。

それは、気持ちが離れてしまった、または、相手のことが信じられなくなってしまったときです。

 

 

「同じ方向」を向いている人を、探すには、まずは、「自分の方向」を決めなくてはいけません。相手に合わせられなくなってしまったから、もう、「同じ方向」を向き続けることはできません。

つまり「別離」です。

 

 

 

それぞれの「ゴール」を目指して。

進化の過程には、「飛び級」はありません。なので、自分のペースで進みたいですね。

 

 

ただし、「運気」は、巡り続けていくので、「ゴール」のその先は、ずっと続いていきます。

だから、「ゴール」も「通過点」の一つに過ぎないので、あまり肩肘張って「ゴール」にこだわってしまうより、少し「寄り道」をしてみると、もっとすごい、思ってもみなかった「ゴール」に到着できるかもしれないですね。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。