読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

<今週のアロマブレンド>フランキンセンスとベルガモット:「五行・木」は「魂」

ブログ

<今週のアロマブレンド>

・フランキンセンス  1

・ベルガモット   2

 

クリスマスが近づいてくるこの時期は、「フランキンセンス」の香りがぴったりの様な気がして、それで、12月に入ってから「フランキンセンス」を、いつも香らせています。

 

今回は、甘酸っぱい柑橘系の中で、少し重さを感じる「ベルガモット」を合わせてみました。

「ベルガモット」の精油は、ビターオレンジの、まだ緑色が残る未熟果の「果皮」を絞って採取します。

この精油には、「フルクマリン」と言って、日光の光(特に紫外線)に過剰に反応してしまい、肌トラブルの原因となってしまう化学物質が含まれています。そのために、肌に使用する時には、注意が必要です。

でも、技術の進歩により、その「フルクマリン」を除去した精油も販売されています。

 

香りを楽しむだけでなく、肌にも使用したい場合には、「フルクマリン」を除去したものを購入されてくださいね。

私も、「フルクマリン」が除去されたものを購入していて、浴槽に垂らしてみたり、基材となる「オイル」に溶かして、肌に塗るなどして、「ベルガモット」を使っています。

 

「ベルガモット」の香りは、「不安な気持ちを溶かしてくれる」様な、明るく元気なパワーが宿っていると思います。

なので、気持ちまでも暖かくしてくれると感じています。

 

支配星・・・太陽

五行・・・・木

 

ベルガモットは、スクスクと、太陽の光を浴びて、上に伸びて、枝葉を大きく広げていく様な、そんな力を授けてくれる「香り」ですね。

 

 

「木」の「五神」は「魂(こん)」です。

 

「五神」とは、「精神活動」の意味で、自分の内側から外側に向けて放たれる「気」をイメージするとわかりやすいかもしれません。

外に放たれるために必要な「モチベーション」で、その「モチベーション」があるから、枯れることなく放ち続けていける。そんな「気」です。

 

「魂」とは、心からの「叫び」の様な、「願い」の様な、夢に向かって進みたいと切望する気持ちの様な、または、それを守りたい、助けたい、導きたい、そのような「精神活動」です。

 

まさに、「太陽」に向かって、「枝葉」を広げていくエネルギーと言えますね。

 

 

内側からの「気」は、外側からの影響を受けることはありません。湧き上がるためには、「木」の「魂」があれば、例え今、「太陽」が隠れてしまっていても、寒く冷たい風が吹いていても、じっとタイミングを待って、最高のタイミングがやってきた時、なんの躊躇もなく、伸びていけます。

 

 

「ベルガモット」は、「陽」を、グングンと、上に引き上げてくれる香りですね。

 

 

12月15日 午前1時18分頃

2020年最後の「新月」になります。

「皆既日食」になるそうなので、「パワーが強い」と言われています。

 

どう「強い」のかはさておき、光が闇に飲み込まれていき、「陽」が「陰」に取り込まれていきます。

 

「新月」とは、地球を中心とした天体図「ホロスコープ」においては、「太陽」と「月」が重なり合う「立ち位置」となります。

 

「太陽」は成し遂げたい願いを焚き付け、そのための行動に移すために

「月」は奥底の感情を、探り当て、様々な気持ちを味わうために

人に「影響」を与えると解釈をします。

 

「新月」の日は、その「行動」と「感情」が重なり合うために、「決意」をするにはおすすめの日です。

 

 

今年最後の「新月」の日。

素敵な「願い事」をしたいですね!

 

 

 

せっかくの「願い事」だから、是非とも叶えたいですよね。

 

「願い事」を叶えるには、ちょっとした「コツ」があります。

それには、まず、「新月後」の「太陽」と「月」の動きをイメージしてみましょう。

 

 

「新月」で重なり合った「太陽」と「月」ですが、動きが速いのは「月」です。

「月」はどんどん、躊躇なく動きます。後は振り返りません。

 

闇の中に飲み込まれた「光」は、「月」の動きに合わせて、少しずつ外に漏れ出していきます。

闇の中を、「光」の一本の筋が伸びていきます。

それは、まるで、闇を切り裂くように、真っ直ぐに伸びていくのです。

 

それから「光」は、大きく広がって、やがて「満月」を迎える頃には、全てが「光」となっています。

 

「願い事」をした時、あたりは闇の中かもしれません。

でも、願いが叶う「喜び」の気持ちを大きくしていくと、闇は明るくなっていき

暗くて見えなかったことも見えてきます。

光は、様々なものを明るみに晒してくれて、やがて「道」が見えてくるはずです。

光は「火」の気で、「喜び」の感情を宿しています。

「喜び」は、暗闇を照らして、辿り着きたい場所を輝かせてくれて、そして、「あっちだよ」と導いてくれるのです。

 

 

まるで「種」から芽が出ていくように、「殻」を破りさえすれば、後は進んでいくだけですね。「行動」する行為は、「太陽」に向かって、枝葉が伸びていく行為と同じです。

 

最初の一歩は「一点集中」

それからグニグニと、強かに、粘り強く、枝葉を広げていきましょう。

 

 

 

「木」の気を味方につけていれば、必ず「花」が咲いて、「実」を結びますね。

「柑橘系」の香りは、あなたを応援してくれるはずです。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。