読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

どうせなら、何事も都合良く受取ろう:「運がいい人」ってこんな人

ブログ

「体は食べたもので、できている」

 

体調を整えたいと思って、10年前に薬膳理論を学びました。

 

 

あれから、様々なことを学び、その中で、全ての「気」を上手に取り込むことが可能であり、運気も、「気」を取り込むことで調整できると確信が持てたのも、薬膳理論を学んだからだと思います。

 

五気調整術の理論の「核」である「陰陽五行思想」に初めて出会ったもの、薬膳理論の講義でした。

 

 

 

薬膳を通じて出会った、RE therapy代表 上利麻美先生は、公私ともに仲良し。

 

頼りになるセラピスト先生でもあり、煮詰まった時に愚痴を吐き出させてくれる友人でもあり、何時まででも一緒に飲める飲み仲間でもあり、仕事でも大変お世話しなっている「頼もしい存在」です。

 

 

 

人気店の彼女のサロンの空き時間と、私のタイムスケジュールがやっと合って、久しぶりに、ゆっくりと彼女の施術を受けることができました。

 

 

 

施術が終わった瞬間、彼女が

「すごい!」

と叫んで、いきなり時計の写メを撮った!

 

終了時間が

3月30日  午後1時11分  湿度33•3%

だったらしい。

 

写真を撮った時は、湿度33•0%になっていたけど、

午後1時11分55秒で、ゾロ目が並んだ!

 

「やっぱり私たちって、持ってるよね。

これから、なんか凄いことになりそうね。」

 

ゾロ目が並んだのを、まるで自分たちの手柄のように、喜んで、盛り上がった私たちでした。

 

 

 

鑑定では、「良い」「悪い」では、お伝えはしていません。

あくまでも、個人の「命式」と流れる「気」の説明をして、ご本人の目指す方向に進むための「流れを利用した」時期や方法を、具体的にお伝えをしています。

 

お客様の反応は2パターンあります。

 

 

「気をつけることはなんですか?」

「どんな事に注意したら良いですか?」

と、おっしゃるお客様と、

 

「なんか楽しくなってきた」

「もう出来る気しかしない」

と、おっしゃるお客様です。

 

 

物事には全て「陰陽」があります。

そして、人は、自分のアンテナで、全ての物事を受け止めます。

 

 

私がお伝えした内容に対して、慎重にしなくてはといけないと感じるか方は「陰」を意識されています。

そのような方は、「気をつける」「注意する」にアンテナを張って、「気をつけなくてはいけない事」「注意しなくてはいけない事」をまず最初に選択してしまいます。

慎重に進むことは大切ですが、「決断」し「進む」には、勢いがなくては突破することができません。

勢いよく突破しなくていけない時に、考えている暇はありません。

 

 

お伝えした内容に対して、「楽しい」「できそう」と感じるお客様は、「陽」を意識している方です。

「楽しめること」「できそうなこと」にアンテナを張っているため、「楽しめるための方法」と「できるためのきっかけ」を自然に選択していく事になります。

先のことは考えてもどうなるか分からないので、「出たとこ勝負」で走り続けます。

 

 

選択するものによって結果が決まります。

 

どんなに道が険しくても、時間がかかっても、諦めずに、最高の「結果」を掴むお客様は、「陽」のアンテナを張り巡らせておられるお客様です。

 

 

 

実は、スタートの瞬間から「結果」は決まっているのです。

 

 

 

「結果」を出すセラピスト RE therapy代表 上利麻美先生の施術は、こちらのホームページから予約できます。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。