読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「春」がもうすぐ近くまでやって来た!:「辛」の年の「景色」とおすすめの過ごし方

ブログ

いよいよ「立春」が迫ってきました。

 

年の暦は、「立春」から新しく切り替わります。

いろいろたくさんあったけど、もうすぐそれも「昨年の出来事」になります。

 

2021年の干支は、「辛(かのと)」です。

「辛」とは、「金・陰」の気です。

2020年は「庚」で「金・陽」なので、「金」は変わりませんが、「陽」から「陰」へとシフトチェンジします。

 

 

「辛」の年は、いったいどんな「景色」になるんでしょうか。

その前に、まずは「金」についてお伝えしますね。

 

「金」の五行について

 

「金」は活発な交換の場です。

交換の場というよりも、「内」と「外」とが、お互いに向かい合って、対峙しているイメージといった方がわかりやすいかもしれませんね。

「内」と「外」をはっきりと分け、「内」にとって必要なものを「外」から取り入れ、「内」にとって不要なものを「外」に放出します。

 

よって、「境界線」を象徴します。

 

 

『黄帝内経』では「肺は息が生まれるところ」と記されています。

「肺」は「気」を統括するといわれ、大気の「純粋な気」を取り込み、代謝産物の「汚れた気」を吐き出します。

 

「金」が良い状態である時は、秩序や対話、肯定感が安定しています。

過剰となると、「境界線」が強くなり、「外」から身を守ろうとして「過剰防衛」の状態になります。不足している場合はその逆になります。

 

 

「金」の五行表です。

五行

五徳

五季

五方

西

五時

五色

五気

五臓

五腑

大腸

五指

親指

五官

五主

五華

五味

五情

五感

嗅覚

五欲

五畜

五穀

 

なんとなく、「金」のイメージがわかると思います。

「陽」は外向きに気を出していきます。

「陰」は内向きに気を蓄えていきます。

 

なので、「辛」は、「美味しい秋を堪能する」とか、「芸術の秋に浸る」とか、「秋の物悲しさを味わう」といった感じになると思います。

 

 

 

「辛」について、もう少し詳しく言うと

 

柔らかく湿っている「金」です。

宝石の様に、磨くと光を増を増していきます。

研磨することで洗練さを増していき、希少価値を持つのです。

だから、美しく整えられることを喜ぶ。

 

「どんどんやってみましょ!!!」

ではなくて

「じっくりと取り組んで、貴方らしさに磨きをかけましょ!!!!」

 

こんな感じの「心構え」が「吉」につながっていくと思います。

 

 

 

では、「辛」をキラキラと輝かせるための、ちょっとした「ポイント」をお伝えしますね。

 

あまりにも、「古い考え」に囚われてしまうのは、せっかくの「辛」が、「土」の奥深くに閉じ込められてしまうことになります。土まみれになった「辛」は、くすんでしまって、輝きが失われてしまいます。

「土」は「辛」にとってはお母さんになりますが、自立するためには、お母さんがいつまでも心配して、くっついていては、「辛」は自由になれない。「古い考え」や「今までの慣習」や「ずいぶん昔の決まり事」などに、あまりにも囚われてしまうのは、「土」のお母さんが「子離れ」出来ない状態なのです。だから「辛」も、いつまでも「お子ちゃま」のままで成長しない。

 

だから、重たく感じる「しがらみ」を解き放してみるとか、「今までの常識」を疑ってみるなど、いったん「土」を洗い流してみましょう。

 

 

あまりにも「熱い思い」に晒されると、「辛」は熱に溶かされてしまいます。

あくまでも、冷静に、頭を冷やして、黙々と磨くのです。

黙々と磨くためには、周囲の「熱すぎる雑音」から、少し距離をおきましょう。

つまり、適度な「ソーシャルディスタンス」が大事なのです。

 

「土」の汚れを、勢いよく洗い流してくれる「水」も重要です。

「水」は全てのものにとって、「命の恵」として、平等に、満遍なく注がれると、辺り一面、新しい「芽」が芽生えていけますね。

「水」の感情は「恐れ」です。

恐れすぎると、勢いのあまり、せっかくの「辛」を流し去ってしまいます。だから、決して恐れすぎないこと。でも、あまりにも「楽観的」すぎると、「水」が注がれていないことになるので、せっかく芽吹こうとしている「芽」が、カラカラに干からびてしまいます。

 

勢いが止まらなくなりそうなほど、「水」が溢れかえってしまいそうになったら、「土」で堰き止めて、流れの調整をしていきましょう。

もう一度、「過去」を振り返ってみて、良いことは、「過去」からもらうのです。

 

 

 

「辛」は感受性豊かな「気」です。

「美しさ」にこだわり、「美しさ」を目指し、自分が心から「美しい」と感じる景色を、コツコツと作り上げていく。

 

 

2021年は、そんな感じで過ごしてみるといいと思います。

挫けそうになったら、「短気は損気」と唱えましょうね!

 

 

ものすごい余談というか、どうでもいい事なんですが・・・・・

「辛」というと、いつも「辛ラーメン」が頭に浮かぶのです。

ピリッと辛くて、独特の個性的な味で、「辛ラーメン」と言えば、「赤の袋」だと、皆んな誰でも、間違うことなく「辛ラーメン」がわかりますよね。

「辛」とは、「辛ラーメン」みたいに、誰にも真似できない「オリジナル」を極めるイメージが、私の中にはあるんです。

 

「唯一無二」であるために、自分を磨いていく。

それが「辛」のイメージだと思っています。

 

ほんとうに、どうでも良い話ではありますが

2021年は、「オリジナルラーメン」になれる年だと思いますよ。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。