読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「春」が来た!「辛」が来た!「丑」が来た!:「辛丑」の年は「出産」の年です。

ブログ

立春が来て、春が巡り始めました。

 

「冬」から「春」への巡りは、冷たさの中に暖かさが生まれ

固く閉ざされた扉が、少しずつ緩んで、開いていき

暗がりに、光が差し込んできて、それがどんどん広がっていく

 

これからどうなっていくのかは、まだ分からないけど

でも、これから先に希望を持って、進んでいくしかない。

 

 

「芽吹く」時期には、心がザワザワします。

これから「春」の勢いが増していくごとに、ワクワクとザワザワが

どちらも勢いに乗ろうと外向きに流れ始めます。

 

ワクワクだけでは、あまりにも頼りないから

ザワザワをピリッと効かせたワクワクで、「芽吹き」を感じていきたいと思っています。

 

 

「陰」から「陽」への転換が、「現象」として具体的に五感で感じる事ができる様になっていきますね。

希望に満ちた目の前にある「春」を、見つけていきたいですね。

 

 

境内は、風はちょっと冷たく感じるけど、すっきりとした空気が流れていました。

お焚き上げの煙の香りも、風と一緒に流れてきます。

 

 

 

花手水

 

柄杓を使って、手を清めることはできなくても、目にするだけでも、気持ちが清められていきますね。

 

 

 

春の花が、清らかな水いっぱいに咲いています。

 

 

 

清らかな恵の水が、「成長の気」に力を注ぎ込んでいきます。

 

 

明るい方へ、花は開いていきます。

 

 

「定位置」でお行儀よく、美しく整列していますね。

 

 

成長の「木」の気に、「水」の気が注ぎ込まれていく様から生まれる「気」は、これからの可能性は、どんどん広がっていくんだよと、静かに語りかけてくれているように思えてきました。

 

 

本殿の前に立つ凛々しい狛犬の様に

今年は胸を張って凛々しくありたいな。

 

 

それから、迷ったりもするだろうけど、目の前の「地」に足をつけて、真っ直ぐに前を向いて、一歩を踏み出し続けていこう。

 

    

 

「辛丑」が巡り始めました。

 

 

「辛」は「金・陰」の気です。

土の中から掘り起こされた「宝石の原石」を、綺麗に輝くように、磨いていく様です。

磨くとは、「余分な角」や「危険なトゲトゲ」を削り取っていく作業でもあります。

ぽっきりと切ってしまうのではなくて、ゴシゴシと磨くので、時間がかかります。でも、時間をかければかけるほどに、輝きが増していきます。

輝きは、「宝石」によって、明るさも色も見え方も違います。

その「宝石」の特徴が、最大限に活かされる様に、磨いていかなくてはいけません。

だから、「みんな一緒に」とは、いかないのです。

それは少し、孤独で、寂しく感じるかもしれません。

でも、特徴を最大限に活かすためには、目の前の「宝石」に向き合って、しっかりと俯瞰して観察をしなくてはいけないので、周囲の「宝石」に気を取られていては、角も取りきれずに、トゲも削り忘れて、残ってしまうかもしれないですね。

 

 

だから、目の前の「課題」について、しっかりと取り組んでいく事が、「吉」となると思います。

周囲の「雑音」からは、少し距離をおきましょう。

 

 

「丑」は、雪解けの「土」です。

凍りついた大地が、春の訪れとともに、少しづつ緩んでいき、やがて雪解け水が、冷たい大地に染み渡っていき、やがて、小さな川の流れとなって進んでいき、大地に中に眠っている小さな「種」を起こしていきます。

川の流れになるまでには、時間がかかります。

でも、じっと待っていると、水面下では徐々に「雪解け」が始まっています。

でも、時々、急に凍えるような冬の残りの気が、気まぐれにやってきて、せっかく緩んだ氷を、再び凍らせてしまうこともあります。

行きつ戻りつ、でも、確実に、少しずつ、大地が緩んで、そして、その緩んだ隙間から、小さな芽が、芽吹いていきます。

 

 

「辛丑」は、決して華やいだ「景色」ではありません。

どちらかというと、繊細で頼りなげに感じるかもしれません。でも、表面には、決して現れることのない「頑固」な力が宿っていて、決して後戻りはしないのです。

「丑」は「みんなの場所」です。

「みんなのため」でないことは、「土」ではないために、不要な「角」として、削り取られてしまいます。

削り取られて、新しく整地された「土」が、やがて、「いつもの日常」として、みんなの「常識」になっていきます。

 

「陰」とは、受け入れる「気」ですが、受け入れたものを、再び生み出すサイクルとして動いていきます。

「女性(性)」が「新たな命」を、自らの中から産み出す「出産」は、まさに「陰」のサイクルそのものです。

 

何が出るかのお楽しみ。とりあえず、「新しい命」に出会うためだけに、「出産」をします。

 

 

「命」をかけて、「命」を産み出す。

それは、「次」へと繋げていくために。

 

「辛丑」は、ちょっと痛いけど、でも、産み出される「可能性」は、「未来」に繋がっていくはずです。

 

 

「出産」の「邪魔」はせず、心からの「応援」をしたいですね。

みんなの「応援」が一つになると、どんなに大変な「出産」だったとしても、「新しい命」が無事に産まれてきてくれると思います。

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。