読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

サクラが咲いた:「運が良い人」ってこんな人

ブログ

今日から4月。

春は何かと新しいことが始める季節で、そわそわします。

 

今日は特に、新元号も発表され、新しい扉が大きく開く前の、不安と期待がいっぱいです。

 

これから始まる「令和」は、初めて日本の古典から選ばれたという経緯もあり、「今までにない」新しい風が吹く時代になる予感がしています。

 

 

 

一日参りで産土神社に行きました。

 

風は冷たかったけど、桜が咲き誇っていて、「時代の幕開け」に花を添えてくれているようです。

 

 

 

蕾も膨らんで、綺麗な花を開く準備を整えています。

 

  

 

いっぱいに開いた桜の花。

風に煽られ、花びらがひらひら舞っている姿も美しい。

 

私が一番好きな桜は、思いっきり咲ききって、ついに花びらがホロリと舞い落ちる瞬間の桜です。

最後まで、しぶとく「桜」であることにこだわって、花びらを開ききりたい。

 

そう言うと、「らしいね。」と笑われてしまいました。

 

 

もう新芽も、葉を開く準備をしていました。

 

 

年号が変わる頃、鮮やかな新緑の季節に移り変わっています。

 

 

「運気の波にのる」ことは、「毎日が旬」だと思います。

流れは止まる事はなく、動き続けています。

 

「旬」は一番良い状態。

今できることを精一杯やる事は、「良い状態」であり続けること。

 

一番「美味しい」自分でいられます。

 

 

「平成」は終わり「令和」になります。

 

どんな「時」が流れても、「自分の旬」にこだわりたいと思っています。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。