読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「価値」とは何かを考えてみた:手に入りにくくなるほど「価値」が上がる

ブログ

週末に、純子さんが屋根裏部屋の大掃除をしました。

その時に、大量のレコードを発見したのです!

 

 

私も純子さんも、レコードに関しての知識は全くないので

たくさんのレコード前にして、二人で

「これ、どうする・・・?」と顔を見合わせ考えていたことろ・・・

 

 

レコードに詳しい友人の顔が浮かんできました。

 

 

 

そこで、早速、友人に連絡をして、レコードの山の「鑑定」をしてもらうことになりました。

 

その中で、「お宝」がこちらの3枚です。

 

まずは1枚目。

「LAHAINA 」

 

 

そして2枚目はこちら

「微笑みの法則」

 

 

最後はこちら

「輝け!ナツコSUN」

 

どれも皆んな懐かしいですね。

昭和50年代の頃のレコードです。

 

 

 

 

この3枚は大事にしたら良いよと、教えてもらいました。

 

 

なぜこの3枚なのかと言うと。

3枚とも、「資生堂」のノベルティです。

この頃、お店で流す音楽用に、資生堂からプレゼントしてもらえていたそうです。

この音楽は、いづれもコマーシャルソングで、テレビでもたびたび流れていましたよね。

 

ジャケットには、昔懐かしの資生堂のロゴも入っています。

 

 

それから、まだ、「お宝」ポイントがあるんです。

それは、「一度も針を落としていないレコード」だから。

レコードからしたら、聴いてもらいたくて仕方がなかったかもしれませんが、聴いてもらえなかった方が「価値」が上がるそうで、なんだか皮肉だなと感じました。

 

 

他のレコードなどもチェックしてもらいました。

有名な歌手の、とても売れたものの方が価値があるとばかり思っていたんですが、発売枚数が多いのは、流通している枚数が多く、ということは、「価値」が下がってしまうそうです。

 

また、歌手として有名でなくても、その後、他の歌手の方に音楽を提供されていたり、その他で活躍されている方のレコードの方が、希少価値が上がるそうなんです。

 

 

物の「価値」とは、どこで判断されるのか様々で、難しいですね。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。