読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「運」の調整は、植物を育てていく作業に似ています:「天干」「地支」「蔵干」

ブログ

四柱推命で扱う「命式」は、たった八つの「文字」で全てを物語っています。

八つも「文字」は、二つがひと組となり、全部で4つに分けられています。

二つの「文字」は、上と下に配置され、上の部分を「天干」、下の部分を「地支」と言います。

 

「天干」は、表面的に捉えることができる気です。

「地支」は、内側の気の動きです。

 

「天干」は、10個の「干支」を当てはめていきます。

甲・乙・・・・「木」

丙・丁・・・・「火」

戊・己・・・・「土」

庚・辛・・・・「金」

壬・癸・・・・「水」

最初の文字は「陽の気」で二番目の文字は「陰の気です。そして、「」は五行です。

 

 

「地支」は、十二支が当てはまります。

「子」「丑」「寅」「卯」「辰」「巳」「午」「未」「申」「酉」「戌」「亥」の12個です。

 

このように、「表」と「裏」をセットにして、お互いの関係性を紐解きながら、「命式」を解釈していきます。

 

 

 

もっと、深く読み解く場合、「蔵干」も加えて、3階建て構造として観ていきます。

「蔵干」とは、「十二支」に含まれている「五行」のことです。

 

実は、「十二支」には、複数の「干支」が寄り集まって一つの「十二支」として存在すると考えられています。

つまり、「表」の気は、陰陽五行でシンプルに成り立っていますが、「裏」の気は、陰陽や五行が入り混じって存在しているのです。

 

なので、「十二支」の解釈においては、イメージ力というか、想像力というか、もっと言えば、占い手の妄想力にかかっているわけなのです。

 

 

「十二支」が持っている「干支」は次の通りです。

「子」・・・壬・癸

「丑」・・・癸・辛・己

「寅」・・・戊・丙・甲

「卯」・・・甲・乙

「辰」・・・乙・癸・戊

「巳」・・・戊・庚・丙

「午」・・・丙・己・丁

「未」・・・丁・乙・己

「申」・・・壬・庚

「酉」・・・庚・辛

「戌」・・・辛・丁・戊

「亥」・・・甲・壬

 

 

例えば、昨年2020年の干支の「子」の「蔵干」は「壬」「癸」なので、とてもシンプルな「水」です。

冷たい「水」が流れる景色になります。

なので、周囲からの影響を受けにくく、どんな場合でも(他の柱の気が何があったとしても)「水」として存在します。

 

一方で、今年の2021年の干支の「丑」の「蔵干」は「癸」「辛」「己」の3つの「五行」が寄せ集まっています。

 

「癸」は「水」の陰

「辛」は「金」の陰

「己」は「土」の陰

 

それぞれ異なる3つの五行は、周囲からの影響の受け方も複雑になります。

 

 

 

もしも、冷たい五行(水・金)が、周囲にたくさんある場合は、冷たさが増して、「癸」が強まります。

また、熱い五行(火)が、周囲にたくさんある場合は、「水」は蒸発していき「己」(土)が全面に押し出されてくるのです。

 

また、巡る気によっては、同じ気の場合は、手を繋いで、その五行が強められると考えます。

今年は「辛」が巡っているので、「丑」の中の「辛」と手を繋ぎ、「金」の五行が強くなっています。

強くなるとは、大きくなるのではなくて、芯がしっかりと強くなり、他からの影響を受けにくくなると考えます。

 

2009年の「丑」は、「己丑」だったので、「土」っぽい「丑」でしたが、今年は、「金」っぽい「丑」となります。

なので、同じ「丑」でも、ちょっとイメージが違うのです。

 

 

改めてまとめてみると

「天干」とは、十干支のことです。表面に現れる象意を示します。

「地支」とは、十二支のことです。水面下での象意を示します。

「蔵干」とは、十二支が宿している「五行(十干支)」です。

 

そして、この3つの「干」は、それぞれに独立しているのではなく、お互いに結びついて影響を与えています。その影響を与え合う様子を読み解くことで、より深く、命式の全体像を知ることができます。

 

一輪の花に例えると

「天干」は花

「地支」は枝葉

「蔵干」は根  

 

木で例えると

「天干」は枝や葉や実

「地支」は幹

「蔵干」は根

 

根がしっかりと広がっていると安定します。

枝葉が繁すぎると、花に栄養が届きません。

 

 

 

運気を紐解いたり、気の調整を行う場合、「外側」だけの調整では、どうしても補い切れない時には、水面下の「蔵干」が頼もしい助っ人となってくれます。

花を綺麗に咲かせるために、「蔵干」が根ざしてくれると、「地支」が「天干」に良い影響を与えてくれるからです。

 

 

占い師は、美味しい野菜を育てたり、美しい花を咲かせるために、日々のお天気を気にかけ、水やりや肥料の量を加減し、成長を楽しみに向き合うように、「命式」と向き合っているんです。

 

 

正解もないし、これからのお天気がどんな影響を与えるかは、想像するしかありませんが、でも、占いを受けて、「気持ちが軽くなりました」と、スッキリ笑顔になられるお客様を見るたび、「すごい花が咲いた!!!」と、思わずドヤ顔をしています。

 

占いは、一方的に受けるのではなくて、まるで植物を育てているように、占い師と「共同作業」をしていきましょう。

なので、腑に落ちないことろは、何度でも聞いてもらいたいし、どんな「花」を咲かせたいのか、あなたのそのままの気持ちを教えてくださいね。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。