読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

なぜ「占い」をすると気持ちがフッと軽くなるのか:悩んだらコロコロっとサイコロを振ってみよう

ブログ

やなぎだマルシェ4日目を無事終了しました。

明日10日(土)が最終日となります。

 

火曜日からの長丁場、ありがたい事に、ずっとお天気にも恵まれています。明日も、引き続き、お天気マークの予報が出ているので、春風を感じながら楽しんでいただけるよう、企画を準備しています。

 

もし、お時間が合えば、ぜひ、遊びに来てくださいね。

 

 

マルシェでは、「願い事占い」と題して、手相とアストロダイス(サイコロの様なものです)を使って、短時間で占いをさせていただいています。

 

お一人様、10分から15分程度ではありますが、気軽に楽しんでいただけるように、そして、ちょっとだけ背中をクイっと押しています。

 

占いを受けた後、気分がちょっと軽くなった、とか、頑張れそうな気持ちになった、とか、楽しくてテンションが上がった、と、言ってもらうのが、今回の私の「ゴール」です。

 

 

「占い」は、統計学ではなく、先人たちが、星の位置や季節の移り変わりを深く感じていき、その移り変わりの様を、「人の移り変わり」として、落とし込んでいった解釈を元に、「占術」が体系化されていきました。

 

そのために、古典の解釈は、今の時代に当てはめると、「ちょっと無理があるな・・・」と感じることもあります。

 

特に、東洋の「占い」は、「陰陽論」が基本となっていて、「男は陽・女は陰」を絶対であるとします。

「男性」として生まれた場合は、「心も体も男性」であるべきで、それは「女性」も同じなのです。

なので、「男は戦いに勝つために」「女は子孫繁栄のために」生きていくのが「吉」とされていて、そのため、「決めつけた」解釈が主流となっていたのです。

だから、今の時代には、そぐわないことが多々あると感じています。

 

 

ただし、なぜその解釈をするのかは、不変の「陰陽論」を元にしたものなので、古典の解釈を、今に合うよう、どう「進化」させていけば良いのか、どんな言葉で伝えていけばいのか、いつも考えながら「占い」に向き合っています。

 

 

 

中国古典の「淮南子」(えなんじ)は、漢の時代、淮南(わいなん)の国王であった劉安(りゅうあん)が残した書物です。

東洋思想とともに、宇宙についても記されています。

 

それによると、「宇宙」とは

「宇」は、四方八方取り巻く「空間」のことである。

「宙」とは、往古(過ぎ去っていき古くなったもの)と来今(今からやって来るもの)である。

「宇宙」とは、全ての「空間」と「時間」であると考えられています。

 

 

あまりにも、壮大すぎて、広すぎて、大きすぎて、深すぎて、ストンと落とし込めないくらい重すぎる考えですよね。

「猫も杓子も」みんなまとめて「宇宙」なのですから。

 

「宇宙」には、「人」も含まれているし、もちろん「自分」も含まれる事になります。

 

その「宇宙」の様子を、「時の流れ」として「暦」に落とし込み、生まれた瞬間の「宇宙」を知り、「私はこんな人(であろう)」と八つの漢字で表したのが「命式」です。

そして、「命式」と「時の流れ」の「相性」を紐解いていくことで、「今年の運気」や「今月の運気」が分かります。

つまり、「自分が宇宙の中で、どこに立っているのか」を知るわけです。

 

 

春っぽい場所に立っていれば、春らしく新しい出会いがあり、そして、別れがあり、可能性を広げていく。冬っぽい場所に立っていれば、冬らしく、内側に意識を向けて、冬眠をするように疲れを癒やし、準備をしたり、自分の居場所を心地よく整えていく。

例えば、冬に、どうしても外出したいと思っているならば、ちゃんと冬支度をして、安全を確保して、無理しないで外出をすれば大丈夫ですよね。

 

 

サイコロを振ると、不思議なくらい、「ピンポイント」で答えがわかる時があるんです。

それは、宇宙の「時」とサイコロを振った「時」のタイミングがパチっと合った「時」なのかもしれませんね。

 

 

だから、「短時間なのでお気軽」ではなくて、「その答え、待ってました!」と感じたり、「やっぱりそうでしょ!」と思わず笑ってしまったりして、「占いの面白さ」を知っていただけると思っています。

 

 

 

一番感じて頂きたいのは、「宇宙は個人の都合では動かない」こと。

「環境」は「個人の都合」では、変えることができないこと。

 

変えられない中にいても、「立ち位置」を変えることは可能です。

そして、自分が変えられなくても、宇宙が変えてくれることもあります。

特に、自分自身のバランスが崩れてしまったら、自分自身を、もっと大きな宇宙に委ねてみると、外側からバランスを整えてくれる力が働きます。

 

なぜかと言うと、「全て(宇宙)」はいつも「中庸」であろうとしていて、それは、あるべき姿を保とうとして、いつも調和をとっているからです。(陰陽論)

 

 

迷ったり悩んだら、コロコロっとサイコロを振って、大いなる力を感じてみてください。

気持ちがフッと軽くなるはずです。

 

 

占いを楽しんでくださいね。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。