読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「福岡」と「インド」と「山口」が一堂に介した!:オンライン「インド料理・スパイス講座レッスン」を楽しみました

ブログ

昨年から、急速に「進化」しているものといえば、「オンライン」の環境が整ってきたことだと思います。

 

その中でも、「ズーム」は、とても便利ですね。

私も講座や鑑定では、活用しています。

 

今までだと、地理的なことが原因で、諦めていたことが、「ズーム」では、居ながらにして、その場所に飛んでいけたり、別々の場所にいても、「一堂に介して」集まることが可能です。

 

 

以前から、とても興味がある「スパイス」について学び、しかも、美味しいインド料理も作れるという、すごく魅力的な講座を見つけ、すぐ申し込み、楽しみにしていました。

そして、いよいよ今日は、その楽しみにしていたオンラインレッスンを受けることができました。

 

 

講師は、食養生大学インドスパイススタジオ代表・管理栄養士の井上亜耶先生です。

 

 

申し込むと、事前にスパイスが送ってきます。

 

スパイスを揃えるのは、どうしても、余ってしまったり、手に入りにくいものがあるので、なかなか大変ですよね。

でも、この講座では、小分けされた「使い切り」の状態にして、送ってもらえるので、とても便利ですね。

 

今回のメニューは

・グリーン豆のダール

・新じゃがと春キャベツのサブジ

 

「ダール」とは、インドカレーの基本中の基本で、日本で言うなら「味噌汁」なんだそうです。

「サブジ」とは、野菜の炒め物です。動物性の食材は入りません。

 

 

 

先生が調理される様子を見ながら、一緒に、キッチンで作っていきます。

 

これは、グリーン豆を茹でていることろ。

ターメリックが入っているので、カレーの黄金色に見えますね。

香りも、すでに「カレー」です。

 

 

「ジャガイモはこのくらいの大きさですよ」と先生。

 

 

 

こちらは私のフライパンの中。

ちょっと水分が多すぎたみたいで・・・・

困ったら先生に画像を見てもらえるので、安心ですね。

 

 

もう少し、水分をとばすため、火を入れましょうとアドバイスをいただきました。

 

 

 

「ダール」のとろみは、グリーン豆を潰していくことでついていきます。

 

豆を煮込みながら、勝手に何回か水を足して・・・

途中でシャバシャバになりそうだったけど、諦めずに煮込んだら、良い感じになりました。

 

 

お皿に盛り付けて完成です。^ ^

少し余っていたキャベツと、色取りにミントを置いてみました。

 

復習用のスパイスもいただいいるので、忘れないうちに、もう一度作ってみます!

ありがとうございました。

 

 

今からちょうど一年前くらい。

オンラインの環境を整えようと、右往左往していました。

あの頃は、機材もなかなか手に入らなく(注文が殺到して欲しいものが品切れ続出でした・・・)、買ってみたけど、使い勝手が良くなかったり。そんなことをしているうちに、どんどん良い機材や、便利なものが販売されて、今では、問題なくオンラインを使えるようになりました。

 

 

人が新しいものを生み出す「頭脳」ってすごいなと思うのです。

そして、スピードも早い。

 

 

「福岡」の先生から、「インド」のスパイスを送っていただき、「山口」のキッチンで、「ダール」と「サブジ」を作り、美味しくいただきました。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。