読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

いつも皆んな「願い」は同じ:月と太陽は一心同体:陰陽論

ブログ

韓国ドラマは好きなんですが・・・・

観ると次の話が気になって、止まらなくなるために

様々なところに支障が出てきます。

 

だから、なるべく近寄らないようにしています。

が。。。

週末、誘惑されてしまいました。笑

 

 

今、観ているのは、「太陽を抱く月」

 

 

とても人気があるドラマなので、ご存知の方も多いと思います。

本当に切なくて、心がキュンとなって、時間を忘れて見入っています。

 

 

内容は、「いつものパターン」で、王室の「恋」

敵の陰謀に巻き込まれて、理不尽極まりない「不幸」を押し付けらて、それでも二人は「愛」を大切に守ろうとする。

そのことで、友人との間に亀裂が入ったり(同じ人を好きになる・・・これも良くあるストーリー)、それでも友情を大事にしたくて、葛藤に胸を焼かれる。

 

きっと、これは、他のドラマにも当てはまるストーリーではあるんですが、何故がハマってしまいますね。

 

たぶん、これは、「皆んなに当てはまる」ストーリーで、王様と恋に落ちる経験がなくても、「まるで王様!」みたいな人に恋焦がれてみたり、二人の仲に邪魔が入って切ない日々を過ごしたり、と、「擬似体験」は大なり小なりありますよね。

 

恋の悩みは、時代を超えて、国を超えて、「人類共通」の悩みだから。

だから、思いを寄せ合っている二人には、何があっても、添い遂げて幸せになってもらいたいと、力が入って目が離せなくなってしまいます。笑

 

 

韓国ドラマに惹かれる理由は、実はもう一つあります。

昔の時代のドラマには、必ずといっても良いくらい「占い」が出てくるのです。

 

例えば、王様のお相手を選ぶ時、「観相学」の権威が呼ばれて、「女王の器の顔」かどうかチェックをします。

また、「子供を産める星を持っているか」とか、「疫病神の気配は持っていないか」などなど。

それから、「子作り」においても、「暦」を使って「吉日」を導いて、「立派な後継が授かる日」を、周囲が本人たちの都合は無視して、勝手に決めてしまいます。

 

 

それほどまでに、「占い」を駆使して、様々なことを決めていると、さぞかし「いつでも思い通り」にいきそうなものですね。

しかし、それでは、「物語」が面白くならないのです。

 

 

たいてい、裏切り者が出てきたり、天候が崩れて大変なことになったり、また、事もあろうに、せっかくの「占い」を無視して、「王様」が勝手に暴走したり、と、「グダグダ」になっていきます。

 

 

運の流れはあっても、そこを進むのは「人」

「人」は感情があり、その感情に突き動かされてしまうが故に、「事件」が起こり、ドラマが生まれます。

 

挙句の果てには、「占い師」が、陰謀に加担する様な「呪術」を使って、人の心を惑わしてしまうことも。

 

もちろん、その結果、導いた「最悪の流れ」は、まるでブーメランの様に、そっくりそのまま「呪術」を行った方向に、戻ってきてしまうのです。

 

 

 

東洋的な発想で、占う場合、「吉凶」を大事に考えていきます。

そして、「気」は動かせると考えているので、「開運」の方法を使って、「思った通り」の道筋を引いていこうとします。

 

「永遠に続く」ことで、「繁栄し続ける」こと。

それを阻止するものは、全て「敵」で、「敵」を沈没させることで、永遠を掴もうとします。

 

 

「太陽は二ついらない」

 

これは、ドラマの中に出てくる印象的なセリフです。

 

安定した世界とは、「太陽」が一つであり

「太陽」は皆に光を与え

皆は「太陽」の光のお陰で存在できる。

 

もしも「太陽」が二つあったら、どちらの「太陽」の光を授かればいのか、皆が混乱します。そして、争いが生まれます。

だから、たった一つ「太陽」があれば、混乱の世にはなりません。

 

皆は、なんの疑問も抱かず、一つの「太陽」を崇めます。

 

 

「多様性」とか、「自分らしく」と言える今の時代とは、随分と違いますね。

 

ただ、これほどまでに、ドラマの中の混乱に、心が惑わされてしまうのは、「永遠に続く繁栄」を求める気持ちが、誰の胸の中にもあるからかもしれませんね。

 

どんな時でも「完璧」でありたいと願うことは、決して悪いことではないと思います。

 

その願いを叶えるために、どんなに辛い日々が続いていても、まだ見えない先に輝く光があると信じて、前を向けます。

 

ただし、常に移ろう気の巡りは、同じ状態であり続けることを拒むため、「完全」は、一瞬の姿でしかなく、そもそも「完全」の概念はありません。

 

逆に言えば、いつも「不完全」であるから、「完全」に向かって、気が巡り進むことができるとも言えますね。

 

ドラマの中で、様々な「占い」が出てきますが、「永遠の繁栄」を獲得できた「予言」は何一つありません。

「占い」もまた「不完全」で、きっとこれからも、「完全」を目指し、多くの解釈が導き出されていくのでしょうね。

 

 

明日27日は満月です。

お昼過ぎ頃に、「完全」な満月となります。

なので、今夜見える月は、あと少しで完全となる月です。

 

 

欠けている部分の見えない光を

心の目で見ることができます。

 

 

「月」の中の「太陽」を見つける目を

いつも持っていたいなと思っています。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。