読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

十干支別「5月」の運気:5月5日から「月干支」が「癸」になります:「恵の雨」が降り注ぎます

ブログ

5月5日から、月干支が「癸」に切り替わります。

「癸」は、「水」の「陰」

「木火土金水」の順に巡る五行のサイクルで、一番最後にやってくる干支です。

 

「癸」は「雨」

ぱらぱらと、とめどなく降る雨の景色です。

雨粒が小さくなれば、それは霧となり、気温が上がれば靄となります。

霧は場所によって濃くなりますが、境界線がないために、「ここから濃くなる」と決められません。

また、掴むこともできず、「実体」を捉えるのが困難です。

 

そのために、日干支が「癸」の人は、「捉えどころのないミステリアスな人」や、「流されやすい人」と解釈をされます。

命式の解釈についても、周囲の五行の影響を受けやすいために、「癸」がかき消されている場合もあります。なので、解釈が非常に難しいのです。

 

「癸」の人の口癖は、「そんなつもりではなかった・・・」

 

これは悪意ではなく、本当にそう心から思っていて、周囲から誤解を受けやすいこともあり、上手くいかないのも、それがネガティブに出た場合です。

 

十干支の中でも、一番力が弱いと考えられています。

それは、霧のように消えてしまうから。

水に流れてしまうから。流されていくから。

ただし、弱いからこそ、強いのです。

形がなく、捉え所がないから、周囲に染まれます。

「なんとなく流れにのっていて、なんとなく上手くいく」

それが「癸」の特徴です。

 

 

「癸」は「恵の雨」です。

雨が降った後は、大地から新しい芽が芽吹きます。

6月には「甲」がやって来て、きっと新しい芽が元気に顔を出すことでしょう。

 

 

そんな「恵の雨」の授かり方を、十干支別に書いてみますね。

 

<甲>

甲は木の陽です。

大きな木に、雨が降り注ぎます。

木は、根から水を吸って、どんどん大きくなっていきます。

両手を広げて授かること。だから、自分からはガツガツ行かないこと。

周囲からのサポートを受けて、環境に委ねましょう。

 

<乙>

乙は木の陰です。

蔓草に、雨が降り注ぎます。

蔓草は、根から水を吸って、どんどん蔓を伸ばします。

あまりにも蔓が伸びると、絡まってしまいます。

ちょっと優柔不断になってしまうかもしれません。だから、あまり考えすぎないこと。

時の流れに委ねましょう。決まらないことは決めないこと。

 

 

 

<丙>

丙は火の陽です。

輝く太陽に雨が降ります。

せっかくの輝きが、曇ってしまいます。

でも、太陽は雨の影響を直接は受けません。だから、雲の切れ間から、いつも通りの光を放つことができます。

そして、雲の切れ間から差し込む光は、どれほど美しいことか。

だから諦めずに、活路を探しましょう。

 

<丁>

丁は火の陰です。

暗闇を照らす灯火に、雨がパラパラ落ちてきます。

もしも炎の勢いが弱かったら、雨にかき消されてしまう。

そうなっては大変だから、灯火は消されない様に頑張ります。

反抗する気持ちが強くなりすぎないよう気をつけて。

情熱の炎が消えないように、水の攻撃から耐えます。

そうすることで、火は、誰にも消すことができない強い火となっていきます。

 

 

 

<戊>

戊は土の陽です。

聳え立つ山に雨が降り注ぎます。

カラカラに乾いて固くなった山に、水が染み込むと、山肌は潤い、そして、木々や動物たちも喜びます。そして、山は豊かになるのです。

希望が「利他」の場合、希望が形になるチャンスがやってきます。

チャンスを掴む行動力を発揮しましょう。

 

<己>

己は土の陰です。

広大な大地に雨が降り注ぎます。

土の中に眠っていた種は、水をもらって、いよいよ発芽の時期を迎えることができました。これから、多くの芽が出ます。

全ての種から芽を出そうとすると、土の養分がいずれ足りなくなってしまうかもしれません。

頑張れる月ですが、ほどほどに。

 

 

<庚>

庚は金の陽です。

鋭い刃物に雨がかかります。

すっぱり切りたいけど、流石の雨は切れません。しかも雨に当たるのもほどほどにしないと、刃が錆び付いてしまいます。

思い通りに行かなくてイライラしがちです。焦ると「空」を切るような無駄な動きが多くなります。地に足がつかないと、思わず転んでしまうかもしれません。

忙しい時こそ、ゆっくりと歩きましょう。

 

<辛>

辛は金の陰です。

宝石に雨がかかります。

せっかくの宝石の輝きが、濡れてしまうと曇ってしまいます。

だから、なんとなくやる気も曇りがちに。

どうせ私なんて・・・・と、つい感じてしまうかも。

楽しいことで、気分をスッと明るく切り替えましょう。

 

 

 

<壬>

壬は水の陽です。

川が水源を確保して、ますます流れの勢いが増します。

川は、水源が枯れてしまうのをいつも恐れているのです。でも、雨が降るから安心して流れることができます。

いつになく強気になります。なので大きな決断や、新しいことに挑戦できます。

ただし、あまりにも強気で行くと、川の流れが速すぎて、大切なものを流してしまうかもしれません。

短気は損気です。

 

<癸>

癸は水の陰です。

雨降りの日に、霧がかかります。

雨には変化はありません。

穏やかな雨に、穏やかな霧が出る。しっとりとした景色です。

見通しは悪いので、ゆっくりマイペースに歩いていく。

晴れた日よりは、邪魔者は来ないから、自分のペースで進めます。

今後の計画を、実行に移すのは良い時期です。

小さな一歩を踏み出す。

 

 

 

「日干支」の場合は、プライベートや近しい人との関係に

「月干支」の場合は、仕事やプライベートではない人間関係に

それぞれ参考にしてみてくださいね。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。