読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

なぜ「オデコ」を出すと運気が上がると言われるのか:運が激変するおすすめの方法

ブログ

いつも担当してもらう美容師さんは、いつもどこかが違うのです。

美容の最前線を、いつも風を切って走っているような人なので、「旬」を全身で表現されています。

なので、会うたびに新鮮で楽しいんです。

 

スタイルについても、自分ではあまりよくわからず、また、こだわりもあまりなく、「似合っていること」が良いかなと思っているので、提案してもらうと、いつもたいていは、「じゃあ、それで」と即決しています。

 

 

今回は、彼の「オデコ」が光っていました!!!!

前髪センター分けで、広いオデコが全開。

あまりにも、ツヤツヤで綺麗なオデコに見惚れてしまい

提案される前に、私から「オデコ全開・前髪センター分け」をオーダー。

後の、細かいところは、いつもの「お任せ」で。

 

 

「オデコを出すと、運気が上がるよね」

と、アゲアゲトークに話が広がって、今回も綺麗にしてもらいました。

いつもありがとうございます。^ ^

 

 

 

なぜ、「オデコを出すと運気が上がる」と言われているのでしょう。

人相学でも、オデコはとても重要な「鑑定」ポイントとなります。

オデコの広さは、人望の広さを表すとか、ツヤのあるオデコは運が強い証である、など、数々のチェックポイントがあります。

 

また、眉間の間には「第3の目」があるとも言われていますよね。

「第3の目」は、二つの目では見えないものを見通す眼力が備わっているとも言われ、前髪でその部分を隠してしまうと、「第3の目」が隠れてしまうために、「良くない」とも考えられています。

 

 

 

確かに、それも一理あるだろうと思います。

正義の味方のウルトラマンも、「第3の目」からビームを出すし、漫画「三つ目がとおる」も、普段は強すぎる「第3の目」はバンドエイドを貼って隠していたし。

 

 

ただ、だからと言って、オデコを出したくない時もあるし、前髪を作った方が「可愛らしく」見えたり「小顔」にも見えるから、出すことでストレスを感じる場合は、やはりオデコは隠した方が、その人にとっては「居心地が良い」状態です。

 

「運が良い」とは、自分の持っている「運」の状態を、外側の「運」の状態とのバランスが取れていることなので、良いからとり言えるのではなく、良い状態であるために「「居心地の良さ」を追求した方が、運が上手く使えると思います。

 

「自分の運」は常に「自分以外の運」に晒されているので、その「設置面積」が大きい方が、晒される大きさも大きく強くなると考えられます。

 

と言うことは、オデコを出すと、出した分だけ「設置面積」が大きくなるために、晒され具合が大きく強くなります。

そこで、「自分以外の運」との駆け引きが、より強められるために、「自分の運」が鍛えられて強められていきます。

「自分の運」が強くなると、自ら放つ運が強くなるので、周囲を変えていく力も強くなっていく。

それが結局は、「運が良くなる」と言われる所以なのかもしれませんね。

 

 

 

特に、今は、「マスク生活」なので、顔半分下は外では隠し通せます。

だから、顔半分下は、守られているので、油断してつい緩んでしまいがちです。緩むと、地球の重力に引っ張られて、皮膚も下に下がってしまう。

 

そろそろ弛んでばかりはいられない・・・・・

 

と、薄々感じていたところに

美しすぎるオデコが放つ「キラキラオーラ」にやる気スイッチを入れてもらえたんだと思います。笑

 

 

最近、運気が下がっている気がする・・・・・

 

そんな時の「特効薬」はイメージチェンジをすることです。

洋服やファッションを変えるもの良いですが、ヘアスタイルは変化がとてもわかりやすく、失敗しても、そのうち髪の毛は伸びてくれるから「やり直し」がききます。

 

気分を変えたくなったり、季節が変わる時って、自然とヘアスタイルを変えたくなる人も多いと思います。それは、運のチェンジをしているのです。

そして、何よりも、ヘアスタイルのチェンジは、自分以上に周囲が変化に気付いて反応してくれますよね。

だから、周囲のあなたを見るイメージが変わります。

イメージが変わると、周囲があなたに放つ「気」も変わります。

そうすると、必然的に受ける「気」が変わって、その影響を受ける自分の「気」は、外側からの刺激の変化に対応して、大きく変化していけます。

 

 

「似合うね」と言われると

「似合っている自分」になれます。

 

「可愛いね」と言われると

「可愛い自分」になれます。

 

 

イメージチェンジをする場合、二つのアプローチがあります。

まず一つ目は、「変わりたい自分のイメージを自分で決める」

例えば、大好きで憧れている俳優さんの真似をしてみるとか、あんな風になれたら良いなと思っている人の雰囲気を真似してみる。

二つ目は「人の意見を全て取り入れる」

例えば、自分が思いも付かない様なヘアカラーを、美容師さんが似合うと言ってくれたから、思い切って挑戦してみる、ヘアスタイルをお任せで変えてみる。

 

どちらも、運の変化を起こします。

 

 

どちらを選ぶかは、どのように変化したいかで選んでみましょう。

 

 

 

「自分で決める場合」

これは、自分の「枠」の中での変化です。

なぜなら、自分が決めるのは、「自分の枠の中」で決めるので、「自分を越える」決意はできません。

だから、自分を越えることはできません。

憧れの人の真似の場合は、憧れの人を越える変化はできません。

 

より充実して、より快適に、より自分らしく頑張っていきたい。

憧れの人に近づきたい。

そんな人におすすめです。

 

 

「人に決めてもらう場合」

これは自分の「枠」を超えた大改革ができます。

なぜなら、自分以外の人が決めるから、想定を越えた変化ができます。

でも、全てを受け入れるには、勇気と覚悟が必要ですね。

なぜなら、「こんなの今まで挑戦したことなかった・・・似合うかどうかわからない・・・・皆んなきっと驚くかも・・・・」と守りの「声」と戦わなくてはいけないのです。

 

でも、激変します。

想定を越えるから。

 

 

それぞれの注意事項は

「自分で決める場合」

時は流れていることを忘れないこと。

10年前の自分と今の自分は違います。

だから、今の自分にとって、合っているか客観的に観察する力が試されます。

「人に決めてもらう場合」

誰に決めてもらうかが、とても重要です。

くれぐれも「目先の売り上げ」を見ている人に委ねないでください。

本当の「プロ」は、目の前の「あなた」だけでなく、変化した「あなた」も見ています。変化したあなたが、輝かないものは提案しません。それは、「プロ」意識が許さないからです。

 

 

「似合うかどうか・・・・」

ご心配なく。

「プロ」が進めてくれたものは、必ず似合います。

ただし、似合う努力を忘れないこと。

 

 

余談ですが、今回は、かなり短くカットしてもらいました。

巷でも、短くカットする人が増えているんだとか。

美容師さん曰く、ショートが流行る年の夏は暑いんだとか。

これから暑くなるのを「予感」して、短いヘアスタイルが流行るのかもと言われていました。

 

「気」の捉え方で重要なポイントとして、「出来事は表面に出る前から、水面下で起きている」

だから、「予兆」をいかにして、暦から引き出すかが大事です。

 

 

今のうちに、暑さに向けての準備をしておきたいですね!

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。