読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「土」の気を整っていると素敵な「夢」が見られそう:「戊」と「己」の解釈:「木星」と「海王星」と「魚座」

ブログ

生きとし生けるものは、最後は「土」に帰っていきます。

 

今の世の中は、「土」に帰っていけない「人工物」が多く誕生していて

「土」に戻れずに、最後を迎えることができなくなってしまったものもあります。人は、それらの「人工物」の最後を、なんとか「土」に戻してあげるために、知恵を絞り、時間とお金をかけて、技術を磨いています。

 

もしも、今後、人の力で生み出されるものが、全て「土」に帰っていけるとしたら、「自然のサイクル」はどれだけスムーズに流れていくのだろうかと考え込んでしまう時があります。

 

その考えは、「自然」に身を委ねているときに浮かんできます。

 

五行では、「土」は「中心軸」を定めてくれる力を持っています。

身体では、「消化器系」です。

口から食道を通り、胃から腸にいき、最後に肛門までの「道」は、「土」の気が活躍する場所です。

 

食物のエネルギーを取り込んで、自分のエネルギーとして取り込めるように、消化し、吸収し、そして、不要なものを排泄するのが、「消化器系」の役目です。

 

つまり、「土」の気は、必要なエネルギーを補うために頑張ってくれているのですね。

 

以前、体調を整えるために通っていた鍼灸院の先生が、「快食・快便・快眠ができていたら、体は自然に元気になれるよ」と話されていました。

この3つの内の、二つは「消化器系」が関与しています。(ちなみに快眠は「水」の管轄です)

 

「土」がしっかりしているのは、コマの中心の棒が真っ直ぐに立っている感じなのでしょうね。

だから、くるくると回れます。

 

 

運の流れの中で、自分をしっかり保ちつつ、サイクルに身を委ねていける。

なので、「土」はとても大事ですね。

 

 

 

それでは、その大事な「土」について、詳しく書いてみたいと思います。

 

 

「土」は万物を生じ、養います。そして、養ったものは最後には「土」に戻っていきます。

土台となり、ルーツとなり、「居場所」となります。

身体では「土」は「中心」に位置していて、食べ物の消化や吸収を司っています。

 

 

「土」が良い状態の時は、安定感があり安心感があり、ブレない軸をもった状態となります。

強すぎる場合は、動けずに固まってしまい、弱い場合は、軸がブレて、周囲の影響により動かされすぎてしまいます。

 

 

「土」は、「火」が母となって育て

「土」は、「金」の母として育てます。

 

「火」は、「情熱・愛情」

「金」は、「こだわり・感性」

 

つまり、「土」は、情熱を形に変えるためのエネルギーであり

愛情を受け取る感性を深めるエネルギーとなります。

「土」が上手く力を発揮できなければ、情熱は空中分解して、辺りを「焼け野原」にしてしまい、せっかくの愛を受け取る勇気が持てず、「自分は愛される存在ではない」と感じて、孤独に陥ってしまいます。

 

 

 

「土」の干支は「戊・己」です。

 

 

「戊」は「土」の「陽」です。

高くそびえ立つ山、または、大地の盛り上がりです。

なので、遠く離れた場所からも、その存在を見ることができます。と言うことは、「目立つ」「わかりやすい」とも言えますね。

山には動植物や植物にとって、生きていく場所です。

どんな状態でも、動かずそこに佇みます。どっしりとして動かない、そんな特徴があります。

 

気の調整法としては、樹木の「甲」、恵の雨である「癸」、太陽の「丙」がある状態が最も良いと言われています。

木々が元気よく茂っている「山」に、水源となる豊かな「水」がある景色です。

「水」には「壬」と「癸」がありますが、「癸」だけではなくて、清流の「壬」でも、吉とされています。(ただしあまり力量が強くない方が良い)

 

個人の「命式」の地支に、「巳」「午」「未」があると根を張るために「戊」が安定します。この3つの十二支には、「土」気が含まれているために、「戊」の「土」と、十二支が持っている「土」とが、強く結びつくと考えるからです。

 

もしも、あまりにも「土」が強すぎる場合は、カチカチの山肌となります。そのような場合は、「甲・木」の根で、固くなった「土」をほぐします。ただし、その場合は、恵の雨となる「癸」が、一緒にあるのが望ましいと考えます。

 

「火」が強いと火山となってしまいます。なので、噴火しない様に冷やしてあげなくてはいけません。

ただし、燃え盛る「火」に不用意に「水」を使っては、水が煮えたぎり危険です。(水火激沖)

なので、それを防ぐために、「金」を一緒に使い、「クッション」の役目をしてもらいます。

 

「木」が多すぎると、根っこが「土」をほぐしすぎて、もろくなってしまいます。なので、「丁・火」で「木」を燃やして「土」に移行させ、「土」を強くします。

 

「金」が強すぎると、岩がたくさんあるゴツゴツとした山肌になって、木々が育たなくなります。だから、強すぎる「金」を疲れさせなくてはいけません。その場合、「身旺」であれば「水」を用いて「金」を「水」に移行させて弱めます。「身弱」の場合は、「火」で「金」を溶かして「水」に変化させます。ただし、「木」は補う必要はありません。あくまでも「土」が崩れない様に「土」を補って強めていきます。

 

 

 

日柱干支が「戊」の人の特徴としては

人情深い 頑固 頼り甲斐がある 説得力がある 頼まれるとノーと言えない お人好し

面倒見が良い 優柔不断 動じない よく考えてから行動を起こす 突然の変更は苦手

執着心が強い リーダーシップを発揮する 大器晩成型 

 

月柱干支が「戊」の人も、外側の顔は、これらの特徴が出やすいです。

 

 

また、春生まれの人は、頑固で粘り強い人です。

夏生まれの人は、せっかちな気質が押し出されます。

秋生まれの人は、感受性が強くなります。

冬生まれの人は、自分のペースで考えてから行動する傾向が強くなります。

 

 

 

「己」は、「土」の「陰」です。

広大な大地または、畑の景色です。 起隆はなく平に広がっています。

種は大地に根ざし、そこで生育して、花を咲かせ実を結び、種を宿して、再び大地にその種を根ざします。その場所となるのが「己」の景色です。

 

気の調整法としては、作物が豊かに生育する大地になるために、太陽の光と恵の水が欠かせません。

なので、「丙・火」「癸・水」があると良いとされています。

そして、その上で「甲・木」「乙・木」があると豊かな大地の景色となります。

 

特に、暖かな大地は、成長が促進されます。よって、「火」が豊かにある方が望ましいです。

 

 

もしも、「甲」「乙」が強すぎると、木々や草が必要以上の生い茂っている状態と考えます。だから、土の養分を必要以上に吸い取ってしまいます。なので、土気が弱められます。この場合は「丁・火」を使って木々を焼いて、燃えかすを土に戻していきます。

 

「金」は、土の中に埋もれて荒れた大地となるために使いません。

 

「壬」は勢いよく大地を流れるために、川が氾濫する状態(己土濁壬)となります。よって、己は勢いのある「壬」を嫌います。

「金」が多くある荒れた大地の場合は、「火」を用いて「金」を溶かして「水」に変えていきます。

「水」が多い場合は、「戊」で堤防を作って川が氾濫するのを防ぎます。

 

 

日柱干支が「己」の人の特徴としては

温厚な人 人を育てる力がある 教え導く人 庶民的 人に対して分け隔てなく接する

理屈よりも感情を優先する 人の世話を焼く 焼きすぎてお節介になることも

尽くすタイプ 心配性 ヤキモチを焼く 親しみやすい 誰からも頼りにされる

取り越し苦労が多い 頑張りすぎる 

 

月柱干支が「己」の人も、外側の顔は、これらの特徴が出やすいです。

 

春生まれの人は、周囲の意見を取り入れて、向上心を持ち、行動をします。

夏生まれの人は、暑さに地面が熱せられて水分が蒸発する畑の景色となり「水」が充分にあることが求められます。

水源が安定している場合は、土の特徴の安定感や優しさが出ます。

水源が確保できず、火が強められる(火・木が多い)場合は、人の意見を取り入れない頑固な面が出てしまいます。

秋生まれの人は、頑固さが弱められて、優柔不断が出ます。 

冬生まれの人は、華やかさはありませんが、地道にコツコツと努力していきます。

 

 

「土」を強めたい場合は

ガーデニングを楽しむ

よく噛んで、味わいながら食事をとる

「黄色」を取り入れる

など。

 

地に足を付けて、お腹に力入れて、仁王立ちしながら、ドヤ顔するのも良いかもしれないですね!

 

 

本日5月14日、天空では「変化」が起こりました。

なんでもかんでも、増やしたくなる「木星」が、「魚座」の部屋に入りました。

占星術で扱っている「惑星」には、それぞれ「自分のお家」があると考えられています。

 

「木星」は「魚座」がお家です。

自分のお家に帰った「木星」は、嬉しくて伸び伸び本力発揮するのです。

「魚座」のお家には、先約がいます。

それは、なんでもかんでも夢見心地にしてくれる「陶酔」の「海王星」です。

 

今、「魚座」では、この二つの惑星が「里帰り」をして、伸び伸びしているのです。

 

 

良くも悪くも、「まあ良いか」「なんとかなるよ」と、そんな気持ちが強くなるかもしれませんね。

 

蟠りが、溶けて流れてしまうかもしれません。だから、許せなかったことが許せて、新たな関係を築くために前向きな気持ちになれるかもしれません。

もしも、あまりにも「楽観的」過ぎて地に足がつかなくて、ふわふわしたら、「土」の気を意識してみると良いですね。

 

 

ちなみに、「木星」はとても落ち着きなく動きます。

7月29日には、今までいた「水瓶座」に戻り

12月29日には、また「魚座」に入り

来年の5月11日には、再び「水瓶座」に逆戻りし

10月28日から、再度「魚座」に入って12月20日まで滞在します。

 

移動する前後には、夢から「目が覚める」気持ちになるかもしれませんね。

 

 

 

溶け出して収集がつかなくなってしまわない様に

お腹にしっかり力を入れて

素敵な「夢」に浸りましょうね。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。