読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

なぜ、自分の運は自分で決めることができるのか:「命式」の4つの柱が教えてくれる運

ブログ

四柱推命で扱う「命式」を作成するために必要な情報は

 

・生まれた年

・生まれた月

・生まれた日

・生まれた時間

・生まれた場所

この5つです。

 

上から3つまでは、「生年月日」です。

そして、生まれた時間と生まれた場所は、ワンセットで必要です。

 

なぜかと言うと、日本の会社が出版している「万年暦」は、日本標準時間を元に作られているからです。なので、2時間毎に変わる暦の、ちょうど狭間に生まれた場合は、標準時間を無視してそのまま考えてしまうと、時間の暦が異なってしまう場合があるからです。

 

なので、できれば「母子手帳」に記載された時刻を確認する方が、より正確に命式を求める事ができます。

 

もしも、生まれた時間が分からなければ、それは仕方がありません。

ただ、「朝方生まれたらしい」とか、「夜中に生まれた」など、できる限りの情報があれば、それらを元に、数パターンの「命式」を作成します。

 

 

それでも、本当にわからなければ、「時柱」のない「命式」を作成します。

「時柱」が欠けた「命式」でも、運気の流れは知ることができるので、大丈夫ですよ。

なので、ご安心くださいね。

 

 

最近は、ほぼ皆さんが、病院で生まれておられるので、母子手帳には、正確な生年月日が記載されていますよね。

しかも、出生届も、正確な誕生日を記載されて、いるので、実際の生まれた日と、届出の日は、ぴったりと合っています。

 

 

ただ、半世紀前頃には、実際に生まれた日と、届けの日が異なっている場合も結構あったそうです。

特に、年末ギリギリに生まれたけど、年明けに落ち着いたころ出して、つい、提出した日にちをうっかり書いてしまった・・・・とか、年度代わりギリギリだと、同学年の中で「一番下」は可哀想だから、次の学年に入れる様に4月2日に生まれた事にした・・・・。など、その他、様々な理由で、「二つのお誕生日」をお持ちの方もおられます。

 

 

 

その場合、どちらの「お誕生日」で「命式」を作るのかというと、もちろん、本当にこの世に生まれ落ちた日です。

 

毎日、「気」が流れていて、「気」の景色は毎日違っています。毎日違った特徴を持った「気」の景色は、その違いが「個性」です。

生まれた瞬間に、まっさらな「命」が、その時に流れていた景色に染まるのです。

そして、それが、自分の命の景色となって「個性」となります。

 

なので、本当のお誕生日を元に「命式」を作るのです。

 

 

 

ただ、本当のお誕生日が、わからない場合は、仕方がないので、届出の誕生日を元に「命式」を作ります。

 

 

そんなのじゃ、ちっとも当たらないんじゃないかと思ってしまいますよね。

でも、不思議なことに、届出の誕生日でも、けっこう「当たった」と感じるんです。

こんな事を言ってしまうと、「占いなんて、適当なんじゃないの」と思ってしまいますよね。

 

 

私も、「適当」だな・・・と思うので、あなたと同じです。笑

でも、いい加減の「適当」ではなくて、良い感じて「適当」と言った方が当てはまると思います。

 

 

「占い」の解釈は、その人の「景色」を紐解いていきます。

例えばそれは、とても細かい部分に注目する場合もあれば、とても大きく広い抽象的な部分に注目する場合もあるのです。

 

抽象的な部分を並べてみると

あなたは優しいところがあるけど、許せない事があると、途端に冷たくなって、「いやです」とはっきりと言える冷静な部分もありますね。。。こんな感じかな。

 

これは、皆んなに共通に当てはまりますよね。

だから、当たった気持ちになります。

でも、「それで・・・結局・・・何?」とモヤモヤします。

決め手にかける、というか、パンチがない。。。。

 

やはり、細かい部分も、切り取って観ていかないとだめなのです。

 

 

 

「命式」は4つの「柱」で出来ています。

生まれた年の「年柱」は、その年の「特徴」を

生まれた月の「月柱」は、その月の季節の「特徴」を

生まれた日の「日柱」は、その日の「特徴」を

生まれた時刻の「時柱」は、先の日の「特徴」を

それぞれ表しています。

 

「年柱」と「月柱」が表している「特徴」は、幅が広いので、自分以外の人も同じ「特徴」を持っている人がいます。(同級生とか、同じ月に生まれたなど)

 

「日柱」と「時柱」は、もちろん、全く同じ瞬間に生まれた人は、世界中のどこかには必ずいますが、ある程度「ピンポイント」の幅に絞られるために、個人の「特徴」を表します。

 

つまり、「命式」は、「年・月」と「日・時」の二つに分解できるのです。

 

 

これは、太陽と地球の動きからも当てはまります。

「年・月」は「公転」から生まれる巡りです。

「日・時」は「自転」から生まれる巡りです。

 

なので、正確なお誕生日ではなくても、「公転」狙いでいくと当たります。

 

 

ちなみに

「年柱」は「親からの影響」

「月柱」は「社会の中での運」

「日柱」は「個人的な運」

「時柱」は「最後に掴みたい運」

を表していると考えます。

 

つまり、

「年・月」は環境運

「日・時」は個人運

 

こちらも、「公グループ」と「自グループ」に分類できますね。

 

 

人は社会の中で、他の人との比較によって、自分の立ち位置を知っていきます。

小さな子供ですら、環境の中に溶け込もうと頑張っている子供たちもいます。

 

それではだめだと、自分らしく生きるべきだと、言えない環境もあり、環境に染まる方が楽にいられる場合もあります。

 

占いでも、「日柱」で観るより「月柱」の巡りを重ねた方がしっくり行く事があります。

特に仕事運は、私の場合は「月柱」で観ます。

そして、その方が当たっていると言われます。

 

環境の中で、滑ったり転んだりしていると、どうしても譲れない思いや、手放せない感情の存在に気がつきます。

それを具体的に言葉や形にしたものが、「日柱」の景色ではないかと感じています。

そして、それを体感できた時、感じる感情が「時柱」の景色だと思うのです。

 

それは、経験を通じてわかるものです。

 

占いで優しい人だと言われたら

誰にどんな時にどんな感じで優しくできるのか

嫌なことをはっきり言える人だと言われたら

何が嫌で、なぜ嫌だと感じるのか

それを切り取って、分析していくと

たとえ、実際のお誕生日と、届けた日が違っていても、生まれた時間が分からなくても、「自運」は導き出せると思います。

 

いつも自分の気持ちを大切に、素直に自分と向き合っていられたら

最後の最後には、きっと「時柱」の景色に染まっていることでしょうね。

 

だから、自分の運は、自分で決める事ができると思っています。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。