読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「大きな宇宙」で起こることは、「小さな宇宙」でも起きている:スーパームーン&皆既月食を眺めて感じたこと

ブログ

昨日は朝からそわそわしながら、何度も空を見上げました。

 

と言うのも、昨晩は満月

しかも、スーパームーンの皆既月食なので

この目に夜空で繰り広げられる天体ショーをどうにか焼き付けたいなと思っていたからです。

 

でも、お天気は時間と共に怪しくなっていき、天気予報通りに夕方には雨がポツリポツリ…。

そして、これまた天気予報通りに、夜には大雨になってしまい、月どころか星一つ見えない空模様となってしまいました。

 

でも、時代は「情報が飛び交う」風の時代に突入しています。

北海道なよろ市立天文台のYouTubeで、リアルタイムの素敵な天体ショーを見ることができました。

 

怪しげな赤く光る月が、どんどん黒い影に包み込まれていき、じわじわと暗がりが広がる映像は、心がわさわさしました。

それから、暗がりから、少しずつ光が差して、月が出てくる様子に、心がわくわくしました。

闇から輝きが生まれる映像は、本当に美しく逞しく感じました。

 

 

今回の「射手座満月&皆既月食」についての占い的解釈は、たくさんの記事を読まれて食傷気味かと思いますので、あえて触れずに。

東洋思想的解釈をしてみますね。

 

東洋思想では、宇宙と人は同一であると考えます。

つまり、人もまた「小さな宇宙」である。

なので、宇宙で起こる様々なことは、人の中でも同じ様に起きているとされているのです。

 

例えば、月が満ちていけば、人も満ちていき

月が欠けていくと、人もまた、欠けていきます。

満月に向かう時期は、体重が増えやすく

新月に向かう時期は、ダイエットに適している。

 

 

暗闇に包み込まれてしまった満ちた月が

やがて時の流れの中で、暗闇から再び生み出された。

暗闇の中から人も再び生み出された。

新しい気持ちで生まれた。

これから月は欠けていくように

人も余分なものを削ぎ落とし、本質に向き合っていく。

 

「小さな宇宙」を感じながら、来月10日の新月まで過ごしてみると良いですね。

 

 

人を取り巻く「運の図」は、3つのパーツから成り立っています。

 

一つは「人」(個人)

そして、「人」を中心にして、「天の運」と「環境の運」があります。

 

「天の運」は人の力が及ばない、人が変えることができない運です。

天体の運行や、巡る暦がこれに当たります。

 

「環境の運」は、それとは反対に変えられる運です。または、選択できる運でもあります。

 

「天の運」と「環境の運」とを、「人」がバランスをとって揺らいでいます。

 

皆んな平等に皆既月食の日を過ごしても、過ごした場所で見えたり見えなかったりするし、興味のない人は空を見上げることもなく、この日のために見える場所に駆け付けた人もいます。

 

どんな過ごし方だったとしても、中心に位置する「人」が満足すれば、「今日は良い日だった」と思えます。

そして、そんな日々を送れると、「私は運が良い」と胸を張って言えますよね。

 

 

と言うことは

運が良い人は

決して運を良くしたいとは考えていなくて

運を追いかけてはいなくて

変えられないものは潔く授かり

与えられた中の最高を選ぶ

そんな人だと思います。

 

そのために必要なのは、「自分の本質」を極めていくこと。

「小さな宇宙」だけでなくて、「大きな宇宙」で起きている「出来事の本質」にも目を向けていく事が、今、求められているのかもしれませんね。

 

 

暗闇の中から生み出された月ように

気持ち新たに、本質と向き合っていけそうな気がしています。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。