読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

いよいよ「木」が芽吹きます:6月の月干支は「甲午」:「甲」と「午」

ブログ

6月5日から、月の暦が一つ進みます。

「癸巳」から「甲午」へと移ります。

 

「甲」は「木・陽」

「午」は「火・旺盛な夏」

 

「癸」の「水」から「甲」の「木」へと変わるために、風向きが変わります。

なので、気持ちが変わったり、周囲の動きが変わったり、ちょっとした変化を体感する月の変わり目になると思います。

 

 

「甲」は、大きな樹木が上に向かって伸びていく景色です。

樹木は、太陽の光を浴びながら、枝葉を広げていきます。

その広がりは、具体的に「目的」を定めて伸びていくのではなくて、「とりあえず広げていこう」と伸びていきます。

なので、伸び過ぎることもあれば、不要な場所へと向かうこともあります。

とにかく、伸びるのです。

とりあえず、前に向かって真っ直ぐに伸びるのです。

 

昨日よりも今日、一歩前に進んでみよう。

今日よりも明日、一歩前に出ていたらいいな。

 

これは「甲」の景色です。

 

 

「命式」に中の「甲」については、活き活きとした「生木」と、丸太になった「死木」の二つに分けて考えていきます。

 

「死木」として解釈をするのは

・申月生まれ 酉月生まれ

・地支が三合金局または西方合している場合

・日主に根がない場合

それ以外は「生木」とします。

 

 

「生木」としての調整方法は、太陽の光を浴びて、水の恵を受ける景色となるように整えていきます。

つまり

・「丙」「癸」があること

・地支に「寅」または「卯」があること

・養分を含んだ「己」があること

・茂りすぎの「木」の場合は、「庚」があること

・2月3月生まれの若木には「庚」は不要

 「庚」が強い場合は「丁」で溶かす

 

 

 

「死木」の場合の調整方法は、頑丈で太い材木が美しく加工されて、使い勝手の良い「木材」に整えていきます。

つまり

・「庚」で木を削る

・「壬」で木を乾燥させない

・「火」「土」は不要

 

 

今年の「十二支」は「丑」です。

 

「丑」の中には、「癸(水・陰)」「辛(金・陰)」「己(土・陰)」の3種類の「気」が詰まっています。

 

「癸」は、パラパラと降る雨。ちょっと弱々しいけど水源になります。

「辛」は、磨く輝く宝石。なので「木」の役には立たない。

「己」は、広い大地。「木」が根を張るにはもってこいです。

つまり、「丑」は、湿った大地の景色です。

 

なので「甲」は、頑張って根を張れる関係ですね。

 

 

「午」は「夏」

 

夏の始まりは「巳」で、勢いを増していき

その次に「午」が巡り、夏の真っ盛りとなります。夏の山の頂点なので、これから下がっていきます。少し翳りを感じますが、その翳りは目では見えない翳りです。

 

 

「午」の中には、「丙」「丁」「己」の3つの五行が詰まっています。

 

「丙」は太陽の様な、熱くて明るく広がる「火・陽」です。

「丁」は蝋燭の炎の様な、温かく周囲を照らす「火・陰」です。

「己」は広い大地の様な、「土・陰」です。

 

これらの3つの五行から考える「午」の景色とは、燃え盛る旺盛な「火」が母となって、「土」を生み出していく景色となります。

焚き火をして、どんどん灰が溜まっていく様子ですね。

 

様々なものが、固まっていきます。気持ちが落ち着いていく、頑張ったことに手応えを感じる、定まらなかったことの本当の姿が現れてくる、「そういうことだったんだ!」と気が付く、そんな様子が「午」です。

 

「十二支」については、見えない雰囲気の「気」なので、それ以外にも思いのままに「妄想」してみてくださいね。

 

 

それでは、「甲」と「午」が重なるとどんな景色になるのか考えてみますね。

 

「甲午」は、60個の干支(六十干支)の「31番」の干支です。

数字の末尾が「1」の場合は、全て「甲」になります。

 

「甲」の「木」に対して、「午」は夏の「火」なので、「木」が「火」を育てていく関係です。

「木」の様に動くことで「火」の気持ちが満足していきます。

動いていくこと、変わっていくことに対して、もっと頑張りたくなったり、気持ちが前向きになれたりするかもしれませんね。

 

もう少し細かく分解して考えると、「午」の中には「丙・丁・己」があるので、「火」と「土」が、「甲」を底から支える形になります。

ということは、大地に根を張れるから、「根拠のあるもの」「皆んなの役に立つこと」「公のこと」「エビデンスがあるもの」などを、推し進めていくには「吉」となります。

逆に、ふわふわしたものは、大きくなればなるほど不安定になってグラグラしてしまいます。

 

年の「十二支」も「丑」なので「土」の気です。

だからなおさら「根」が張れますね。

 

 

ただし、「午」にも「丑」にも、「木」の五行が含まれてはいません。だから、「甲」はちょっと弱々しくて、周囲の影響を受けやすくなってしまいます。

そのために、「根」は自分で意識をして張らなくては。

 

 

今月は、自分が「これだ!」と思うことに、チャレンジしてみましょう!

物事が動き始めます。

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。