読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「気」を知って調整をしてみよう:「気」の特徴と動きを知って、自分の「開運方法」を見つけてみましょう

ブログ

占いで、運が良い時期とか、そうではない時期とかを判断するための材料として、「気」を用います。

 

「気」は目には見えないもので、もちろん形もありません。

では、どの様にして判断しているのかと言うと、それは、「特徴」と「働き」を合わせていき、そこから派生するであろう「景色」を想像していきます。そして、伝える為には、様々なものに例えながら、わかりやすい「言葉」に置き換えていくのです。

 

 

 

そもそも、「気」とは何でしょうか。

 

 

東洋思想では、「気」は宇宙を構成する最も基本的な物質と考えます。

この考えは、「中医学」「薬膳」でも、とても大切にしているポイントです。もちろん「四柱推命」でも、それは同じです。

そして、そこからもっと広げてみると、全ての物事は、「気」の運動と変化によって生じると考えることができるのです。

 

 

「気」は物質だからこそ、栄養を含む事ができ、不足したり、滞ったり、また集まったり分散する事ができるのです。

人体で捉えるならば、「気」が不足したり停滞する事により、「気」のエネルギーが不足し、精神的に不安定になりやすく、また、集まり固まることで、身体的に不調が出やすくなる傾向となります。

運気で捉えるならば、「気」が不足したり停滞することにより、「気」のエネルギーが不足し、運気が不安定になりやすく、また、集まり固まることで、運気が流れが固定化していき、物事が思う様に進まなくなり、すなわち、「タイミング」が来なくなっていく傾向となります。

 

 

 

それでは、「気」について、その働きと特徴を書いてみますね。

 

 

「気」の働きは、次の5つあると言われています。

  • 推動作用(すいどう)・・・推し動かす作用
  • 温煦作用(おんく)・・・温め熱を生む作用
  • 防御作用(ぼうぎょ)・・・外邪の侵入を防ぐ作用
  • 固摂作用(こせつ)・・・固める作用 漏れ出るのを調整する作用
  • 気化作用(きか)・・・物質の変化を促す作用 代謝作用

 

 

推動作用のお陰で、「気」がグングンと動きます。なので、運もグングンと動きます。止まりません。

なので、「同じ事」「同じ場所」「同じ環境」のままを望むのは、この作用に反していることになります。

 

温煦作用のお陰で、温かい気持ちになれます。そして、他の人と「気」を交流させることで、「温かい」関係になれます。なので、心が冷たくなって落ち込んでいる人を、気遣うことで、温めてあげることができます。

 

防御作用のお陰で、嫌だと思う事を受け入れない強さを発揮できます。また、そもそも嫌な事を嫌だと気が付くことができます。この作用は、「敵」を察知する感覚を授けてくれるからです。これは、大事な「自分」を守るために、とても大事な作用です。

 

固摂作用のお陰で、自分の持っている「気」が漏れ出て失ってしまうのを防げます。やる気が落ちても、気持ちを切り替えて「もう一度頑張ってみよう」と、崩れ落ちそうになっている「気」を、かき集めていけます。また、人の為にやり過ぎて、自分の力が失われていくのを、ほどほどの所で踏みとどまることができます。

 

気化作用のお陰で、「新しい自分」に生まれ変わることができます。また、たくさんの「経験」「時間」「人」が集まって、想定外の「化学反応」が起こります。その「化学反応」の良し悪しは別として、でも、「想定外」があるから、今は叶えることができない「夢」に対しても、「もしかしたら、叶うかもしれない」と可能性を信じる気持ちになれます。

 

 

運気が良い人とは、この作用を十分に発揮させて、周囲の状況に応じて、合わせながら、自らでコントロールできている人ですね。

 

 

では、「気」をどのように動かしていけば良いのでしょうか。

 

「気」の動きは、「昇」「降」「出」「入」の4つのパターンで動きます。

 

「昇」とは上がること。上げていくこと。今よりも高く動かしていくことです。

気持ちを上げたり、テンションを上げたり。向上心を持ったり、高い目標に向かって行動してみたり。これらは「昇」の動きです。

 

「降」は下がること。下げていくこと。今よりも下に低く足元に向けて動かしていくことです。

迷ったらもう一度リセットして考え直してみる、テンションが上がりすぎない様に気持ちを鎮める。しっかりと足固をする。まずは一歩からしっかりと踏み出してみる。これらは「降」の動きです。

 

「出」は出すこと、吐き出すこと、排出すること、デトックスすることです。

パンパンに張り詰めた気持ちを吐き出してみる。泣きたい時に声を上げて涙をたくさん流して泣いてみる。断捨離をしてみる。心と体を「身軽」にする。これらは「出」の動きです。

 

「入」は入れること、吸収すること、受け入れること、食べること、補給することです。

知らない事を学んでみる。耳の痛い意見も聞いてみる。季節を感じ季節の「旬」を取り入れてみる。食事に気を配ってみる。これらは「入」の動きです。

 

この4つの動きを、上手く使っている人は運の流れに乗れる人です。そして、バランスよくできている時が、運の流れに乗って進めている時です。

 

 

 

自分の「気」を周囲の「気」に合わせながら、作用を動きを活用できている時は、「気」について、自らの意識には登らない場合が多いです。

それは、スムーズであるために、意識をする必要がないからです。

 

例えば、「お腹が痛い・・・」と感じていると、胃腸が弱っていたりなどで「不調」だから意識に上ります。お腹が全く問題なく、元気に動いてくれていると、生活の中でお腹のことは気にはなりません。

こんな時に、「腸内環境は大事!!!」と、サプリメントを勧められたとしても、「サプリも良いけど・・・美味しい物が食べたいな」と興味関心が、腸内環境に傾きにくくなります。

 

だから、「普段通り」で大丈夫です。

「普段通り」で、じゅうぶんに「運が良い」ですね。

 

 

「気」のがギクシャクしていると、様々な現象を感じます。

 

・気が不足している時

いわゆるエネルギー不足のときです。やる気が落ちる。物事が進まなくなる。

動きや反応が鈍くなる。積極性がなくなる。

 

  • 気が滞っている時

いわゆる煮詰まっている状態です。憂鬱感でいっぱいになる。食欲がなくなる。一つの物事がぐるぐる回る(発展しない)。変化がない。

 

  • 気が集まり過ぎたとき

いわゆる一方に偏りすぎた状態です。忙しすぎる。気持ちが先走って、動きが空回りする。実態がないのに物事が進む。変化の過程が早すぎる状態。

 

 

これらを感じる場合には、「修正」が必要です。

 気の特徴を理解して、不具合の状態をイメージして行っていくと、具体的な方法が思い付くと思いますよ。

 

 

 

調整方法は、とても大雑把に言うと、たった「二つ」です。

「補う」

「抑える」

 

つまり、足りなければ「補う」、多すぎると「抑える」のです。

 

東洋医学でも、治療の方法としてこの「二つ」の方法が基本です。専門的な言葉では「補法」と「瀉法」です。

気が少ない場合には、補うために「補法」を用い、気が多い場合には、抑えるために「瀉法」を用います。

 

 

気が少ない場合

状態

調整方法(補法)

押すと気持ちがいい

息を吐いた時に押す。息を吸った時に放す

表面が柔らかい

流れに沿う

凹んでいる

ゆっくり徐々に強くする

開いている

じっくりと

気が多い場合

状態

調整方法(瀉法)

押すと嫌な気持ちになる

息を吸った時に押す。息を吐いた時に放つ

表面が硬い・緊張

流れに逆らう

しこりがある

短時間で

隆起している

集中的に

 

 

 

 

鑑定における調整方法を、中医学の「補法」と「瀉法」を参考にして考えてみました。

これは普段、私が取り入れている方法です。

 

気が少ない場合

状態

調整方法(補法)

励まされると元気になる

弱音を吐く 気が済んだら前向きに

柔軟に対応しすぎる(自分で全部引き受けてしまう)

無理せずに周りに手伝ってもらう

気分が落ち込む やる気が出ない

最初はできる事から取り組んでみる

周囲の影響を受けやすい 

環境を整える 好きな物を部屋に置く

気が多い場合

状態

調整方法(瀉法)

人に意見されると嫌な気持ちになる

耳を塞ぐ 聞かない

逃げる(笑)→でも大事

実はこれが意外に出来ていない

視野が狭い 頑固になる

ストレッチ・運動をして体をほぐす

頑張りすぎる

短時間に区切る 

休憩も計画に入れる やる事を減らす

こだわりが強い

課題はピンポイントで 

 

 

「こじつけ」「自分勝手」もありますが・・・・笑

ご自身にぴったり合う方法を見つけて、お試しくださいね。

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。