読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

なぜ「占い師」だったのか:流れるような対話は不要な「枝葉」を流し去ってくれる

ブログ

『セラピストがセラピストであるために』長年に渡り、セラピストを対象とした「セラピストの学校」を運営されておられる谷口晋一先生にインタビューを受ける機会をいただきました。

 

かれこれ50名を越えるセラピストさん達から、様々なお話を聞き、それをまとめておられるそうです。

 

谷口先生が、全国で開催されている「オープンキャンパス」は、セラピスト「今の旬」の情報だけでなく、同業者同士がつながる場の提供をしてくださっています。

福岡で開催される時には、私も度々参加させていただき、いつも有意義な時間を過ごすことができていました。

 

残念ながら、昨年からは「オンライン」での開催となってしまい、直接皆様にお会いすることが叶わなくなってしまいました。

それでも、オンライの交流を通じて、たくさんの「新しい」を、発見できています。

 

 

 

どの職種にも言えることかとは思いますが、昨年からの「出来事」は、一方的に、そして、強制的に、問答無用に全てを変えてしまいました。

これからどうなっていくのか、先が見通せない不安の中で、それでも、日々仕事を続けていかなければいけなくなってしまいました。

 

今まで当然の様にできていた事は、できなくなってしまいました。

でも、その反対に、考えもしなかった事ができるようになりました。

そして、考えもしなかった「方法」に、少し慣れてきて、「これから」が気になり始めていたので、谷口先生をお話しできる機会をいただき、大変ありがたいなと思いました。

 

 

インタビューは、ズームで。

事前に3つの「質問」をメッセージしてもらい、それについて話をしていく流れです。

 

 

3つの質問は

1)今現在について

  取り組んでいること、活動の形、スケジュールなどについて

 

2)具体的なことについて

  取り組むきっかけとなった事は何か

  取り組んでみての結果と、どう思っているのか

  それを、もっと変えていきたいのか、維持していきたいのか

  それを踏まえた上で、今後チャレンジしたい事は何か

 

3)自分自身について

  スタンスやポリシーは何か

  インフォメーション

 

 

メッセージをいただいて、「答え」をあらかじめ準備しておこうと考えれば考えるほど・・・・「自分の事がわからない!」

メモにつらつらと書き連ねながら、まとまりのないまま、迷いに迷って当日を迎えました。

 

でも、そこは、流石の谷口先生。

会話の中から、私の言葉を引き出していただき、スムーズに「思い」を吐き出すことができました。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

谷口先生と私のツーショット画像!

名古屋と山口で、うんと距離が離れているにも関わらず、まるで一つのデスクで向かい合っているかの様に、近くに感じました。

 

 

うっかりしていて、「女優ライト」を点けるのを忘れていました・・・・苦笑

 

 

なぜ「占い師」になったのか。

なぜ「占い師」だったのか。

これからも「占い師」でありたいのか。

 

とても深い、でも普段は考えてもみなかった話題に話が向かいました。

 

私がこの仕事をする様になったのは「たまたま」です。そして、こんなにも長く続けられるとは、当初は思ってもいませんでした。

 

目標を定めて進む場合、自分が意思決定をしながら、無理矢理にでも道を開拓していきます。

もちろん、それも大事だとは思います。

が、しかし、過酷です。

 

 

「占い師」を続けていると、様々な人の「選択の瞬間」に立ち会う機会がとても多いです。

 

その場合、きっと上手く行くはずと、ご本人よりも、私の方が確信する事があります。

それは、「タイミング」が合った時。

自分から勝ち取った、と言うよりも、たまたまその場にいて声がかかった、みたいに、「想定外」が急にやって来ます。

それを、たまたま思わず受け取った。

バスケットボールの試合中、パスがポンとやって来て、つい身体が動いてパスを受け取る。

 

突然、渡されたボールを掴めるかどうか。

それは、それまでの地道なトレーニング次第です。

想定外の方向から来たボールにも、身体がサッと受け取り体制に入れるかどうか。

そんな時には、頭では考えなくて、身体が動いています。

 

 

占い師になるためには、占いの勉強は必須です。学ぶのが、地道なトレーニングになります。

ある時突然、「占って」と言われます。

ドキドキしながらも占ったら、きっとその日が占い師デビューの日になるでしょう。

そして、また、「もう一度占って」と言われ続けたら、誰もが貴方を「占い師」さんと呼びます。

だから、再び声がかかるまで、トレーニングをします。

 

もしも、トレーニングが楽しいと感じているならば、きっと大丈夫。

タイミングが来るのを待ちましょう。

 

 

谷口晋一先生との会話を通して、改めて「占い師」について考える事ができました。

ありがとうございました。

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。