読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

セルフ「運」チェックのススメ:「手相」は自分の運気の巡りを見せてくれます

ブログ

四柱推命や占星術での占いをしようとすると、まず生年月日を聞かなくてはいけません。

詳しく観るためには、生まれた時刻や場所も聞かなくてはいけません。

しかも、それらの情報から、命式を立てたりホロスコープを作成します。

 

準備もいるし、暦や天文暦もいるし。。。

だから、気軽に直ぐにとはいきません。

 

その点手相はとても簡単です。

両手を広げて手のひらを見せてもらえば、直ぐにその場で占えます。

 

 

 

それではどうして、手のひらを観ると、その人の「運気」が分かるのでしょうか。

 

 

手は、宇宙からの波動やエネルギーを受け取る「場所」と言われています。

人が、周囲からの「気」を受け取り、自分の「気」を周囲に放つ時に、最もたくさんの「気」が通る場所が、手のひらであると考えられているのです。

 

 

 

 

手相鑑定では、手の平の膨らみの部分を「丘」と言います。

「丘」は、「気」を蓄える場所として観ます。

「指」は波動や「気」を受けるアンテナとして観ます。

手のひらに現れている「線」は、「気」が通る道です。

 

「丘」が発達している人は、貯蔵タンクが大きいので、たくさんの力を蓄えているエネルギッシュな人です。弾力があれば、丈夫なタンクとも言えます。

反対に、小さめなタンクの場合は、体力勝負は苦手です。体力ではなく感情や知性によって勝負をする傾向が強くなります。

 

 

しなやかなで、適度にカーブしている「線」が、手のひらに現れている人は、「気」が通る道がしなやかなので、状況に応じて行動を変えていける人です。

反対に、真っ直ぐに、強い「線」が、手のひらに現れている人は、「気」がスピーディーに力強く流れるために、フットワークが軽く、自分の思い通りに物事を進めていこうとする傾向が強くなります。

 

 

 

 

また、手相では必ず両手を観ます。

それは、それぞれの手のひらが見せてくれるものが、右と左では異なるからです。

陰陽思想では、「右」は「陽」を、「左」は「陰」であると考えます。

「陽」は、外向きに巡り、外の景色に影響を与えて、変えていこうとする力を持っています。

「陰」は、内向きに巡り、内の景色に影響を与えて、変えていこうとする力を持っています。

つまり 、それぞれの手のひらが観せてくれるのは

右手:目に見える「景色」・・・行動 結果 獲得したもの 後天的

左手:目に見えない「景色」・・思い 心 体調 先天的

 となるのです。

 (右・左の捉え方は、占い師いよって様々な捉え方があります)

 

 

 

手相を観る時、ぜひ白黒コピーをしてみてください。

そして、実際の手のひらと見比べてみると面白いですよ。

 

白黒コピーは、「光」と「影」を写し出してくれます。

なので、とてもシンプルです。

 

陰陽のバランスが取れている時に、運気は安定して巡っています。

バランスが取れている手相とは、「光」と「影」のどちらともが、しっかりと主張しています。

 

 

「丘」に弾力があり、起伏があること

「線」は深く刻まれていて、周囲との高低差があること

これらがバランスが取れている「理想的」な手相です。

なので、とても綺麗に写ります。

 

 

 

もしも、悩み事が多くて、迷いが生じているならば、「線」と言えないほどの力のない「線」が、多く刻まれています。

そんな場合は、「光」と「影」の境目が曖昧となり、「線」がぼやけて写ってしまいます。

 

もしも、体力が落ちてしまって、常に疲れが溜まっているならば、「丘」はフニャとして弾力がなくなってしまいます。

そんな場合は、手のひらを、コピーのガラス面に押し当てた時、フニャっとしてしまい、「高さ」と「低さ」が曖昧になってしまいます。なので、全体的に「灰色」の手のひらとして写ります。

 

 

「占い」は、その時々の「陰陽」のバランスを紐解いていく作業です。

 

 

何かを動かしたい、動かされている時、それは、「陽」に偏っている巡りにのっています。

そんな時の手相は、くっきりと力のある「線」が写り込んでいれば「吉」です。

 

じっくりと準備をしたい、思うように動けない時、「陰」に偏っている巡りにのっています。

そんな時の手相は、「丘」が弾力を持っていて、手のひらの中心との陰影がはっきりとします。

 

 

元々持っている「気質」を考えながら、どちら寄りで進もうかと調整していくのが「占い」だと思っています。

 

 

「手相」は変わります。

〇〇線がないから・・・私は運が悪い・・・・

なんて考えずに、まずは手のひらのコピーをとってみて、「印象」を感じてみてくださいね。

 

 

もしも、全体的に「灰色」に見えたなら、力加減のメリハリをつけてみましょう。やる時はやるけど、やらない時は休む。

もしも、全体的に「線」が弱々しく見えたなら、巡りが滞っているかもしれません。ストレッチをしたり、腸内環境を整えて便秘解消をしたり、「巡る」自分を目指しましょう。

 

 

きっと、スッキリとして綺麗な手相に変わっていくはずです。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。