読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「水」について思う事:五行の巡りを止めてはいけない

ブログ

昨日から今日にかけて降り頻る雨に、恐ろしさを感じました。

 

山口県の中でも、特に、私の住んでいる宇部市は大変な降水量だったらしいです。

テレビのニュースで、見慣れた場所が土砂降りの雨で水浸しになっている映像を、何度も見かけました。

 

皆様お住まいの地域は大丈夫でしょうか。

 

まだまだ雨は続くみたいですね。

どうぞお気をつけてお過ごしください。

 

 

前線は通り過ぎたのか、今は雨もやんでいます。

それから、窓の外からは、虫の音も聴こえてきて、空気も鎮まっています。

 

このまま、何事もなく、前線が過ぎ去ってくれる事を祈るばかりです。

 

 

木・火・土・金・水の、五行の中で、水だけが留まる事を嫌います。

留まる水は、コップに入ってそのまま放置された水のように、やがて腐ってしまいます。

 

常に流動的に流れていく水には、根を張ったり、広げていったり、安定させたり、輝かせたりはしません。

形がない水は、高いところから低いところに向かって、ただ流れるだけ。その流れを、自ら変えるのではなく、周囲の環境に応じて、変えられていきます。

決して、自ら流れを進化させようともしません。

 

ずいぶんと他力本願な感じがしますね。

 

でも、一度、勢いづくと、今日の雨のように、周囲を飲み込んでいきます。

そして、誰もコントロールできなくなってしまいます。

 

だから怖い。

 

 

五行の巡りは、物事の進化の過程です。

 

水の次は、木へと進みます。

木は、五行の中で唯一「命」を宿していると考えます。

 

つまり、水は「命」を生み出す源となる気というわけです。

 

もしも、ずっと頑張って積み上げてきたものが、ある時一瞬のうちに、水に流されてしまったとしても…

それはとても辛いけど

流れの向かっている先には「木」の芽が芽吹く場所につながっている。

もしかしたら、今まで見たこともない奇抜な芽かもしれないけど。

そこから、再び、「命」が育っていく。だからまた、始まる。

陽が昇る。

 

諦めなければ、そのうち何とかなるかもしれない。

 

だから、決して水の行手を絶ってしまわずに、「逃げ道」を持っていたい。

小さな「逃げ道」でも、水はすり抜けて、木へと向かってくれますから。

 

誰の退路も断つことは、決してしない。

五行の巡りを止めるのは、気の巡りを止める事になるので、良い結果にはつながらないと思うから。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。